« お礼と台風とテヌー | トップページ | 医薬部外品ドラマ »

2013年6月 7日 (金)

おかゆのつくりかた

おかゆを作ることにしました。

おかゆはもう20年以上作っていません。
なぜならあまり好きじゃありません。
「おじや」や「リゾット」はお手のものです。
ですが、昨日、おなかに意見を聞いたところ
「おかゆでなければならないと思う」と言うので
しかたなく作ることにしました。
 
わたしは現在の夫と結婚する前に11年の専業主婦歴があり
これはもう立派な花嫁修業にほかならず、
さらに大雑把という性格も加わって
もはや料理するときにレシピは見ません。
 
おかゆは20年前に1回作った記憶があるし、
「水はたっぷりめだよね」
「たしか強火から弱火だよね」
この記憶で作ってみました。

作り始めて30分くらいして、見た目はおかゆになってきました。

もう充分おかゆに見えますが、芯があると嫌です。
スプーンですくって、じっとながめます。
ながめても、芯は見えません。
おなか台風で弱っているわたしは、危険を回避すべく
自分で味見をせず、夫にしてもらいました。
 
「芯あります」と遠慮がちに夫は言いました。
「えっ」とわたしが言うと、夫はおびえたように言いました。
 
「これはこれのおいしさがあるように思え、これはこれでいいような感じもいたします」
 
何をおびえているのでしょう?
わたしはただ完璧なおかゆを食べたい一心なので、
正直な意見が聞きたいだけです。
「芯あり」という情報を得て、なべに水を足し、再び火にかけました。
 
ちょっと悔しいのですが、カンニングしました。
ネットでおかゆの作り方を調べたら、とんでもない水の量なんですね。
かなり見当違いのことをしていました。
 
水を足して再加熱 → 味見「芯あり」
上記を三度繰り返した末、やっとこ芯なしおかゆができました。
障子を貼るときの糊のにおいがしました。
こげつかないよう途中でかきまぜちゃったのが敗因。
 
さて、前の日記のコメント欄を読み、腹の虫をイメージしてみました。
 
Haramusi
 
わたし、どんどん絵がうまくなってる!

« お礼と台風とテヌー | トップページ | 医薬部外品ドラマ »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

お粥が無性に食べたくなりました!
でも、今から作り始めたら、明日の朝になっちゃうなー。
今、食べたいんだよなー。困った(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/57536236

この記事へのトラックバック一覧です: おかゆのつくりかた:

« お礼と台風とテヌー | トップページ | 医薬部外品ドラマ »