« あんぶれら | トップページ | 大きい透明 »

2012年6月11日 (月)

きねんび

本日は某局で打ち合わせがありました。

ああ、なるほど、そういえばそうだ、そうしましょう、ああ、まさにそのとおり、
あ、それは考えてなかった、そうかそうなんだ、なるほどそうしましょう…

の、ループ。

指摘がすべてそのとおり。
素直に自分がぼんくらだと思えました。

今まで「ぼんくらかな?」と疑ったことはありましたが
確信はありませんでした。
本日は悟った。

そこつものと悟ったから6月11日はぼんくら記念日。

すがすがしい。
ぼんくらなのにこんなにちゃんと(?)生きている自分を誉めてあげたいし
こんなわたしときちんと向き合い、お仕事なさっている方々のご苦労に感服し、
つき合ってくれる友人、そしてなによりも、夫に感謝したい。
365日わたしの夫であることは、才能です。

本日は作品がもっとよくなる確信が持て、実はとってもうれしかったデス。

さて話は変わります。
14日発売の小説「猫弁と透明人間」、そろそろ本腰を入れて
宣伝してゆきたいと思っています。

どこまで内容を公開してよいかわからず
編集者に叱られない(と思われる)範囲で紹介します。
怒られたら即、削除しますので、今のうちによく読んでおいてください。

百瀬太郎は、あいかわらずボロアパートに住み、独身で、
あいかわらず法律事務所は猫だらけです。

タイハクオウムが登場します。すわ「鳥弁?」 杉山という名前です。

この小説は前作『猫弁〜天才百瀬とやっかいな依頼人たち〜』を読んでない方も楽しめます。
今作後に前作を読んでも楽しめます。

百瀬太郎はこの小説でひとつ歳をとります。
サザエさん方式をとらず、きちんと進化(老化)することにしました。

百瀬太郎は幕の内弁当により女性をひとつ学んだ気になります。

以上です。

あしたは大きい透明に自分の名前をいっぱい書くというお仕事をします。
そこつものですが、ノーミス目指してがんばります。

« あんぶれら | トップページ | 大きい透明 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

淳子さん こんばんは。
 いよいよ見えてきましたか。嬉しいです。
 百瀬太郎さん、年を、とりながらーー進化していくんですか、
 やはり、独身ですか   私のあたりかしら~~
 納得いくまで、思考錯誤しながら、原作者 プロデユーサー 監督 が、取り組んでいたんですねーー。
 黒澤監督は、 シナリオと、キャステング と、言っていました、  幻のシナリオ から。
 山崎監督も、苦労しています。  いいものを、作ろうと納得いくまでーーの、意気込みが、素晴らしいですね。
 14日 発売 の、猫弁と透明人間 楽しみにしております。   どんな、猫弁さんかな?

ヒロミさま
いつも応援ありがとうございます。
わたしの実力のありったけで作った本です。
本もドラマも全力でがんばりますので楽しみにしていてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/54936411

この記事へのトラックバック一覧です: きねんび:

« あんぶれら | トップページ | 大きい透明 »