« 昔の自分 | トップページ | はじめての短編 »

2012年11月12日 (月)

神のお告げ

きょう、神さまから電話がありました。

「しめきり3日延ばしましょう」
 
延びた!
神のお告げだ!
 
するとあ〜ら不思議。
わたしの身長がどんどん伸び始めるではないですか。
あらあらあら…あ〜ら〜
 
わたしはだいだらぼっち。
もうこわいものなんてありゃしません。
Inahi
 
いなもと(猫)なんて、ごきぶり大ですよ。
世界がわたしにほほえんでいる!
やっほー。
 
神さまありがとう。
に替えると担当編集者さんの名前になります)
 
もっといいものに、しあげるぞ〜

« 昔の自分 | トップページ | はじめての短編 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

私には,作家の仕事については知らない事ばかりですので,お訪ねしますが?
作品って,言われた日数で出来る場合と出来ない場合ってあるんじゃないの?
だって人間が普通に考えだす事って100%納期に間に合う事なんて無理じゃ無いの?
それとも納期に間に合う事を可能にする事が普通なの?
途中で,自分の納得出来ない状態で仕上げる事も可能なのかな?
でもそれじゃ〜納得する作品には成らないのでは?分からない事とはいえ〜失礼しました!

michiさま
わたしもまだ作家の仕事がよくわからないのですが(笑)
michiさんのおっしゃる通りだと思います。
自分が納得できない状態では、いい作品とは言えないし、世に出せません。
今回は「少し間に休みをとって、健康第一で」という配慮をしてくださったようです。
話は違いますが、わたしは未熟なせいか、「納得だ!」と思った翌日に
「やっぱ違う」と書き直したくなるので、直しのループにはまります。
締め切りがないと延々やってるかもです…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/56098148

この記事へのトラックバック一覧です: 神のお告げ:

« 昔の自分 | トップページ | はじめての短編 »