« いつかぴんくの日 | トップページ | みっつめの謎 »

2012年5月 6日 (日)

映画いろいろ

昨夜、『阪急電車 片道15分の奇跡』を地上波でやっていました。
最近地上派になるの早いですね。
目には目を的発想がやんわりと美化されてゆく流れに
引いてしまいました。怖かった〜。

あとで調べると、なんと「見てほのぼのする映画」らしい。
そっかぁ。
わたしの感性がそうとうずれているのかなぁ。
ほのぼのできなかったなぁ。

「やかましいおばちゃんグループ」が電車に乗ってきて、
そうとう嫌なやつらとして描かれます。

おしゃべりおばちゃんグループってそんなに嫌ですか?
わたしは遭遇すると結構うれしくて、聞き耳を立ててしまいます。

日常生活の中、家計や時間をやりくりして出かけ、
その楽しさに話がはずむのでしょう。
言葉のはしはしに「家族への思い、心配ごと、愛」が含まれていて
おしゃべりはあたたかく、ほほえましい内容がほとんどです。

おばちゃんグループのうち何人かは読書家だったり映画通だったりして
生レビューを聞けたりもします。
映画に潜むうすっぺらい正義をバサッと切ったりして、
お見事!と思う事もしばしば。

おしゃべりグループは、注意されると普通は「スミマセン」と言います。
おばちゃんは頭下げるのに慣れています。
頭下げずに子育てなんてできませんからね。
わたし? 
子育て期、ごめんなさい大安売りしてましたっ。
90円で売りました。安っ!

この映画のおばちゃんたちのように逆切れする人は見たことないけど
阪急電車にはいるのかなぁ?

あれ、何の話だっけ。
そうそう、
ウエディングドレスで他人の結婚式をぶちこわす女のエピソードは
恐ろしかった。

ふたりにはしあわせになってもらえばいいじゃない。
自分もしあわせになればいいんだから。

ひどいことをされたから、仕返すという発想は
自分の生き方にプライドがないみたいで、悲しい。
宮本信子さんにはこっちを叱って欲しかったなぁ。


さて、レンタルで、
日本アカデミー賞に輝いた『八日目の蝉』を観ました。
こちらはひじょうに骨太な映画で、
抑制がきいた台詞、人間造形が深く、映像も美しい。
各人の行動原理もナットクです。
小池栄子さん良かった〜。
斜めにつんのめった姿勢、ゾクゾクしました!

テレビの連続ドラマのほうは腹立たしい物語に見えてしまいました。
同じ原作なのに、脚色でこんなに違ってしまうのだから、恐ろしい。
人により受け取りかたは違うから、ドラマ版が好きな人もいるでしょう。
わたしの周囲ではドラマの評判も良かったです。

映画版の島の写真館の田中泯さん、かっこいい。
いつもかっこいいけど、ひときわ光っていました。

« いつかぴんくの日 | トップページ | みっつめの謎 »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

JYUNKO様 こんばんは

「目には目を的発想がやんわりと美化されてゆく流れに
引いてしまいました。怖かった〜。」
という文に共感して書かせていただきました。
阪急電車片道15分の奇跡は見ていないのでなんとも言えませんが、
一昨年あたりの作品で「重力ピエロ」や「告白」にも
「目には目を的発想がやんわりと美化されてゆく流れ」を感じ、恐ろしく
感じたことがありました。重力ピエロはテーマは家族愛でした。
あんなに恐ろしい復讐は有り得ないと、恐怖を感じ、それを家族愛と歌う
キャッチコピーにも、恐ろしさを感じました。

同じ人間の醜い部分を描いているのだけれど、韓国映画の「息もつけない」は
虐待を受けた人間の切なさが鋭く描かれていたのではと感じました。
長々と自分の意見をすみません。

あじあんさま
「重力ピエロ」はたしか巨悪が出て来ましたよね。
実はわたし、ずーっと「16ピエロ」だと思ってて(恥)、
映画館で「重力」と気付いて、びっくりし、あわてた記憶があります。
あまりに驚いたため、詳細を覚えてないくらいです。
「告白」は小説を読んだ時に、自分の中からも悪意が引き出されてしまい、
登場人物に毒づいてる自分がいて、怖かったです。
それだけすごいエネルギーを持った小説ってことなのでしょう。
「息もつけない」は未見です。こんど観てみますね。
韓国映画では「オールドボーイ」の復讐の手段が怖くて、腰を抜かしました。
「阪急電車…」のわたしの印象は間違ってるかもしれないので
先入観をもたずに、機会があったらご覧下さいね。

「阪急電車」素直に見ましたよ。
あれが、白のドレスで無かったら話しが終わるし…
おばちゃんはうるさいし、
ほのぼのとした後、飲みに行ったbeerup

今日、東京からの帰りに、猫弁読みました。泣きながら帰って来ました。

石山さま
ほのぼのしましたか。それはよかったです。
正しい鑑賞法だと思います。ビールもおいしかったことでしょう。
映画も本も受け手の心と合わさって、作品になるのだと思います。
猫弁、読んでくださってありがとうございます。

実は、『阪急電車』すきなんです。
小説のほうが、くるんときれいにまとまっているような気がしますが・・・
チョコレート色の電車と白いドレスの女の子の組み合わせは、
エピソードにも、構図にもすごみはあるけれど、
水に浮かんだオフィーリア的な美しさでひきつけられます。
あの沿線で楽しく4年間過ごさせてもらったので、
電車の入ってくるときの風の匂いまで思い出してしまう映画なのです。

おのださま
思い出の電車なんですね。
原作は読んでないのですが、
映画はおおむね好評だったみたいで、
わたしの友人も、みな良かったと言ってます。
わたしは一部ひっかかってしまったのですが
ななめな見方だったかもしれませんね。
ある部分にすごくひっかかって
全体が見えなくなることが、わたしにはよくあるんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/54645000

この記事へのトラックバック一覧です: 映画いろいろ:

« いつかぴんくの日 | トップページ | みっつめの謎 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ