« ぺっ! | トップページ | 『猫弁〜死体の身代金〜』がやってきた! »

2012年7月26日 (木)

ニャ〜ミス

猫弁3を書いています。
まだ冒頭部分でうろうろしています。
遠足の準備してる前日みたいな心境です。
楽しみなんだけど、歩ききれるか心配。みたいな感じ。

今回はなんと本格ミステリにいどみます。
血も凍る展開、度肝を抜くトリック、驚愕のラスト!

上記2行はフィクション(うそ)です。
編集担当者がこの2行を読んだらびっくり+憤怒だろうなぁ。
 
そういうの書けませんからね。みのほど知ってます。

猫弁は猫弁らしく、
ニヤニヤする展開、ほっとするラストを目指します。

最近、いろんな方から本をいただく機会があって
すべては読めていませんが、
本について、発見がありました。

「イヤミス」って言葉、初めて知りました。
実はいただいた本の中にもこのジャンルのがあって、
数ページで血の気が引いて、先が読めません。
ごめんなさい。
作品が悪いのではなく、わたしの心が弱いんです。
「バカミス」って言葉も知りました。
「本格ミステリ」って言葉も知ったばかり。
バカっていうのは、いい意味でのバカだそうで、楽しそう。

とにかく、知らないことばっかです。
純文学とエンタメのさかいめもよくわからない。

『猫弁』は何ミスなんだろ?
ニヤニヤするから、ニヤミス? 
猫がからむから、ニャーミス。ってことで。

昨日創作のいきぬきに図書館に行きました。
小説家になってから、初めてかも。
目的なくぶらぶらと背表紙を眺めるのが好き。
東野圭吾さんの『容疑者Xの献身』があり、借りてきました。
人気の本はいつも貸し出し中なのですが、たまたまありました。
多くの人が読んで、へろへろ状態。
いいですね〜。へろへろになりたい。

映画『容疑者Xの献身』は何度も見ています。
好きな映画です。

娘をひとりで育てている薄幸な美女(松雪泰子さん)に、
あろうことか自分(大山淳子!)を重ねて見ています。
もし隣に住む女がわたしだったら、
Xは警察に通報し、物語は20分で終わってしまうけど。

あー原作読むの楽しみ。
遠足の小休止に楽しみたいと思います。

猫弁3ほか、創作しっかりやります。
笑顔をお届けできるよう、がんばります。

この夏は気合い入れて書きます。休まず書きます。たぶん。
秋になったら2〜3日休みたいと思います。

« ぺっ! | トップページ | 『猫弁〜死体の身代金〜』がやってきた! »

ホン de ぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

新作、楽しみにしております。
私の、ファースト図書館は移動図書館です。公共図書館も、書店もなく、物置みたいな学校の図書館しか知らなかった郡部の小学生は、ある日、突然やって来たぎっしりと本が詰まったバスに一目惚れしてしまい、「将来は、移動図書館のひとになろう」と思ったのでした。(なれませんでした。)バスに乗ってきたのは、百戦錬磨といったへろへろ本が多かったのですが、内容は厳選されていたような気がします。とくに児童書は、さすがのラインナップだったような・・・『ツバメ号とアマゾン号』も、そこで出会いました。(百瀬さんチにあるのは、函に入った状態で大切にされていますが、私が読んだのは歴戦の勇士みたいなヤツでした。)
・・・そういえば、移動図書館に「ひまわり」と名づけている自治体も多いですね。

おのださま
移動図書館!
おさないころに一回だけ見たことあります。
どこで見たのか記憶がなくて。
引越の多い人生だったので、ぶつぎりの記憶です。
バスがくると子ども達が砂糖にむらがるアリのように集まって、
わたしは輪に入れなくて、遠目に見ていた記憶です。
重たそうなバスでした!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/55283101

この記事へのトラックバック一覧です: ニャ〜ミス:

« ぺっ! | トップページ | 『猫弁〜死体の身代金〜』がやってきた! »