« 猫とキリンと男性と | トップページ | 花だらけ »

2012年9月21日 (金)

メイドインジャパン

来年、NHKのテレビ放送は60年をむかえるみたいですね。
意外と若い。
なんかもー100年もやってくれている。そんな気がしてました。

要注目なのはこのドラマ

なんと、猫弁の百瀬法律事務所のおふたりが、ご出演されています。
そのあいだ、百瀬法律事務所は猫だけになってしまう。
留守番、まかせてください。

このドラマ、意味深いですね。
家電メーカーは今いろいろとたいへんなとき。
応援したい業種です。

来年なんて、遠い。 ←猫弁をたなにあげている。
はやく見たいです。 ←ひとのこと言えますか?

演出の黒崎さんには一度だけお会いしたことがあります。
2008年に、わたしが書いた『モモと見た夢』というラジオドラマが
NHKで放送されました。

舞台は岡山県の笹が瀬川で、桃太郎伝説があるんです。
その伝説にちなんだどんでんがえしのあるミステリーです。
ラジオドラマの掟「モノローグを多用するな」を無視した
問題作(ほんとに問題があるという意)ということで、
製作スタッフ以外の方々も、収録を見学に来てくださいました。

黒崎さんは、笹が瀬川の近くで育ったということで、
やはり収録見学にいらしてくださり、
川の風景など教えてくださり、作品作りに協力してくださいました。
やさしくておだやかな印象の方でした。

今日、東京は涼しいです。

創作日和ですが、明日のイベントが気になって、手につかない。
ちっちゃな私的なイベントなんですけどね。
今日は朝から昔のドラマ『恋ノチカラ』を見たりして、さぼってしまった。
夕方から創作に戻り、がんばります。

書くの大好き。
書いていられればしあわせ。

« 猫とキリンと男性と | トップページ | 花だらけ »

ドラマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

うわっ!笹ケ瀬川。
実家のすぐそば、びっくり!!
出身中学校の校歌には
「流れもつきぬ笹ケ瀬に 希望の星を浮かべつつ・・・」の一節があります。
大山淳子さんに出会ったのは、運命・・・?! なんだかもう、動転。
モモセさんにも早く会いたいですが『モモと見た夢』も聴いてみたかったです。(概要はネットで読んで、モモタローかぁと思っていました。)

おのださま
まあ!
では黒崎監督と出身校が同じ可能性も?
ほんとにご縁がありますね。
わたしは笹が瀬川、写真でしか見たことないんです。
なのになぜか「ここ!」と思ってモチーフにしました。
富田靖子さんと小市慢太郎さんの熱演ですばらしいドラマになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/55704655

この記事へのトラックバック一覧です: メイドインジャパン:

« 猫とキリンと男性と | トップページ | 花だらけ »