« アンスリウムと母 | トップページ | 無の境地 »

2012年3月 2日 (金)

猫弁追加情報

猫弁のドラマに関する新しい情報は、
講談社の猫弁サイトに載っています。

BSでの放送予定や、ラジオドラマの日程が載っています。

ぶんぶんブログのサイドバー「さしあたってのスケジュール」にも載せています。

わたしはラジオドラマのシナリオにはタッチしておらず
あくまでも原作者としての関わりなのですが、
それもまた新鮮で、楽しみです。

どなたが演じるのかな〜。いろいろ決まったらまた報告しますね。


それからそれから書籍の『猫弁』ですが、今月15日に文庫が発売されます。

小説は文庫仕様に主人公百瀬の身長を3分の2にし、
猫の数を3分の2にし、などなど…

いっさいしておりません!

つまり!

まんまで、安くなっている…(汗)

しかも解説付き。←これがまたすばらしいんです。

しかし!

もちろん、単行本もがんばっています。
かさ張るけど、そういう、なんというか、
「おれ、ここにいる!」的な存在証明はばっちりだと思います。
「受賞のことば」は単行本のみ掲載されています。たぶん。
「大山、ここにいる!」的です。うるさい?

文庫と単行本。お財布や、生活スタイルに合わせて、
お好きなほうを手にとってみてください。
ドラマを見たあとでも楽しめるようにと、考えて書きました。
ドラマ、ラジオ、書籍とそれぞれに、新しい発見をしてくださるとうれしいです。

« アンスリウムと母 | トップページ | 無の境地 »

ドラマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

単行本は本棚に。文庫は鞄に入れて持ち歩こうかなーと思っています。

表現の豊かさ、描写の巧さ、台詞や行動の面白さ、組み立ての絶妙さ…、
などなど感じ取りながら、気に入った文章を手帳に書き留めたりしてます。
「なんちゅう感性やねん!」と賞賛のツッコミを入れながら(笑)

実はですね、地元の駅の建物の中にある本屋さんで、最後の1冊を手に入れて
(思わず、記念写真を撮ってしまった)、
新幹線の自由席で読み始めるという偶然、いや奇跡に恵まれました。
こんなに恵まれた状態で読めるなんて、我ながら幸運だなーと。
自分が物語の中にいるような、みんなが現実の世界に現れたような?

1868さま
ええっ?
自由なお席であの冒頭を読み始めたんですかっ!
それはたぐいまれなる運の持ち主…
すごい…
きっと今年、1868さんになんかあります。
よくわかりませんが。良いことには違いないです。
お買い上げありがとうございます。
すごくうれしいです。

作家さんのブログにコメントを書き込むのは、はじめてです。(私みたいにとおりすがりのひとが書いても大丈夫なのでしょうか?)普段はほとんど、小説を読まないのですが、「猫」のついたタイトルに魅かれ「猫弁」を購入し、数回読み返しました。そのたびに新たな発見をして「きゃぁ~」とか言いながら転げ回って喜んでいます。たぶん、まだまだ私には、わからないような隠し玉も仕込んであるにちがいない・・・と思うのですが。フィクションの面白さをもう一度思い出させてくれたのと、同時に、「猫弁」のようなすてきな作品に出会ったとき、それを存分に味わえる、感性と、知識を蓄えた、よき読者になりたいと思いました。

おのださま
コメントありがとうございます!
楽しんでいただけて、すごくうれしいです。
わたし自身も書いていてすごく楽しかったんです。
実はわたしも小説をあまり読まないので、自己流です。
みなさまの感想がとても励みになり、勉強になります。
このブログはどなたでも好きに立ち寄れる場なので、
お気楽に遊びに来てください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/54121908

この記事へのトラックバック一覧です: 猫弁追加情報:

« アンスリウムと母 | トップページ | 無の境地 »