« はたらくキリン | トップページ | 人間になりたい »

2012年1月14日 (土)

しなりおか。

『猫弁』出版の最新情報が出ています。

いよいよ具体的に決まってきました。
出版に向け、まだいろいろとやることも残っていて、がんばり中です。

出版に続き、ドラマ化も着々と進んでいます。


また、高知のドラマもいよいよ撮影が始まるようです。
こちらもまだ、わたしなりにいろいろとやることがあり、
がんばり中です。

現在進行形の創作もがんばり中です。


母から電話がありました。
「今日テレビで『三丁目の夕日』見るんだ」と言うのです。

驚いたことに、

母はこの映画を見たことがないというのです。
シンジラレナイ。
これはもう「日本のハリー・ポッター」といもいうべき、いや、
「日本のスター・ウォーズ」ともいうべき、
みんなで並んでいっせいに見る国民的映画だとわたしは思うのです。

「おかあさんたちの青春時代の話だよ。見てないなんて、もったいない」

そう言うと、母は「楽しみだ楽しみだ」というのです。
遠足前の子どもみたいに、はりきっています。

あ!

母は見てないから、今夜『三丁目の夕日』を見て、来週続編を見て、
その後、三作目を見られるんです。
3度も楽しめる。

それはうらやましいほど幸せなことに思えます。

わたしは一作目も続編もくり返し見てしまい、
最新作も試写会で観てしまいました。
母よりぷち不幸な気もします。

が。

結局今夜も『三丁目の夕日』を見て泣きました。
なんど見ても楽しめるので、安心です。
その後を知っているから泣けるというのもあるんです。

なんども見ているから、覚えてしまい、テレビ放送でカットされる部分も
ちゃんと気付きます。
やっぱノーカットがいいですね。
この映画はカットしていい部分はありません。


話は変わりますが、
母は最近わたしのことを「シナリオカ」と言います。

しなりおか?

どうやら脚本家とシナリオライターが混じって
シナリオ家になっちゃってるみたいです。

発音しにくいようで、「カ」に力をこめます。

「あんたはシナリオか!なんだから、どうのこうの」
と言うのです。

あまり何度も言われると、「シナリオカ」が刷り込まれ、馴染んでしまい
どこかでふと「シナリオカの大山です」と言いそうで、怖いです。

« はたらくキリン | トップページ | 人間になりたい »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

シナリオカ〜響きが良いですね〜
たか&としの,おおべいかぁ〜に,似ている響きですね〜
ところで?三丁目の夕日1話しか見た事無いですよ?非国民なのかな?
ハリ-ポッタ-も本は何冊もあるが目を通した事も映画も見た事無い?
やはり興味の問題じゃないのかな?

michiさま
わたしは映画が好きなので、よい映画はみなにすすめたくなるんです。
健全な精神と豊富なアイデア、そして破綻なく丁寧に作られる映画は
今はほんとうに少なく、貴重なんです。
この映画はほんと、すばらしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/53730103

この記事へのトラックバック一覧です: しなりおか。:

« はたらくキリン | トップページ | 人間になりたい »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ