« 明日ははなまる | トップページ | ひるおびさんとよみうりさん »

2012年4月18日 (水)

さんせいさん

はなまるカフェ見ました。
塩見三省さん、本名なんですね。オドロキ!
誠実そうなお人柄で、お話に聞き惚れてしまいました。

ことばを選ぶように、とつとつと話されます。
塩見さんの次のことばを待つ、ちょっとした時間が
ひさしぶりの感覚で、心地よかったです。

現代って、次から次へと怒濤のように情報が流れて来て、
消化できないまま受け止め続けるしかない毎日。
こんなふうにゆったりと会話ができたらいいな。

あたたかい言葉で『猫弁』の宣伝もしてくださいました。
そういえば『猫弁』!…と思っちゃったくらい、
塩見さんのお話が楽しかったです。

お話の中に岸田今日子さんが登場しましたが
岸田さんが亡くなる数年前、
映画の試写会で偶然、岸田さんの隣に座ったことがあるんです。

もちろん面識はないし、ただもう頭の中で「キシダキョーコだっ!」
と叫びつつ、ちらちら見てしまったのですが、
女優さんというよりも、上品な暮らしぶりの奥様のような、
たおやかなたたずまいで、お綺麗でした。

話は変わるけど「しおみまんじゅう」って好き。
こちらは塩味、って書くのかな。

あいかわらず創作の日々です。
本日の気分転換メニューはアイロンがけ。

アイロンがけってわたしの中で苦手家事の筆頭ですが、
気分転換メニューとなると、とたんに好きになります。
わくわく、かけます。

わたしは世にはびこる「浮気」って全く理解できないのですが、
アイロンがけをしていると、「こんな感じなのかな」と想像できます。

日常業務だと苦役に感じ、遊びだと思うと、輝いて見える。

ならば、世の男性陣は「家に帰る」んじゃなくて
「遊びに帰る」と考え、奥さんを愛人と思えば
すべてが輝いて見えるんじゃないでしょうか。

でも…
ひと昔前に比べ、最近は愛妻家が多いような気がします。

結婚自体が「しなくてもいいもの」になりましたからね。
あえてするのなら「好きなひと」とですよね。

塩見さんに話を戻すけど、愛妻家って感じでしたね。
あんなおだやかな人と暮らせたら、幸せでしょうね。

うちの夫もおだやかさんです。
おだやかなることのれんのごとし。

« 明日ははなまる | トップページ | ひるおびさんとよみうりさん »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/54500524

この記事へのトラックバック一覧です: さんせいさん:

« 明日ははなまる | トップページ | ひるおびさんとよみうりさん »