« Iの下半身 | トップページ | メイドインジャパン »

2012年9月19日 (水)

猫とキリンと男性と

正直、疲れています。
ひるまがんばるので、夕食後、9時以降は書かないことにしました。
気力の限界。

夜は気になる番組を見たり、DVDを見たりしています。
連ドラはすべて脱落。
理由はわかりませんが、興味が持続しなかったんです。

今夜はNHK-BSの『エルミタージュの猫たち』を観る予定。

絵と猫が見られます。
個人的に要チェック。

ふと、疑問に思います。
わたしはなんで猫関係をチェックするのでしょう?

猫との関わりなんて、わたしの半生で一匹だけだし
つきあいは10年にも満たず、たいして猫に詳しくありません。
猫しろうと。と言っていいでしょう。

創作物に登場させてしまったので、
「一応見ておかないと」的に見ています。

猫はわたしにとりキリンと同じくらい距離のある存在です。

文献やらなんやらは目を通します。
獣医さん、動物学者、もろもろ、猫について書かれています。
でもそれだって、人間が書いたものにすぎません。
体のしくみがわかったからって、猫をわかったとは言えません。

で、
猫はいまだにわたしにとり謎の生命体。

いなもとの顔を見るたびに「毛深いな」と感心するし
「なにを考えてるのかな」「なにも考えてないのかな」と
わからないことだらけです。

それにしても。
自分が猫とこんなに関わることになるなんて意外です。
40過ぎまで、さわったこともなかったのに。

そういえば、男性も、
猫やキリンと同じくらい距離を感じる存在です。
よくわからん謎の生命体。

わからないから、不気味だし、
わからないから、あこがれる。
だから書きたくなるのかもしれません。

« Iの下半身 | トップページ | メイドインジャパン »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

距離を感じる動物が人間の男性と猫とキリンですか?
でもその内の人間の男性と猫とは同居でしょう?
距離を感じるのは,女性だからじゃないのかな?
男性も猫も従順な生きものだと思うけども?女性より簡単でしょう?

  こんばんは  猫弁の、情報が、流れた時 吉岡君猫? すきなのかしら  ちょっと心配でした。笑
   わたし、ねこ、大好きなんです。  日本猫だけど、 真っ白  兄弟 お兄ちゃん と、妹 2匹   プラスして、
   3匹 と、18年目  もう少しで、娘より長い共同生活。

   今では、娘猫が、主人に、ぞろぞろついて歩き、わけの、分からない 猫声で、話しかけています。
   なにか、分からないと、 なんだい~~?  と、聞き返す主人

   わたしの、昼寝を、待って、足の、所に、どっかり乗り 一緒に昼寝と、しゃれます。  毎日ーー笑
   お出かけから、帰ると、3匹の、お迎えが、  嬉しいものです。

   お水は、美味しいのを、知って  買ってきたボトルを、ねだります。  私が飲んでいるとね。
   朝 太陽が、上がってくると、ベットの、下から、大合唱  いやーー猫コーラスで、私を、起こすんです。
   鰹節の、かかった 15歳からの、 カリカリ の、お食事の、催促   とほほーー寝不足で、猫と、昼寝

   非常に繊細な心の持ち主です、  時々私を、ジット 見つめて?見つめられて?ていると、 ---
   私の心の中を、覗いているのかな、  と、思う事もあります、  誠実 さ、  信じてる事が、どんなに大事な、
   ものか、 教えてくれるような、気がします。       猫馬鹿の、 ヒロミでした。
   猫の心  私でよかったら、答えられるかも?   笑    頑張って~   応援しています。  

michiさま
一緒に暮らしていると、謎度が高まります。
たぶん、あちら(夫)はもっと感じているでしょう。
うちの猫は、性格も毛の色もねんがらねんじゅう変化します。
猫の気持ちと秋の空です。
JUNKO

ヒロミさま
猫プロさんなんですね!尊敬します!
ペットボトルの水が好きだなんてグルメですね。
うちの子はなぜかバケツの水が好きです(涙)。
猫は複数飼うほうがいいような気がします。
猫にとっても人間にとっても。
うちの猫は一匹だし、赤ちゃんの頃に捨てられたので
猫を見たことがないらしく、自分が猫だと知らないみたいです。
「猫弁」には「三丁目の夕日」に出演した猫さんも出ています。
ちゃんと映ったかどうか確かめてないのですが
猫控え室でスタンバイしてました。太った三毛さんです。

猫、わりとこわいです。ふだんは、かわいいばっかりなのですが、
パニックになっているのを救出して病院通いをしたことが2度ほど。
パニックにならなければ(うちのは、8㎏ある巨体なのに、超小心者。
猫のタイプもいろいろなので、猫一般の話にならなくてすみません。)
くにゃくにゃで、もしかして人間側のヒト?
と思ってしまいますが、やはり、ケモノの牙を持つもの、指、砕かれたかと思いました。
そんな目にあっても猫は大好きですが、身近にいる男の人は、指砕くタイプでなくてよかったです。
キリンは・・・近所の動物園では、ペリカンのとなりにいたような・・・
これから録画で『エルミタージュの猫たち』見ます!

おのださま
やはり…やられましたか。
指ご無事でよかったですね。
わたしも数年前にやられました。
ふくらはぎの肉をうめぼし大もっていかれたかと思いましたが
深く牙が刺さっただけでした。
足が腫れ、膿んで、たいへんでした。
犯人はいなもとです。
怖くてしばらく家庭内別居してました。
エルミタージュの猫は、一部と二部にわかれてますよね。
一部はほんわか見てましたが、二部はけっこうヘビーで
心にずーんと残りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/55695515

この記事へのトラックバック一覧です: 猫とキリンと男性と:

« Iの下半身 | トップページ | メイドインジャパン »