« 貯まる…ポスト | トップページ | 昔の自分 »

2012年11月 9日 (金)

夢のがんばり屋さん

昨日は猫弁第二弾のドラマの打ち合わせでテレビ局へ行きました。

帰ってからシナリオをリライトし、
寝る前に「明日は猫弁第三弾の小説の直しをやらなくちゃ」と思ったんです。
小説の直しも今、佳境に入っており、締め切り間近です。
 
ほかにも進行中の仕事があり、やらなくちゃがいっぱいなのですが、
あせることなく、のんきに睡眠。
 
がしかし。
あ〜らたいへん。
てんやわんやで猫弁第三弾を書いています。
夢で、です。
ガシガシ書いています。
書きながら「このシーンは蛇足だ」と気付き、
「だめだそれを書いちゃ!」と思ったら、目が覚める。
 
これを3回繰り返したら朝が来ました。
6時。くたくたへろへろです。
ふだんは寝ている時間ですが、夢のほうがよほど疲れるので
起きて書くことにしました。
 

思えば、やはりプレッシャーなのでしょう。

潜在意識さんはあせっているのです。きっと。
 
でもなんでだろ、起きるとのんきのぶりかえしです。
あせってない。
洗濯とかしてるし、TSUTAYAへ行こうとしてる。
明日は同窓会だっけとか、思い出したりしてる。
ブログなんか書いてる。
それにしてもいい天気。
お散歩したい。
 
夢のがんばり屋さん(JUNKO)に書かせたいけど
あの子は蛇足しかかけない。使えない。
まずはお散歩して、それから書こう。
間に合うのかなぁ。

« 貯まる…ポスト | トップページ | 昔の自分 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

知り合いの小学生が『岩窟王』がおもしろい!と教えてくれました。
しかも、2人たてつづけに・・・「モンテクリス伯」なぜかひそかにブームみたいです。
・・・ドラマ第2弾、今から楽しみです。
百瀬さんの本棚、寄りでじっくり拝見したい!!

おのださま
そうですか!がんくつ王ブーム!
しいたげられた人間の復活劇って、人の心のなにかを揺り動かすんでしょうね。
こどもの頃読んだ物語が、今の子どもたちにも読まれているって
世代をこえた文化の共有で、すごくうれしい。
だって、電話もテレビもトイレも、激変しましたからね。
家族のありかたも子育てのありかたも激変しすぎて「待って〜」って感じです。
「百瀬さんの本棚」って言葉、なんかいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/56074287

この記事へのトラックバック一覧です: 夢のがんばり屋さん:

« 貯まる…ポスト | トップページ | 昔の自分 »