« なの? | トップページ | じわじわと »

2012年10月 1日 (月)

北のカナリアたち

新作映画の試写会に行ってきました。

北のカナリアたち

湊かなえさん原案、阪本順治監督作品。主演は吉永小百合さんです。

阪本順治監督といえば、『顔』も『亡国のイージス』もすごかったし、
デビュー作の『どついたるねん』も大大大好きです。

新作を楽しみに、はりきって試写会場へ行ったら、
会場外になんと監督が立ってらっしゃいました。

わたし、『猫弁と透明人間』で『どついたるねん』のセリフを引用させていただきましたので、
一応、ご挨拶しておこうかな〜、ご迷惑かな〜と迷いつつ、どきどき、おずおずと近づき

「ねこべんにどついたるねんのせりふをホニャララ(途中から頭まっしろ)」
と言ってみたら、

「読みましたよ」と笑顔でおっしゃってくださいました。

わーい!

出版前に、講談社さんを通じて引用させていただくことをお伝えし、
監督に本を送らせていただいたのですが、
お忙しい方ですから、ご本人に伝わっているか、不安でした。
ちゃんと目を通してくださったそうです。カンゲキ!

ドラマ化決定を伝えると、にこにこと、「オウムがしゃべるの?」と。

そうなんです。オウムはしゃべります。「どついたるわい」と。
シナリオに書いちゃったから、たぶんしゃべります。

さて、『北のカナリアたち』ですが、
吉永さん主演作の中で、かなり異色なのではと思います。
まず、ミステリーです。
主役の存在自体が、ミステリーなんです。

Canaria


はっきりとした大きな謎に向かって行くのではなく、
話が進む中でむしろぽろぽろと謎が立ち上がってくるといった構成で、
その謎が少しずつずれながら徐々に解明されていく、
静かなミステリーになっています。

最近多いのが、嫌なものをいっぱい見せられて最後に救われるパタンですが
これは違います。

ところどころで、気持ちが救われるんです。
ぽっとあたたかくなったり、スッとさびしくなったり、するとまたぽっとあたたかくなる。
見たあと、「学校に行きたい!」と思いました。

学校に行きたくなるミステリー。

お子様にもおすすめしたいです。親子でぜひ!

« なの? | トップページ | じわじわと »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

原作の『往復書簡』を買ったのですが、
その前に読んだ『告白』のインパクトにやられて、そのままです。
わたしは、大体、文字(原作)から入るのですが、その逆を試してみようかしらんと思いました。・・・学校に行きたくなる映画、というのが気になります。
学校って、何かの作品になると、なぜか美しい光を放ちますね。不思議です。
一方で、油粘土と給食のにおいがまざったようなイメージでもあるのですが。
・・・阪本順治監督の作品は『ビリケン』が、めっちゃ好きです。岸部 一徳さんの通天閣社長がなんとも。

おのださま
『告白』を読んだとき、登場人物に強い憎しみがわき、
自分の中の悪意を引き出されて、ショックでした。
悪意は幼いもの、醜いものとして、排除し、
自分の中に存在することを許さなかったはずなのに、
「まだあったのか」とがくぜんとしました。
以後、湊さんの作品は読んでいません。
この映画は、原作ではなく「原案」なので、おそらく
かなり違ったものになっているでしょう。
『ビリケン』、未見です!観てみます。

JUNKOさま
ぜひぜひ!とおすすめしたくて、調べたら、
なんと、『ビリケン』DVD化はされていなかったです。
うちにあるのは、VHSソフトです。(デッキは昭和生まれ。)
ネット上のどこかでも観れるかもしれませんが、著作権が気になるし・・・
映画ソフトも、本もすぐに絶版で、くやしいです。
・・・『告白』は、パンドラが箱を開けてしまったときの気持ちかも。
と、思いました。

おのださま
えっ
DVDになってない…
なるほどだからツタヤ常連のわたしが見損なっていたんですね。
ビリケンDVD化しないかしら。
『戦場のメリークリスマス』も廃盤なんですよ。くやし〜
湊かなえさんは、すごいと思います。
人の心を強く揺り動かす力があって。
わたしは負の感情に耐えられず、近づけないです。


初めて投稿させていただきます。
愛すべきヒーロー・百瀬太郎を誕生させてくださってありがとうございます。
小説、ドラマ両方とも大好きです。
こちらのブログも生活の潤いにさせていただいております。
で、うゎご近所だワ、としばらく単行本と文庫本をカバンに入れて歩いておりました。
ますますのご活躍を近所から静かにお祈りいたします。

『戦場のメリークリスマス』ですが、
スカパーが“秋の10日間無料放送”中で、下記の日時に無料放送しますのでお知らせいたします。
 BS255ch 日本映画専門チャンネル (スカパーですがBSです。)
 10月7日(日)11:30~13:50
 字幕付き

泉水さま
ご近所さんですか!
それはそれは…親近感です。
わたしを見かけたら、声をかけてくださいね。
そしてこれからも百瀬をよろしくお願いします。

戦メリ、やるんですね!びっくりしたぁ。
貴重な情報ありがとうございます。
見られるなんて、ドキドキです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/55791884

この記事へのトラックバック一覧です: 北のカナリアたち:

« なの? | トップページ | じわじわと »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ