« はかない夢 | トップページ | 桜のひっこし »

2013年5月 6日 (月)

あしたはあずかりやさん

いよいよあした、あずかりやさん発売です。

今回は書店さん向けに色紙を書いたりもしました。
つたないイラスト付き。
本屋さんで見かけたら、よろしく(何をよろしく?)お願いします。 
 
小説家2年生、小説5作目です。
ポプラ社さんからの刊行です。
講談社の担当編集者さんも楽しみにしてくださり、応援してくださっています。
 
みんなで新米小説家を見守り、育てようとしてくださってる…と感じます。
ありがたいことです。
 
あずかりやさんの表紙ですが、
イラストレーターさんは猫弁、雪猫とそれぞれ違いますが、
デザイナーさんは5作すべて同じ方なんです。
わたしの作品を理解して、内容にぴったりの素敵な本にしてくださいました。
(つまり内容も素敵だとちゃっかり自慢)
 
あずかりやさんを書けたしあわせをかみしめています。
多くの人の心に届きますように。

« はかない夢 | トップページ | 桜のひっこし »

ホン de ぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

『あずかりやさん』を読んだら、
なぜかおいしい汲み上げ湯葉を思い出しました。
・・・あずかっていたミドリガメの落ち着き先が決まったと思ったら、
今度は、小鳥のヒナをあずかることになりました。
毎回、大騒ぎです。
自分の手のひらから生まれたようには、いきません。
わたしは「あずかりやさん」にはなれません。

結局、小鳥は野生のシジュウカラだったので
とても素人の手には負えず、
野生生物保護のプロの獣医さんに託すことになりました。
やっと、獣医さんにつながったときには、
子どものように泣きたかったですが、
前頭葉に空気で耐えました。
百瀬&まこと の苦労が分かったような気がしました。
・・・ちょっぴり『ことり』な気持ちも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/57316252

この記事へのトラックバック一覧です: あしたはあずかりやさん:

« はかない夢 | トップページ | 桜のひっこし »