« パーティー | トップページ | 青空に小判 »

2012年12月 2日 (日)

叱責物語

寒いですね。

 
かじかんだ体でいろいろと心配事を抱えながら
近所の道をひとりで歩いてたんです。
のうてんきなわたしも、気持ちが「負!」に傾く時ってあるんです。
負の三乗くらいな感じで歩いてました。
 
すると前から男性が歩いて来ます。
歳はわたしより10か20は上です。
服装は魚市場でセリを終えた魚屋さんという感じですが
魚は持っていませんし、近所に魚市場はありませんので、
そういう服装というだけです。
 
男性はまっすぐにわたしに向かって歩いて来ます。
道には幅がありますので、右か左によって欲しいのですが
男性にはよける頭がないのか、強引にわたしに向かってのしのし歩いて来ます。
顔はやはり負の三乗くらいな感じです。
 
わたしは避けるように体を移動したのですが
男性はわたしを逃がしてくれません。
わたしの真正面に立ち、わたしの顔を睨むと、「寒い!」と怒鳴り、
去ってゆきました。
 
なんですかあ?
わたし、ただでさえ気分悪いのに
なにゆえ気温についてあかの他人に怒られなければならないの?
 
不思議なんですけどね。
しばらく歩くうちに愉快になってきました。
彼はあきらかに寒さに対し怒っていて、
わたしと寒さを共有したかったのでしょう。
 
追いかけて行き、    
「おう、寒いよ! 文句あっか」
これくらい言い返す度量があればよかった。
「この気温で愚痴るなんて、北海道人にあやまれ」
くらい言ってもよかったな。
あんがい仲良くなれたかもしれません。
以前北海道出身の友人が言ってました。
「東京の冬は寒い」って。
外出時の服装に覚悟が足らず、中途半端で寒いのだそうです。

« パーティー | トップページ | 青空に小判 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

本当に寒かったですね。
「夏生まれなので、皮が薄いので寒がりの猫」
というのが宮沢賢治だったかの童話にいましたが、
私も夏生まれゆえ、皮が薄いのかもしれません。寒かったです。
でも、突然、怒鳴られるのはこわいですね。
そういえばわたしも今日、年配のご婦人にしかられました。
「なんでフクロウ眠ったまんまなのっ!!」と・・・

寒いですね。
雨よりも、いっそ雪が降ってほしいな、
と思っています。
でも、寒いのは苦手ですが、冬はなぜか嫌いではありません(笑)

世の中変な人いますよね。私も先日ス‐パ‐で買い物を済ませて、自転車で帰ろうとした時、すぐ横に若者がおっきなオ‐トバイを停めようとしてひっくり返してしまったんです。私はなあんにも関係ないのに、自分で勝手に転んでおきながら、なにやら私にむかって怒鳴ったんですよ。なにがなんだかわからず、ポカンとしていた私ですが、だんだん腹がたってきて帰りがけにちょっことタイヤを蹴飛ばしてやりました。帰り道つらつら考えるに、あの子はきっと恥ずかしくて、私に八つ当たりしたんですね。そう考えたらおかしくなってしまいました。最近キレる人が多いので、怒鳴られるだけですんでよかったかななんて…それにしても変な人shock
もうすぐ「雪猫」発売ですね。楽しみです。きっとほっこりとあったかくなれますねbookhappy01

寒さには〜限度がありますが〜北海道人は平均寒さに弱いです〜
暖かいスト-ブが普通にあるので〜薄着でアイスを食べています.
だから内地に行くと寒さを元に戻す暖房機が無いので困る!
今日の外気温は普通にマイナスですが>>?何か問題でも?

おのださま
そういえば猫は夏生まれが多いですから
冬が苦手なのかもしれませんね。
わたしは春生まれなので花粉に強いのかもしれません?
フクロウ眠ったまま…
それっていけませんかね?
JUNKO

1868さま
冬、お好きなんですね。
わたしは得意じゃありません。
寒いより暑苦しいほうがましです。
でも雪はいいですよね。
きれいです。足元こわいですけどね。
JUNKO
 
武子さま
そのひと、あまえたんですね。
やつあたりって、ほぼ、あまえられる相手にしかしませんから。
発作的に許してくれそうな人に向けられるんだと思います。
タイヤけっとばす、しかもちょこっとなところがかわいいですね。
「雪猫」どうか読んでくださいね。
猫弁とは全然違うので、どう感じていただけるかわかりません。
伝えたい世界を心をこめて書きました。よろしくおねがいします。
JUNKO
 
michiさま
北海道は暖房設備がばっちりで「冬はあったかい」と
聞きました。やはり覚悟が違うんでしょうね。
窓が…薄くて寒くてやりきれないです。
エアコンとホットカーペット、
あとはお風呂に入る事でなんとかしのいでいます。

「まったくだ!」と怒鳴り返すと、感情を共有できたかと(^◇^)

寒い・暑い・眠い・お腹が空いた・トイレに行きたい…と、どーしても不機嫌になりますよね。

今日、娘に「今ママはお腹が空いてて機嫌が悪いから気を付けて!」と言いました。
時々使います、この台詞…娘も慣れたもんで、そう言われるとそっとしておいてくれます(笑)。

Kaeさま
まったくだはいいですね。
そのときわたしもかなり不機嫌だったので
あいづちが打てませんでした。
ひとの怒りを受け止めるには
心が健康じゃないとだめですね。反省です。

今、図書館に来ております。いつもの如く、先ず新着図書案内の12 月購入予定の貼り紙チェックです。
ありましたsign03 雪猫 嬉しくって予約しました〜。
あっ、勿論購入予約もしておりますです。ハイ。
猫弁2冊も図書館でも借りましたhappy01
嬉しくって思わずコメントしてしまいましたbook

武子さま
ええっ!うれしい〜
さっそく今月図書館に入るんですね。
本屋さんにあるのもうれしいですが
図書難にあるのもうれしいです。
わたしったら小説家になったのかしらと思えます。
うれしい情報ありがとうございました!
これからも応援よろしくお願いします。

淳子さま
1ヶ月に購入される本全部が貼り出されるわけではないのです。つまり選ばれた本bookだけなのですscissors
ちなみに、予約一番乗りでした。

武子さま
わー、選ばれた本!
うれしさ2倍です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/56238014

この記事へのトラックバック一覧です: 叱責物語:

« パーティー | トップページ | 青空に小判 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ