« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

ゴールデンウィークなんですね

あいかわらず創作の日々です。
けど、休み休み書いてます。

余裕ができたわけじゃないんです。
さすがにちょっと疲れたみたいで、日中なんどか休みます。

そういえば猫弁オンエアから一週間経ちました。
今夜は『鍵のかかった部屋』を見ようかな。
初回だけ見たけど、すごく良かったです。

最近創作に疲れると、録画した『猫弁』を20分だけ見返したりします。
するとあらたに気付くことがあります。

冒頭に出て来る百瀬少年(7歳)。
紺のコート、チェックのマフラー、リュック。
これって39歳の百瀬さんと同じスタイル。
マフラーの結び方まで一緒です。

ということに、昨日気付きました。
ふつうみんな一回で気付くのかなぁ。

デパートで靴を買うシーンの七重さんの表情が面白い。
セリフがなくて、遠くに映っている時も
表情が微妙に変化しています。
あ…思い出すだけで笑っちゃう。

百瀬さんもそう。
別の人たちが会話している時の表情やたたずまいも魅力です。
ていねいに作ってあるドラマだから、
繰り返し見ることで発見がいっぱい。

うちの夫もこのドラマ、何度見ても飽きないそうです。
あまり見ると仕事にならないので、ひかえめに見ています。
夫は首をしめられた時のキムラの表情が好きみたいで
「そろそろ首をしめられる?」と
このシーンになると見に来たりします。

わたしはお笑い番組を見ないので、今まで存じ上げなかったのですが
ノンスタイルの石田さん、演技に独特の雰囲気があって、味わい深く、
良々さんと絶妙なコンビですね。
こんどお笑い番組も見てみようと思います。

なんだか最近……
世の中の空気が違って感じられ、なんか変。なんだろなあ〜と思っていたら、
なんと現在、ゴールデンウィークなんですね。

夫もわたしもフリーランスなので、気付くの遅れます。
ゴールデンウィークだからと何かしたこともありません。

何年か前、「タオルを買い替えなくちゃ」と車で出かけたら
渋滞につかまってエラいことになり
「ゴールデンウィークなんだ」と車中で気付いたことがあります。

お正月もあまり関係ない暮らしをしています。

家族のいない百瀬さんのお正月も似たようなものかもしれませんね。

2012年4月28日 (土)

ごぼうとモールス

ひさしぶりにTSUTAYAをのぞきレンタルしました。
そのあと野菜を買いにスーパーに行くという
のんびりとした日常を取り戻しました。

ごぼうを買いました。
わたしはごぼうが入ったお味噌汁が好きです。
風味が好き。

レンタルしたDVDは『モールス』

Photo

これはスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッド版リメイクです。

『ぼくのエリ』は公開時、劇場で見ました。
エリちゃんは吸血鬼なのでかなり血なまぐさいのですが(途中目をつぶった)、
背骨はせつない話です。心打たれました。
打たれたんだけど、観た後、何度もうがいしました。
口の中に血の味を感じてしまう映画です。

ハリウッド版は『キック・アス』の女の子が主人公ですね。
『キック・アス』も好きな映画です。
ハリウッドだから血が少ないかしら。少ないといいな。

帰宅したら『シナリオ教室5月号』が届いていました。
わたしのインタビュー記事が載っています。
以前在籍していたシナリオセンターという学校の月刊誌です。

Sinario

小説を書き始めた経緯や『猫弁』のシナリオを書かせていただいた経緯が載っています。
わたしの記事は全部で4ページ。
シナリオを勉強する人向けの雑誌ですので、生徒さんの習作などが
載っています。

2012年4月27日 (金)

あたたかい、COLORS

昨日、原稿を届けた帰りに池袋のリブロ(大型書店)に寄りました。

生まれて初めて画集なるものを買いました。

カスヤナガトさんのファースト作品集。
『猫弁』の表紙を描いてくださったイラストレーターさんです。

Colors_2
(大きさがわかるように左にミンティア)

無名なわたしの小説が多くの人の手に取っていただけたのも
カスヤさんのイラストの力が大きかったと思います。

画集には『植物図鑑』や『神様のカルテ』などの代表作のほか、
新作描きおろしも入っています。ぎゅっとぎっしり。
『猫弁』のイラストもあります。勝手にこそばゆい。


実はわが家にはダヴィンチさん、ダリさん、ボッチチェリさんの画集が
うんとこさ、あるんです。わたしのじゃないけど。
持ち運ぶ時にうっかり落としたら足のゆびを骨折しそうなヤツです。

そういうのと違って、この画集は手に馴染みます。
すぐ手にとれる場所に置いておきたい。そんな画集です。


続きを読む "あたたかい、COLORS" »

2012年4月25日 (水)

そうお?

やっと小説のほうがなんとかなって、
明日の締め切りに間に合います。
送ると間に合わないので、届けに行きます。

取りに来てくださるのですが、届ける方が好きなので
そうさせていただいてます。

帰りにお買い物とか、ちょっといきぬきできるので。
家にいると結局書いてしまうので。

仕事、執筆。趣味、執筆。

今夜は少し体を休めて、明日からシナリオです。

小説とシナリオ、切り替えたいへんじゃない?
とよく聞かれますが、
切り替え自体は全然たいへんじゃないです。

片方をやればやるほど、もう一方のことが見えてくる感じ。

英語を勉強すると、日本語のしくみがわかる。
そんな感じです。

料理をすると、掃除がうまくなる。
これはウソです。

これからお夕飯を作って、食べて、
仕事も趣味もお休みして、録画しているドラマでも見ようと思います。

また『猫弁』見ちゃうかしら。
百瀬さんのお見合い連敗記録を抜くくらい見ちゃってるかも。
いいかげん飽きたい。

先日、夫がぼそっと言いました。
「でも…大福さんってチョットひどいよね」

そうお?

ラストまで見てから見直すと、
冒頭でゴルフマガジン持ってる百瀬さんが
かわいそうになるんですって。

うん、たしかにかわいそう。

遅くなりましたがコメント返しできました。
見落とし書き落としあったらごめんなさいデス。


2012年4月24日 (火)

ありがとうございました。

昨夜、『猫弁』ぶじ放送されました。
あたたかいコメント、ありがとうございます。
疲れも吹き飛び、感無量です。

わたしは昨夜放送されたものと同じ内容のDVDを事前にいただいて
もう20回以上見たのですが(中毒です)、
昨夜見たのが一番良かったです。

同じ内容なのですが、みなさんと同時に見ているという状況が
いかに精神に作用するのかを思い知りました。
2時間、楽しかったです。
テレビばんざい。

さて昨日放送後に告知されましたが、7月にDVDが発売されます。
こちらはカットされたシーンが入っているはずです。
もう先行予約が始まっていますね。

プレゼントについてはツイッターで。

誰が書いた?って不思議になるくらい、
わたしの力量をはるかに超えたすばらしい作品になりました。
俳優さん、監督さんほか、スタッフの方々のお力です。

「このDVDを繰り返し見ながら余生を過ごしても悔い無し」と
夫と話したりもしましたが、やはり続きが見たいです。
つまり自分で書くしかありません。
書いてます。

ってことで、

実は今、小説の続編の直しの追い込みで
まっつぁお!な状況です。

あたたかいコメントをうれしく拝読しつつも、
個々にコメント返しができず、すみません。

みなさんの感想や応援がわたしの栄養ドリンクです。がんばりまっす!


昨日、中学のバレー部仲間がお祝いに送ってくれたお花です。

Oiwai_hana


2012年4月23日 (月)

あと2時間!

オンエアまであと2時間。
どきどき。

今日はひるまラジオの収録があって、
はじめにちょっとご挨拶してから退出したのですが、
TBSの玄関を出てたところで、講談社の文庫担当のSさんと
「お昼でも食べましょうか」とレストランの案内板を見ていたら
声をかけられました。

「あなたの未来を語りませんか?」

視聴者参加コーナーで、自分の夢をメッセージとして語るという生番組らしいです。
もちろんTBS。

「わたしは仕事で来ているので…」とお断りし、
「本日放送の猫弁の…」と説明すると、

「猫弁? 撮影行きましたよ!」とスタッフの方がおっしゃり、
「ぜひぜひ、どうでしょう」とおっしゃいます。

普段ならご遠慮するところですが、わたしは知っています。
多くの人に見ていただくために、大勢のスタッフさんががんばってることを。
キャストの方も、宣伝してくださってる。
作家のわたしが恥ずかしがってちゃいかん!

で、出ました。3秒くらい。

「猫弁」というボードを持って

「猫弁。超近未来の夢です。今夜九時見てください」

実はそのあとの「本もよろしく」は言い忘れました。
リハーサルでは言えたのですが。
実はリハーサルを本番だと思ってて、力を出し切っちゃったんです。

淳子、がんばりました。
ほかのスタッフさんや俳優さんほどの力はありませんが
わたしなりに、書く以外の働きをやってみました。
ミミズのおしっこくらいの効果はあるかなぁ。

すぐに友人から「淳子出てた」とメールが来たので
結構見ている人いるんですね。

あと2時間。

あ、公式サイトにわたしのインタビュー記事もUPされました。

とにかくまずはドラマを見てください!
ひらにひらにお願いします。

2012年4月22日 (日)

にこにこ猫弁ほうら笑顔がまーるまる

『猫弁』放送、いよいよ明日です!

明日は九州四国以外はお天気が悪そうなので、
みなさん夜はお家に帰って『猫弁』をごらんになるといいですよ。
心の中が快晴になるとオモイマス。

家族で見るのも楽しいし、ひとり暮らしの人にもオススメ。
主人公、とことんひとり暮らしなので、親近感もてるかもです。

わたしは明日、昼間ラジオの収録を見学したのち、
夜は家族で『猫弁』を見る予定。
別に暮らしている娘も応援に駆けつけてくれます。
「見る」応援。

ドラマ放送後、何かお知らせがあるかもなので、
どうぞ最後までしっかりご覧くださいね。

このドラマのシナリオは月刊ドラマ6月号(5月18日発売)に全文掲載予定です。
詳しくはコチラ
シナリオを読むと、「撮ったけどカットされたシーン」も目に浮かび
きっと楽しめますよ。

Nekoniko

さてわたしはソワソワ気分と戦いつつ、
朝から晩までゲラと格闘してます。
がんばりまっす。

2012年4月21日 (土)

猫弁あれこれ

猫弁について今わかっている情報ですが、
今夜10時「情報7daysニュースキャスター」の芸能コーナーで
スポット的な宣伝映像があるそうです。
スポットっていうからにはちょっとかな?

明日の夜7時からの「アカルイ☆ミライ」に
杏さん出演され、猫弁PRもある模様。

23日(月)朝TBSラジオに渡辺美佐子さんが生出演されて
猫弁の裏話などしてくださいます。ラジオは関東圏ですね。
9:25〜
渡辺さん、綺麗でパワフルでかっこかわいい方で、同じ女性として
かなわない!って思います。

『猫弁』のラジオドラマのキャストが決定
田口さん、大好きな俳優さんです!
わたしはシナリオにタッチしておらず、原作者としてただひたすら
楽しみにしており、収録をちょこっと覗かせていただく予定。

最近「猫弁」の宣伝ばかりですみません。

以前からこのブログを楽しんでくださっている方には
「ちょっと違って来た感」があるかと思いますが
わたしはあいかわらずトロトロやっています。
50で作家デビューなんですから、のろいことかたつむりのごとし。
このテンポでこの先ものろのろ生きてゆきます。

このドラマは声を特大にしてオススメしたいので、
放送日まで、宣伝ばりばりさせていただきまっす。
応援よろしくお願いしまーす。

2012年4月20日 (金)

ねこべんせんべい。

昨日、『ひるおび』と『読売新聞』のことを書きましたが、
地域によっては猫弁情報がなかったようで、ごめんなさい。
メディアのしくみをわかっておらず、不確かな情報を書いてしまいました。

本日より有楽町線・半蔵門線・東急全線ほかでポスターが貼られるそうです。
詳しくは猫弁公式ツイッターで。

明日朝4:30〜TBS『開運音楽堂』で『猫弁』が紹介されます。
関東圏なのかしら。よくわからない…スミマセン!!

明日夜放送の「情報7daysニュースキャスター」
芸能コーナーでも「猫弁」のご紹介があります。
こちらは全国放送だと思います。

これ猫弁煎餅。

Coaster

ではなく、コースターです。宣伝用の限定品です。
書店さんやTBS1階喫茶店(誰でも入れます)、ほか
いろんなところに配られている模様。

少し分けていただいたのですが、
自分で持ってないで、道ばたで配るとかすべきだろうか?
悩みつつ、自室の壁に貼る。

さて。
小さい猫弁、6刷決定シマシタ。

つい「もう刷らないほうがいいのでは」と言ってしまいました。
「余ったらもったいないですよ」と言ってしまいました…。
主婦感覚がはりついて剥がせません。
販売は販売の専門家が決めるので、作家が心配することではないそうです。

さてさて、
わたしはわたしのやらねばならないことが
てんこもってるんで、
がんばらなければなりません。

現在小説のゲラ直しに入っています。
この作業に入るとノロいです。
いつ終わるのか見通しがつかないのに、締め切りは決まっています。

小さい猫弁を手元に置き、「こっちではどう書いたっけ」と時々確認します。
汚れそうなので、カバーをしました。

本にカバーをかけるのは生まれて初めて。
ブックカバーはいくつか持っていますが、実際にかけたことはありません。

このカバー、先日、紀伊国屋書店で衝動買い。
1000円くらいでした。
すべらず、手に馴染みます。

Cover


2012年4月19日 (木)

ひるおびさんとよみうりさん

ほんじつは『ひるおび』で『猫弁』の紹介をしてくださいました。

さらに今日は、
読売新聞夕刊の11面で大きく『猫弁』を取り上げてくださっています。
おーきぃ。おーきぃ。ありがたいことです。

わたしもちょこっと顔が出ています。ハズカシー。

写真を撮られながらの取材は緊張するので、
お守り代わりにビーズの指輪をつけていきました。

「どうせ写るなら、指輪と一緒に写りたいなぁ」と
思っていたら、たまたま写り込みました!

神戸在住のビーズ作家幸さんの作品です。
ラジオドラマ『届けてレッドマン』を聴いてくださったご縁で
仲良くさせていただいています。

作品を通じてわたしはいろんな方と出会い、支えられています。
ありがたいことです。

読売の記事はネットでも読めますが
紙の新聞だと百瀬さん亜子さんの写真も見られます。
公式サイトの「みどころ」にある写真。『猫弁』の世界が凝縮されたいいシーンですね。

『猫弁』がこんなにみなさんに大事にされ、応援いただき、
とてもうれしく、怖いような気持ちです。

23日が来て欲しいような、ずっと待ち続けていたいような
不思議な気持ちになっています。

2012年4月18日 (水)

さんせいさん

はなまるカフェ見ました。
塩見三省さん、本名なんですね。オドロキ!
誠実そうなお人柄で、お話に聞き惚れてしまいました。

ことばを選ぶように、とつとつと話されます。
塩見さんの次のことばを待つ、ちょっとした時間が
ひさしぶりの感覚で、心地よかったです。

現代って、次から次へと怒濤のように情報が流れて来て、
消化できないまま受け止め続けるしかない毎日。
こんなふうにゆったりと会話ができたらいいな。

あたたかい言葉で『猫弁』の宣伝もしてくださいました。
そういえば『猫弁』!…と思っちゃったくらい、
塩見さんのお話が楽しかったです。

お話の中に岸田今日子さんが登場しましたが
岸田さんが亡くなる数年前、
映画の試写会で偶然、岸田さんの隣に座ったことがあるんです。

もちろん面識はないし、ただもう頭の中で「キシダキョーコだっ!」
と叫びつつ、ちらちら見てしまったのですが、
女優さんというよりも、上品な暮らしぶりの奥様のような、
たおやかなたたずまいで、お綺麗でした。

話は変わるけど「しおみまんじゅう」って好き。
こちらは塩味、って書くのかな。

続きを読む "さんせいさん" »

2012年4月17日 (火)

明日ははなまる

昨夜は敵情視察!とばかりにフジテレビの月9『鍵のかかった部屋』を見ました。

すると

なんと

面白かった。とっても良かった。

わたしはドラマを見るときシナリオの構成や
人物の行動原理を吟味しながら見てしまうので、
たとえ視聴率が高くてブームになっても
「シナリオが破綻している」と感じると
見ていられなくなっちゃうんです。

けど、昨夜の『鍵のかかった部屋』はすばらしい。
悪いとこナーシ。
いいとこばっか。
ひょっとしてこのクール1等賞ではないかしらん。

相手の悪いところは見当たらないので
ひらきなおって、
『猫弁』のPRをしたいと思います。

猫弁は、

続きを読む "明日ははなまる" »

2012年4月16日 (月)

なまえのこと

21日夜ラジオで杏さんが『猫弁』を紹介してくださいました。

内容はこちら

上記サイトで「大山純子」となっていますが「大山淳子」です。

大山淳子って、ひねりのない名前。
かわいげも色気もありません。

生まれたときに付いた名前です。
23歳で結婚するまでこの名前でした。

それからずっと結婚相手の苗字だったのですが
離婚するときに、「大山」に戻しませんでした。

弁護士さんは「戻したほうがいい」と言いました。
ここで戻さないと、もしも再婚して名前が変わり、もしも離婚となったとき、
「大山」に戻れないんだそうです。

別れる夫か、前に別れた夫の苗字。このニ択になっちゃうそうです。

それを聞いたとき、「宇宙旅行の保険に入りませんか」と言われたような気がしました。
つまり、
ありもしない絵空事を聞かされているようでした。
再婚? ないない。
職のない女が子どもをかかえて離婚。
食べていくための戦いの日々のスタートです。

わたしは迷わず別れた夫の苗字を選びました。
離婚が嫌で、怖かったから、誤摩化したんです。
苗字が変わらなければ、ショックが半分で済むような気がして。
妻でいられないなら、「元妻」でいいじゃん。と思いました(その時は)。

やはり弁護士さんの言う事は正しいのです。
わたしはまもなく今の夫と出会い、再婚しました。
宇宙旅行より簡単でした。
今のところ、彼に心変わりの様子はなく、離婚の気配はありませんが、
もしも離婚となっても「大山」には戻れません。
「どちらかマシだったほうの夫の苗字」を選ばねばなりません。

せめてお仕事では大山を名乗りたく、そうしています。
夫婦別姓の意識などは特にありません。

今書いてて気付いたのですが、「大山」に戻す方法はありますね。
大山さんと結婚すればいいんです。
なるほどなるほど。

今の夫に捨てられたら、「大山」という名の
気のいい人を見つけて結婚をせまる。
そうか。この手があった。

全国の気のいい大山さん、あなたを狙う大山淳子に気を付けて。


先日、池袋のリブロで猫弁を発見。

続きを読む "なまえのこと" »

2012年4月13日 (金)

本日の猫弁情報

本日は東京新聞、テレビステーション、テレビライフで
ドラマ「猫弁」を取り上げていただきました。
ありがとうございます。

また、16〜22日まで、東京メトロ全線車内のメトロビジョンで
「猫弁」のCMが流れるそうです。見に行っちゃおうっと。

『猫弁』公式サイトのギャラリーで写真が増えていますね。
テヌーったら…かわいいような、かわいそうなような。

猫弁のミライ

夫の兄が教えてくれた情報です。
明日夜11時からラジオで杏さんが「猫弁」について語ってくださるそうです。
うれしい。

FM放送 J-WAVE(81.3MHz/関東エリア)
4/14(土)23:00~23:54
「BOOK BAR」ナビゲーター:大倉眞一郎さん、杏さん

下記の地域にお住まいの方はパソコンがそのままラジオ受信機となる
「IP(Internet Protocol)サイマルラジオ」の配信サービス「radiko.jp」でJ-WAVEが聴取できます。

<radiko.jp の J-WAVE対応地域>
茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県

そして、
もう情報が流れているので言っちゃっていいみたいなんですが、
小説「猫弁」の続編『猫弁と透明人間』は6月14日発売予定です(予定ですよ)。

小説はおおよそできていますが、まだ直しが必要です。
最後の入稿まで、しっかり作り上げていきます。がんばりまっす。

現在小説の仕上げに専念しているかというと、
実は違ってて、
今わたしが専念しているのはドラマの続編に向けての下準備です。

ドラマの続編は未定です。
映像化は決定までにいろんなハードルを越えねばなりません。
準備したからできるかというと、そう簡単ではありません。

ぐぁ! ←が

JUNKO、やるき。
続編どころか、わたしの夢はシリーズ化。

おばさん、大志を抱いてます。

実現しようがするまいが、
自分のやれることを精一杯がんばります。
今までもそうやってきたし。
今度もきっちり、やりまする。

経験上、やったことが無駄になるってこと、まずありません。
死力を尽くして駄目ならば、死力を尽くしても駄目なんだとわかる。
これも、前進。
だって別の手を考えるきっかけになりますからね。

猫弁の未来は、なによりもみなさまの応援が追い風になります。
よろしくお願いしますね。

23日夜9時、見てください。
そして楽しんでいただけたら。
それがわたしたち作り手への一番のご褒美となります。

見る人の笑顔を目指してがんばりまっす。


マスコミのみなさまにも応援いただいています。
一昨日は「しんぶん赤旗」で、昨日は「毎日新聞夕刊」で、
ドラマ『猫弁』をとりあげていただきました。
あたたかい目線で書いてくださっています。
ありがたいことです。
他誌でも掲載予定がありますので、またご報告します。
みさなまがおうちでとっている新聞にも
どこかに猫弁がひそんでいるかも?


2012年4月12日 (木)

がんばってます。小さい猫弁

小さい猫弁が売れているらしいです。

文庫担当編集者さんから電話があって

「また良いお知らせなのですが」と言われたとき、

「うそだ」と思いました。

聞く前から、「うそだ」

「人生は塩辛い。いいことばかりあるわけがない」と、
それはそれはもう、身に染みまくっています。
苦節半世紀。
10嫌なことがあって、1良いことがあれば
それで気持ちをつないでゆける。それが人生ってものです。

本ができた。ドラマもじき放送される。
これでもうじゅうぶんじゃないですか。

すると「コズリが決定しました」と聞こえました。

小刷り?
10とか20とかちょっとずつ刷るのかな?

聞き返すと5刷でした。

発売から一ヵ月足らず。ありがたいことです。

今までの苦労や努力はもうじゅうぶんむくわれました。
ここから先はまた努力を重ねなければなりません。
苦労と努力の貯蓄をします。

が、その前に。

今日は創作から数時間離れ、ひといきいれます。
半日、街をぶらついてきます。


2012年4月10日 (火)

『猫弁』公式サイトが華やかに更新

ドラマ『猫弁』公式サイト、更新されています。

にぎやかで、あったかい。
写真もいっぱいで、楽しいです。
人物相関図はカーソルを当てると詳細が読めます。
ギャラリーも増えそうですね。毎日覗こうっと。

エイプリルフールに猫弁写真集のウソついちゃったけど
サイトでただで見られるって、
ウソより素敵なことになってる。

TBSのドラマの公式サイトは永久保存と聞いています。
何年経ってもここを訪れると登場人物に会える。
うれしいサービスですね。

2012年4月 9日 (月)

自由に大きく

『猫弁』の大福亜子を演じてくださった杏さんが
ファッション誌で『猫弁』についてお話してくださっています。

杏さんは美しいのはもちろんのこと、実際お会いすると
年齢よりお若く見え、まるでティーンのようで、
笑顔がぴかぴかとまぶしい、とってもかわいらしい方でした。

小さい猫弁も大きい猫弁もそれぞれにがんばっているらしい。

Neko_book_s

「完全版」の意味をつい最近編集者に聞いたのですが(あら、のんき)、
完全版には「受賞のことば」と「選評」が収録。ということです。
小説自体は同じです。
「受賞のことば」は単行本出版に際して書き下ろしました。
素直に書いたら小学生みたいな文になっちゃった。

表紙は人気イラストレーターのカスヤナガトさん。

ジャケ買いした!という声も聞こえるほど魅力的な表紙です。
わたしはこの表紙を見ると毎度ナルホド!と思うんです。
こういう話をわたしは書いたんだな…と表紙に気付かされる思いです。

映像でも同じことが言えます。
吉岡さん演ずる百瀬太郎を見ていると
百瀬ってこういうひとなんだな…と教えられます。

ひとに気付かされるってうれしいですね。
自分という「限界」から飛び出して、自由に大きくなれる気がします。

2012年4月 7日 (土)

バースデー

本日はわたしのバースデー。

ドラマ「猫弁」公式ツイッターでもお祝いのことばをいただき、ありがたいことです。
なんか、今日だけ公人になった気分。
めいどの土産が増えました。

昨日まで歳をとるのがぷち憂鬱だったけど、
今はもうどんとこいな気分です。

驚いたことに、ドラマ「猫弁」の音楽監修をしてくださった
甲斐よしひろさんと誕生日が一緒だったんですね。
うわー……光栄です。

ドラマ「猫弁」、音楽がすごーく素敵なんですよ。
ドラマの魅力をぐぐっと高めてくださっています。
映画音楽もなるほどだし、猫弁オリジナルのテーマ曲もあるんです。
ドラマ「猫弁」、ぜいたくざんまい。

続きを読む "バースデー" »

2012年4月 6日 (金)

ちまちまでミィ

Oubo_ken_3

これ何だと思いますか?

講談社文庫表紙カバーの折り返しにあるマークです。
これを十枚集めると、特製ブックカバーがもらえるらしい。
文庫の帯の折り返しにそのことが載っていて、知りました。

「当たる」んではなくて「プレゼント」と書いてあるので
たぶんみんなもらえる。

ブックカバーは何種類かあるみたいで、色や素材を選べるみたい。
わたしは「赤いレザー風のミィ(ムーミンの)」をもらうべく、
ちまちま集めようと思います。

著者見本として文庫を少々分けていただくのですが、
(上記右のがそれ)
これで応募すると、ズル!だと思うので(切ったあと気付いた)、
これからちゃんと本を買って1枚1枚集めます。
昔読んだ名作を文庫で少しずつ買いそろえようかな〜と思っています。

締め切りは12月なので、たぶん楽勝。


『猫弁』文庫版はおかげさまで4刷決定しました。
今ちょっと手に入りにくいかもしれませんが
そのうち行き渡ると思います。

読んでからドラマを見ると、「あのセリフあるかな」とか
「あのシーンはどんな風になるのかな」とか、ワクワクしますね。
そのまんまのセリフもあれば、シーンごとごっそり違う部分もあります。
映像見てガッカリは万にひとつもありません。
JUNKOうそつかない。

また、読まずにまっさらな気持ちでドラマを見るというのも
あると思います。
わたしは映像出身なので、見てから読むパターンが多いです。

あ。
映像出身というのは身分詐称かも。
ホントは主婦出身。

さてわたしは明日いっこ歳をとります。


続きを読む "ちまちまでミィ" »

2012年4月 4日 (水)

撮影現場レポート

郵便局へ切手を買いに行きました。

途中で見つけた桜。

Sakura2

帰りに近所の本屋さんへ。
「猫弁」が置いてないのを確かめる。
それが今はもう習慣になっています。

が、

あった。

なんで?

Hon2

「猫弁」ウォッチングに行って、
あって驚くなんて、どうかしてますが、驚きました。
2冊ありました。とうとうここ(東京のはずれ)まで来た。
いらっしゃいませ。


さて。
ドラマ『猫弁』の撮影現場レポートが
事務局さんのブログにアップされています。スタジオ内のセットの画像が見られます。

助演女優賞を狙っている「てぬき」の写真も見られます。
もとい。テヌー。

テヌーはほんっとにちっさくて、手足が短く、
スタジオの床を全身でおそうじしながら歩いていました。
かわいい。
ちょっとだけ、ちょっとだけだけど、毛虫っぽかった。


2012年4月 3日 (火)

向田邦子賞

『カゲロウの羽』が、

向田邦子賞にノミネートされました!

で、

落ちました!!

うれしい!!!

落ちてうれしいんじゃなくて、ノミネートがうれしいんです。

お知らせをいただいたときは、何かの間違いだと思いました。

「まだ放送されていませんが…」と言ってしまいました。

だって「猫弁」はこれからだし、「カゲロウの羽」は地上波では四国限定です。

いきなり「ノーベル化学賞にノミネートされてます」と言われたくらい
「間違いじゃないか」と思いました。

地域発ドラマの台本が審査の対象になった。
驚きと喜びがあります。
創作の未来にひとすじの希望を見ました。

いいものを書くと評価される。シンプルです。
パッケージとか、名前とか、関係ない構造が残ってる。

「落ちた」という知らせさえ、その喜びに陰りをもたらさないくらい
うれしかったです。

受賞は岩井さんという方で、劇作家さんだそうです。
戯曲だけでなく演出もなさる方で、テレビドラマは初めてとか。
すばらしい!!! おめでとうございます。
宮藤官九郎さんもだけど、舞台って力のある方が多い世界なんですね。
ニュースはこちら
おそらく再放送されるでしょうから、楽しみに見たいと思います。


本日はTBSで打ち合わせがありました。
落選後に伺ったのですが、
「福を呼ぶように」ということで、大福をいただきました。

Daifuku

おいしかったし、どーん!と栄養が注入された感じがします。

わたし、今でももう幸せいっぱいですが、
作家としても人間としても「途中のひと」ですので
先へ先へと、がんばっていこうと思います。

書籍『猫弁』は文庫本の重版に続き、単行本も重版が決まりました。

ドラマのほうも応援よろしくお願いします。


2012年4月 1日 (日)

猫弁写真集

猫弁写真集が先行発売されます。

うそです。

今日は4月1日。

いよいよ春です。

新入生のみなさん、新入社員のみなさん、そのご家族も
そうでないみなさんも、

春に包まれる。

春は「これからだ」的な明るい気持ちになりますよね。

新人作家のわたしも、なにもかもこれから。

春は好きです。

桜だいすき。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »