« 猫弁追加情報 | トップページ | 紀伊国屋書店でサイン会 »

2012年3月 3日 (土)

無の境地

朝起きてごはんを食べてパソコンに向かって

ハッ!

気付きました。やることがない。
宿題を提出したので、さしあたって創作の課題がないんです。

わたしはここ何年も、必ずなにかを創作中の「途中のひと」でした。

今年は本が出版され、現実に店頭に並ぶ自分の本を目にしても、
達成感はなく、あるのは「まだまだ。もっともっと」という思いで、
常に今創作中の話が頭と胸にうずまいています。

今も次作の創作途中です。が、
最後まで書けました。次の打ち合わせまでの間、
こちらで直しの作業が発生しません。

そういうときはたいがい他の仕事があるのですが
今は見事になーんもありません。

わたしはパソコンを前に、ぽか〜んとしてしまいました。

Himajin


こういうとき、みんな何をするんだろう。
そうだ。趣味だ。
こういうときのために、趣味ってものがあるんですよね。

おーい、趣味ーーーーー!
叫んでも、答えは返って来ません。

趣味、無し?

わたしは「無」の女。
お酒は飲めない、グルメじゃない、ギャンブルしない。
なんてつまらない奴なんでしょう?

書くより楽しいことなんて、存在しないのです。

すると友人からメールが。
「講談社文庫を買ったら、猫弁のチラシが入ってたよ!」と。

わーい!
友人が買ったのは、児童文学の名作コロボックルシリーズです。
こんな名作に紛れ込ませていただき、光栄です。

さとうさとる氏の「だれも知らない小さな国」
昭和45年発行の第二版がうちにあります。

よし! ひさしぶりに読んでみよう。
やることができ、「無」から卒業。

さとうさとると友人に感謝!

Tiisana_kuni


« 猫弁追加情報 | トップページ | 紀伊国屋書店でサイン会 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

わーーーっ♪
ウチにもあります、第何版かはわからないけど…。
コロボックルシリーズ、大好きです♪
まだ新しく文庫が出るなんて。
私も買おうっと。

ウチのダ~も猫弁読了。
「…おもしろかった」と、とても悔しそうに呟いておりました。
何故に私が薦めた本がおもしろいと悔しくなるんでしょうね?(笑)

Kaeさま
ありますか。コロボックル!
名作は文庫でのこっていくし、装幀も楽しみですね。
ダーリンさま読んでくださいましたか。
くやしいほど楽しんでいただき(?)うれしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/54131177

この記事へのトラックバック一覧です: 無の境地:

« 猫弁追加情報 | トップページ | 紀伊国屋書店でサイン会 »