« ごぼうとモールス | トップページ | 60% 降水確率ではありません »

2012年4月30日 (月)

ゴールデンウィークなんですね

あいかわらず創作の日々です。
けど、休み休み書いてます。

余裕ができたわけじゃないんです。
さすがにちょっと疲れたみたいで、日中なんどか休みます。

そういえば猫弁オンエアから一週間経ちました。
今夜は『鍵のかかった部屋』を見ようかな。
初回だけ見たけど、すごく良かったです。

最近創作に疲れると、録画した『猫弁』を20分だけ見返したりします。
するとあらたに気付くことがあります。

冒頭に出て来る百瀬少年(7歳)。
紺のコート、チェックのマフラー、リュック。
これって39歳の百瀬さんと同じスタイル。
マフラーの結び方まで一緒です。

ということに、昨日気付きました。
ふつうみんな一回で気付くのかなぁ。

デパートで靴を買うシーンの七重さんの表情が面白い。
セリフがなくて、遠くに映っている時も
表情が微妙に変化しています。
あ…思い出すだけで笑っちゃう。

百瀬さんもそう。
別の人たちが会話している時の表情やたたずまいも魅力です。
ていねいに作ってあるドラマだから、
繰り返し見ることで発見がいっぱい。

うちの夫もこのドラマ、何度見ても飽きないそうです。
あまり見ると仕事にならないので、ひかえめに見ています。
夫は首をしめられた時のキムラの表情が好きみたいで
「そろそろ首をしめられる?」と
このシーンになると見に来たりします。

わたしはお笑い番組を見ないので、今まで存じ上げなかったのですが
ノンスタイルの石田さん、演技に独特の雰囲気があって、味わい深く、
良々さんと絶妙なコンビですね。
こんどお笑い番組も見てみようと思います。

なんだか最近……
世の中の空気が違って感じられ、なんか変。なんだろなあ〜と思っていたら、
なんと現在、ゴールデンウィークなんですね。

夫もわたしもフリーランスなので、気付くの遅れます。
ゴールデンウィークだからと何かしたこともありません。

何年か前、「タオルを買い替えなくちゃ」と車で出かけたら
渋滞につかまってエラいことになり
「ゴールデンウィークなんだ」と車中で気付いたことがあります。

お正月もあまり関係ない暮らしをしています。

家族のいない百瀬さんのお正月も似たようなものかもしれませんね。

« ごぼうとモールス | トップページ | 60% 降水確率ではありません »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

我が家は昨夜3回目の上映でした。

少年百瀬の恰好は、私は2回目で気づきました。

娘(小1)は、
七重さんの「先生~!靴が片方違います~!」と、
その直後にパッと切り替えて猫のトイレ砂をいじるシーン、
(私もこのシーン好きです。七重さんの言い方もすごく好き)
百瀬さんの「ヨシ!」のガッツポーズ、
そしてその後のスキップ、
首を絞める大河内氏を止めに入るも吹っ飛んで椅子の上を転がる百瀬さん、
「イイ縁があるぞ」と言われた後の百瀬さんの表情、
…で、必ず笑い転げます。

少年百瀬役の男の子、可愛いですね~♪♪♪
娘と「かぁ~わい~い~」と叫んでます。
そんでまた、大きくなったらなるほどこうなるよね、と思える風貌・佇まい。

友人からの感想です。
「観た~!教えてくれてありがとう。
久々に、いいドラマだとパパも言ってました。
伏線が気持ちよく回収されて痛快でした」
…すんごく嬉しくなりました。
JUNKOさんにもお伝えしたくて。

Kaeさま
ご家族で楽しんでいただき、ありがとうございます。
それからお友達にも紹介いただいたんですね。
ありがとうございます。よろしくお伝えくださいね。

2回目で気付きましたか!
わたし、数十回目で気付きました。トホホです。

ガッツポーズのあとのスキップ素敵ですよね。
「上の空で踊るような足取りで去ってゆく」というト書きひとつで
あんな風に表現してくださるんです。作家冥利につきます。

〈山吹キイロひまわりキイロたくわんキイロで生きるたのしさ〉吉岡秀隆さんの尊敬する渥美清さんの俳句で、黄色は渥美さんが好きな色だったと、朝日新聞、寅さんの伝言にありました。百瀬法律事務所のドアも黄色、なんだか、縁(えにし)を感じました。キイロの花は沢山あるけれど、猫弁にも渥美さんの句にもひまわりがでてきて、嬉しくなってしまいました。同じく朝日4/28日はがき通信にも百瀬弁護士の強さとしなやかさが心地よいドラマだった。との嬉しい評が載ってましたね。普段あまりドラマを見ない姉が、久々に笑ったり泣いたりと、とても面白かったと続編を楽しみにしてるようです。私も嬉しくなって淳子さんの原作を是非とも読んで欲しくて、プレゼントしました。アマゾンに発注したのですが、そのあとすぐ品切れになってました。危なかった。ふ−っscissors
太郎少年がでてくるオ−プニングかわいくて、いいですよね。涙がでました。私は一回目から気付いてました〜って自慢sign02Kaeさんのおっしゃるようにホント何度見ても飽きないし、見るたび新しい発見があります。今朝ハデな夫婦ゲンカをやらかしたので、夜は猫弁見て、百瀬さんとテヌ−に癒やしてもらいましょうcat

武子さま
ほんと、一回で気付くべきですよね。
30回以上は見て、やっと気付きました。恥ずかしいデス。
「髪の毛くるくるでよかった〜」という感動で思考停止していました。
朝日さんのはがき通信にありましたか!
もう反響があるなんて、すごくうれしいです。
百瀬さんの強さが認知されますように。
朝から夫婦ゲンカなんて目が覚めますね。
おふたりとも元気いっぱいな証拠です。
ひまわりは続編で存在感を示しています。

 こんばんは、~~そうですか、
 ひまわりは続編で、存在感増しますか。

 それは、弁護士の ひまわりの、 バッチ?  猫弁さんの、法廷での、活躍が、見れるんですか?
 以前杉田監督で、弁護士 に、なった吉岡君 死亡推定時刻 を、思い出しました。

 マフラーのこと、 おかあさんが、巻いてくれたのでしょうか。
 これは、大山さんの発案ではなかったんですか、
 監督の、発想 イメージつくりだったのでしょうか。
 ト書き が、俳優の、動き 空気間で 場面が脹らんで、見えるーー事 は、シナリオ作家だけにいただく特権
 ですね、 いいお仕事ですね、 どうぞ楽しく、お仕事を、進めてください。楽しむに待っていますから~。

さわこさま
今月18日に月刊ドラマにシナリオが載りますが
それを読むと演出で足された部分がはっきりとして
監督と俳優さんのすばらしさがわかると思います。
シナリオに忠実でありながら、足りない部分をおぎなってくださっています。
小説の設定も踏まえてくださっています。
ひまわりは…単純に咲いています。
咲いてるだけですが、キーになります。

紺のコートとマフラーが同じとブログで読んでまた3回目観ました。
創る側目線でドラマを楽しめたのも、淳子ちゃんのおかげさま。
あの小説を2時間のドラマの中に凝縮させるには、シナリオのみならず、淳子ちゃんの言うとおり、監督さん、俳優さんなど多くの方々の尽力の結晶なのですね。素晴らしいチームスピリットを感じます。
先週1週間は猫弁ウィークで、ブログも猫弁ネタで3回アップしました。
お暇な時にでもみてね。
続編、待ち遠しいな。

始めまして。
百瀬さんの他の俳優さんのセリフを聞いておられる姿、いいですよね。
気づいていただいて、嬉しいです。
ドラマであっても、コメディーの舞台を見ているような感覚もありました。
本も面白かったです。

6の2 SEIKOちゃん
読みました!猫弁熱弁1〜3!深い洞察力にびっくりでした。
特にこの3
http://bishokudogen.com/2012/05/01/猫弁と絵心/
これを読んで、そういえばわたし、漫画家になりたかったんだって、思い出しました。
幼稚園からずっと漫画を描いていたんだけど
萩尾望都さんの「ポーの一族」読んで、「まいった〜」と思い、
努力する前にやめちゃったんだ…。
なつかしい思い出です。
昔はあきらめるの上手だったんだけど、最近欲深くなっちゃって…。

WELさま
はじめまして。
猫弁は、吉岡さんはもちろんのこと、みなさん実力派で、雰囲気もあって、
新人のわたしのシナリオをすばらしいチームワークでカバーしてくださいました。
感謝感謝です。
よい台詞を役者さんに届けられるよう、がんばります。

猫弁のカスヤナガトさんのイラストをじっくり観ようと思い、カバーを外してみたら…、
わー、本体はこの色なんですね!

「百瀬法律事務所への入り口がここにあったー!」
と、勝手に喜んでます。

1868さま
すごい色なんですよ〜
台本も全く同じ色です。
正義の入り口です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/54590418

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウィークなんですね:

« ごぼうとモールス | トップページ | 60% 降水確率ではありません »