« 終わったらしい | トップページ | 正解を捨てる »

2012年8月17日 (金)

悪い例

がんばったり、くたびれたりの繰り返しの日々の中、
珈琲の粉が切れたので、電話をかけました。

うちは珈琲を浴びるように飲むため、
業務用の粉を通販で買っているんです。

相手先は留守電になっており、「平日なのにヘンだな」と思いました。
次の瞬間、
お盆だということに気付きました。

オリンピックを忘れるならかわいいけど
お盆を忘れるのはいけないように思います。
でも毎年こんな感じ。

先日、大学時代の友人に会いました。
そこで得た情報ですが、
朝風呂に入るとしゃきんとして、仕事がはかどるらしい。

わたしもやってみようと思います。
でも起きたらもうお昼近くて、
お湯をためたら熱すぎて、
さましたら昼下がりになっちゃいました。

朝風呂とは違いますが、創作の途中で入ってみたら
驚くほど汗が出て、すっきりしました。
しばらくクーラーを消していられました。

わたしはあまり汗をかかない体質です。
こうやって無理矢理かいてみるのも
いいのかなぁと思いました。

さて、わたしは気に入った洋画があると、
字幕と吹替え両方を見て、セリフを比べます。
「あっ」と驚くほど、別のニュアンスだったりするんです。

BBC製作の『シャーロック』もDVDをレンタルしたら
驚きの字幕だったので、思い切って、
第一シーズンのブルーレイを注文してみました。
ちょっと高いけど、3本入ってて、字幕と吹替えがあり特典もある。
じゅうぶんな内容です。
字幕が楽しみ!←ナンジャソレ
今日届いたので、これから毎晩寝る前に見ることになるでしょう。
この惚れ込みようは、恋の域。

わたしは同じものを何度もくりかえし見ます。
ラストがわかったらOKではなくて、
シーンの機微を味わいます。
セリフや構成が体にしみこんでいくような感じ。

もちろん、優れたもの、好きなものだけです。
二度と見たくない、という映像作品もあります。
雑な脚本。これはもう腹が立ちます。
見せる工夫がされておらず、段取りで話が進む系。

説教臭いのも嫌いです。
刑事ものを見ていると、最後に説教するのが多いです。
みんな説教されるの、好きなのかな。
わたしはするのもされるのも嫌いです。
ニュース番組で最後にキャスターが「…といわざるをえません」などと言うのも嫌いです。
そのニュースの本質はなんなのか、そこは自分で考えたいから、
言い出す手前で消しちゃいます。せっかくの決めゼリフをすみません。

なんか今日はいつにもまして、まとまらない文章を書きました。
見せる工夫がされておらず、段取りすらありません。
まさに悪い例です。
反省。

« 終わったらしい | トップページ | 正解を捨てる »

ドラマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

吹き替えと字幕…見比べると面白いでしょうねえ。
私は、シリーズ1のDVDを手に入れましたが、アメリカのPBS版です。
残念ながらそのパイロット版というのはついていませんし、もちろん日本語ないし…

それでも主人と一緒に、何度も楽しんでいます。

アンジーさま
やはり何度も楽しんでますか!
みごたえありますよね。男女ともに楽しめるし。
つきぬけているのに、品があって、すばらしい。
パイロット版、いつか放送されないかしら。
室内のセットや、ロケ場所が違うんです。
シャーロックの髪型も微妙に違います。
メイキングで知ったのですが、兄のマイクロフト、プロデューサーなんです。

そうなんですか! プロデューサーだったんですね。ほお。

かなり以前に、この番組をウェブサイト上で検索した時に、『水川青話』というブログにあたったんです。
この方がとっても詳しいんです。
面白くって興味深くって。たくさん書かれているので、まだ読みきれてないんですけど。
よかったらどうぞ。

http://blog.goo.ne.jp/mithrandir9/e/aee2fb1b774dfdf0c816442a5bca73de

アンジーさま
おおっ
面白いサイト、紹介してくださってありがとうございます。
記事をふたつほど読みましたが、濃ゆいし笑えます!
イギリスでも大騒ぎになっているみたいですね。
同時にイギリス社会のひずみもわかって、
「このまま穏便にドラマが続いてほしい」と願うばかり。
このサイトでしばらく楽しめそうです!
メイキングを越える情報量ですね。

お久しぶりです!
雪猫発売決定と猫弁2ドラマ化決定、
おめでとうございます!楽しみ楽しみ!

JUNKOさんのお薦めどおり、
シャーロック2の1話と3話、超おもしろかったです。
強敵はヒーローを際立たせますね!
アイリーン・アドラーといい、モリアーティといい・・・
わたしの頭は全然ついていってないんだけど、
高次元で知能戦が繰り広げられてるってことだけで楽しい♪

当初の1では、1話目が最高だったという印象なのですが
何か見逃してるかも・・・かなり忘れてるし。
パイロット版情報も知らなかったです。
レンタル、絶対見ます!

こころんさま
いろいろ、ありがとうございます!
シャーロックの1は、やはり1話目が最高だとわたしも思います。
ワトソンとの出会いが人間ドラマですもんね。
ミステリ部分は、わたしがミステリに不案内なせいか
種を明かしてみると「ちょっとおかしいのではないか」と思ってしまいます。
第2シリーズのほうがミステリ部分もしっかりしてる気がします(しろうと考え)。
昔のイギリスのテレビドラマ『シャーロックホームズの冒険』の一話目は、
アイリーンの回で、原作に忠実で、さらにもっとへんてこでした。
シリーズの初回にホームズの失敗談をもってくるなんて
勇気有る構成だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/55444037

この記事へのトラックバック一覧です: 悪い例:

« 終わったらしい | トップページ | 正解を捨てる »