« さよなら、たましい | トップページ | ズボラニン »

2012年12月21日 (金)

へくそかずらの透明人間

年賀状を書いていて思うのですが

2012ってひじょうにすわりの良い数字でした。
2013ってどうも落ち着きがなく、ふにゃっとしています。
 
花で言えば、
2012は薔薇、
2013はへくそかずら。
そんな印象です。
 
その印象は1年後に変化しているかもしれません。
2013が、「しゃきっとして元気が出る数字」に思えるように
よい年にしたいものです。
 
おっとまだ薔薇の年も終わっていません。
とうとう、『猫弁と透明人間』の台本が決定稿となりました!
Neko2daihon

前回は20稿でしたが、今回は13稿で着地点。

いよいよ始動です。
これから現場のひとたちは、も〜おタイヘン。
放送はへくそかずらの年の春です。
お楽しみに。

« さよなら、たましい | トップページ | ズボラニン »

ドラマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

今日は~いよいよ決まりましたか、シナリオまで、写してくださり有難う御座います。
へくそかずら どんな、植物?  見たくなりました  笑
 大山さんの、書いた本がシナリオになり シリーズ化 していったら、凄い事ですね、 ヒットして、ほしいですね。
 続 は、あえて、ヒットは、難しいけれど、 主人公が、魅力あります、 待ってる人が、多いと、思います。
 これから、現場は、忙しくなりますね、時々 ニュースお願いいたします。   吉岡フアン

ヒロミさま
TBSの公式ツイッターも始動したようです!
https://twitter.com/nekoben_tbs
わたしのほうでも何かわかったらお伝えしますね。
書籍は来年第3〜5を刊行予定です。
ドラマのシリーズ化はみなさまの応援が追い風となります。
よろしくお願いします。

うわっ、へくそかずら!
うっかりひっぱって、かいでしまった、あのニオイときたら。
花も実も愛らしいのに。
でも、登場していきなり「チョコレート色の軟体物質」を踏むという
衝撃のデビューを果たしたヒーローには幸先がいいかも。
それにしても「へくそかずら」という名前、
オオイヌノフグリや、バカマツタケとならぶ気の毒さです。

おのださま
へくそかずらとふぐりさんはほんとにお気の毒です。
どちらも花はけなげでかわいいのに。のにのに。
へくそかずらの臭いをかいだことがないのですが
おそらくかいだ人の怨念でネーミングされたのでしょう。
わたしも最近におうんです。
同じ部屋着をずーっと着ていたら、親父臭子となりました。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/56364050

この記事へのトラックバック一覧です: へくそかずらの透明人間:

« さよなら、たましい | トップページ | ズボラニン »