« シーン | トップページ | ぼさぼさストライク »

2012年9月11日 (火)

ふつうがすてき

夫が旅から帰ってきました。

旅の話を聞きながら夕飯を食べ、
旅の話を聞きながら旅の写真を見せてもらい、
汗臭い服を洗濯していて、ふと気付きました。

わたしたちは嘘のない関係です。
正直に聞きました。

「おみやげ、ないの?」

ふつう、旅に行けば家族におみやげを買うものです。
夫は小さな鞄ひとつで旅に出て、荷物が増えていません。
鞄の中はプライバシーなので覗きませんが、
紙の手提げ袋みたいなものが増えていません。

わたし自身はふつうを無視して行動しますが、
こういうときは「ふつう」を望みます。

夫はわたしに背中を向けたまま言いました。「おみやげ、ほしいの?」

「ほしい」
「あるけど…」←自信がないらしい。
「どこに?」

夫は鞄のポケットから4センチ四方の小さな紙袋を出しました。
帰宅後5時間以上経過して、やっと出てきたおみやげは、名刺より小さい。
紙ゴミに見えます。
正直、「インターで珈琲飲んだ時のペットシュガーの袋」かと思いました。

期待せずに開けてみました。

Miyage1

あら、まあ!
夜のひまわりじゃないですか!

盛岡の名産らしく、南部鍜造(たんぞう)だそうです。
鍜治職人さんが作った鉄のアクセサリー。

Miyage2

わたしがたいへん喜んだので、夫はほっとしたようです。
おみやげはちっちゃいけど、おっきなよろこびいただきましたっ。

お値段当てゲームをしました。
大きい猫弁の価格を言ったら、−220円でした。
割引券が千円分あったとかで、結果的に
たったの250円でゲットしたそうです。
インターの珈琲より安いじゃん。
しかも割引券はおともだちに分けてもらったようで…。
かたじけなさすぎる。

お値段は聞かないほうがよかったな〜。
と思いましたっ!

« シーン | トップページ | ぼさぼさストライク »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

淳子さま♪ こんばんは~

う~~ん。 いいお話ですね。
”夜のひまわり” を選ぶなんて、ようできたご主人ですね。 
私、淳子さんの夜のひまわり すごく好きです!

よそのご家庭の夫婦関係、 小説やテレビドラマでは見たことはあっても、
言葉に起こしたくなるような会話、あまり 知りません。
なんか 新鮮な空気が自分のまわりを飛んでくれました。

繊細なご主人に 無理なく、ありのままの気持ちをヒョイっと飛ばす淳子さん。
はにかむような少年のような動きをするご主人、世間慣れしていないところ・・・ 
いいなあ と 思いました。

それにしても、鉄のアクセサリーって 一般に販売されていますか? 重くないんなら 
私も欲しいですよ!

まあ~~!ステキなおみやげ!!
淳子さまが、ぶんぶんセレクションに書かれてた、夜のひまわりを、すぐに思い出し、透明人間のお話に
書かれてた(夜になると、みんな帰っちゃうのに、ひまわりは帰らない)を、思いだしながら
じーっと、旦那様からのおみやげ、鉄のアクセサリー夜のひまわり、見つめてしまいました・・・
色んな想いが、込み上げてきます・・・素敵なご主人ですね。

タイトルの『ふつうがすてき』も素敵です。
吉岡さんの演技も、わざとらしさの作為が見えず、自然体のお芝居なので好きです。
茶川さんも、コトー先生も、そこのいて、ふつうに生活しているようにさえ思います。

こんばんは、 すてきな、素敵な、お話ですね、   映画の、一場面が、生まれそうです。

 こんな、繊細なこころを、大切に、暮らす、大山ご夫妻 素晴らしいですね、
 優しい、男 猫弁さんは、  ご主人では、ありませんか。  笑。

 こんな素敵な暮らしの、シナリオ作家 だったんですね、   そして、猫弁が 生まれたんですねーーー。

 納得できましたーーー   素敵な物語の、原点ですね、 私まで幸せいただきました。          ヒロミ

麦空さま
こんにちは!
鉄ですからプラスチックよりは重いのですが
これはかなり小さいので、重さは感じません。
さきほど指で測ったら、5円より重く、10円より軽かったです。
夜のひまわりは娘とわたしの大切な思い出だったんですけど
このたび作品に登場させてみて、なんだかとても不思議です。
当時のじぶんが、救われるような気持ちです。
JUNKO

遅咲きの桜さま
今思うと、真夜中に子どもを連れて公園で花見だなんて
なんて危険な行為かしらと思います。
おかあさん失格です。
現実には透明人間は現れなかったし、さびしくひとりで立ち直りました。
茶川さんもコトーさんも大好きですが
昔のシャープのCM「ねこです」も大好きです。
「エコロジークラスでいきましょう」と言われて「はい」と返事しながら見てました。
社会的意義のある、品のよいCMでしたね。
JUNKO

ヒロミさま
あたたかいおことばありがとうございます。
百瀬太郎はわたしの理想の人物なので、
今まで出あったすてきな人たち(男女とわず)が
少しずつ投影されています。
すてきじゃないところも、いろいろ入っています。
ほころびもある、猫弁さんです。

ささやかで、静かなのに、
          ・・・劇的。

へぇ〜お土産気持ちが入れば,1個でも素敵なんですね〜私は財布がカラに成るまで買うので〜違う友人から借りてまで,買うので帰る予定が変わるとさぁ〜大変!でも〜数じゃなく心がこもっている方がきっと良いお土産なんだろうね〜

おのださま
わたしのささやかな日常が劇的になれるのは
読んでくださるかたの感受性のおかげさまです。
ありがとうございます。

michiさま
おみやげはいっぱいのほうがいいですよ、だんぜん。
その土地のおいしいものとか、ほしいですよ、やっぱし。
でもまあ、250円がうちの夫のせいいっぱいなので…
250円をめいっぱい楽しませてもらっています。

ああ~~~JUNKOさんがまた素敵なものを入手してる~~~。

しかも旦那さまからだなんて…素敵過ぎる。

ほんっとにJUNKOさんのもとには、素敵なものが寄ってくるんですね。

私も、素敵なものが寄ってくる自分でいよう!いや、あろう!いやいや、まずはなろう!(笑)

Kaeさま
たぶんこれ、写真ウツりがいいのです。
ちっちゃいし、しらーっとしたデザインです。
Kaeさんのおうちにも、素敵なものがいっぱいありますよ。
もちろん、お気づきだと思いますが。
疲れたときは、モノに癒されますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/55623898

この記事へのトラックバック一覧です: ふつうがすてき:

« シーン | トップページ | ぼさぼさストライク »