« ミスター猫弁 | トップページ | 月刊ドラマ6月号 »

2012年5月14日 (月)

どっちのあーるか。それが問題だ。

久しぶりに映画館で映画を見ました。
新宿武蔵野館。

裏切りのサーカス』を見ようとして、R15にびびり、
ル・アーヴルの靴みがき』を見ました。

わたし、R指定はごっつ苦手で、見るには見ますが
なるべくDVDになってからにします。
怖いときストップし、心の準備をするんです。

Rといっても、「暴力のRか、HのRか」が問題です。
先に友人が見た場合「どっちのR?」と聞いておきます。
切符売り場で「Hですか?暴力ですか?」って聞けないし。
「Hですか。なら買います」というのも変だし。

正直、どっちも苦手なんですけどね。ヘタレです〜。

さてRからの逃避で見た映画、ひろいものでした。
大好きなカウリスマキ監督。

たいへん珍しい映画です。
悪人は出てこない、暴力無し、最後は奇跡のハッピーエンド!

…と書くと、まるで猫弁みたいですが、
『ル・アーヴルの靴みがき』はほんとに奇跡が起こる。

これ、「ご都合主義!」と思う人もいるかもだけど、
フィクションなんだもの。ミラクルハッピー、ありですよ。

それにしても。
西洋の大人の映画でここまで悪人無し!ってのは見たことないです。
おどろきもものきの善人映画でした!

客席、カップルだらけでした。
白髪のカップルでいっぱい。
わたしはいさぎよくひとり。
すがすがしい!

『裏切りのサーカス』、やっぱ見たい。やっぱ見る。近日中。
どっちのRだろ?

« ミスター猫弁 | トップページ | 月刊ドラマ6月号 »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

私もR苦手です。。。基本こどもと一緒に見られないような映画は心に悪いって
思っちゃうんです。。。。
ヘタレ仲間です〜。

『ル・アーヴルの靴みがき』見てみたいです。でもこっちじゃやってないかしらねえ。
DVDになるのを待ちましょうかね。

今日の話題は映画ですか?
私の地元には映画館がありません〜増えているでしょうね!田舎では!
寂しいが,苦手ですから〜問題ない!大画面と大音量苦手だから問題ない!

ぺこさま
わたしも怖い映画を見ると「心が壊れた」って思います。
心に亀裂が入る音が聞こえるような感じがして
映画館から途中で出ちゃうこともあるんです。
「そういう人が書いたホラーは面白いかも」と言われて
書いたことありますが、怖さが足らないみたいで落とされました。
最近、DVDになるの早いから、すぐですよ。

michiさま
大きい音、わたしも苦手です!
ですからいつも耳栓持参です。
昨日の映画館は音量がちょうどよくて、裸耳で聞けました。
音が苦手なので、ボウリングもできません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/54710341

この記事へのトラックバック一覧です: どっちのあーるか。それが問題だ。:

« ミスター猫弁 | トップページ | 月刊ドラマ6月号 »