« あしたはあずかりやさん | トップページ | ついに本格? 猫弁バラバラ事件 »

2013年5月 9日 (木)

桜のひっこし

連休中、近所の工事がお休みで、とても静か。創作がはかどりました。

日常が戻ってきて、騒音も戻ってきて、音と折り合いつつ
生活しています。
 
夫が言いました。
「桜が切られてしまったよ」
 
驚いて工事中の土地を見ると、あらまあ…
 
市の施設があった土地です。
毎年桜がみごとでした。
工事は桜を避けて行われていたようで
安心していましたが、ついに…イタタ。
 
景色うんぬんでなく、桜って、わたしにとり、
動物や人に近い存在なんです。
心ある命。
だから、人間の都合で切ってはまずいんじゃないか…
そう思ってしまうんです。
じゃあ、杉は? ひのきは?と言われると返す言葉がありませんが、
桜と楠はなんかトクベツなんです。
まったくの個人的感情ですけどね。

夫は「枝が切られるところを見た」と言います。

わたしは見てないから、
「桜はどこかへ引っ越した」と思うことにしました。
 
桜に何を思うかは、個人差があります。
アメリカシロヒトリが発生するし、やっかいな木でもあります。
 
わたしと夫は違う環境に育ち、かなり大人になるまで
別々の人生を送ってきましたが
「桜を思い、胸を痛める」ところは同じなんだなぁと。
親近感。
 
ともだちが本屋さんで見つけてくれて、写真を送ってくれました。
 
Azukari
 
おかげさまで猫弁第一弾の文庫は15刷が決定!
さらにさらに猫弁第三弾『猫弁と指輪物語』も3刷決定!
猫弁シリーズ累計20万部を越えました。
応援ありがとうございます。
 

« あしたはあずかりやさん | トップページ | ついに本格? 猫弁バラバラ事件 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

5月4日のブログの反響は、すごかったですね。

その次のブログへのコメント0(・・;)って。

ぶんぶんさん、反省してますか?

自分も桜には特別な気持ちを持っています。
もし、日本から独立して新しい国を作って初代国王になったら、
国旗は図柄は桜の花をモチーフにしたものを、と思っているほど(笑)

伐らずに、抜いて、 別の場所に植え替え、というわけにはいかなかったのだろうか?
きっと、そう出来なくらい、大きくて立派な木だったのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/57339065

この記事へのトラックバック一覧です: 桜のひっこし:

« あしたはあずかりやさん | トップページ | ついに本格? 猫弁バラバラ事件 »