« わたしのフェロモン | トップページ | すってみる »

2013年7月 7日 (日)

たなばた

七夕ですね。

みなさん何か願いごとしましたか?
近所のスーパーの笹飾りを見たら、子どもの字で
「すきなひととけっこんしたい」と書いてありました。
結構むずかしい…と言ってみたりして。
 
わたしは今日「いなもとの長生きとわたしの健康」と短冊に書きました。
ここ数年、創作のことばかり願ってきましたが、今年はハズシてみました。
短冊のさいごに日付を書きます。
おや。
「7日7月」と書いてしまいました。S字の校正記号で修正。
部屋に貼り、祈るのみです。
 
先週、あるドラマを見ていたら、「子育てはたいへん!」なシーンが続き、
思い出すことが多々ありました。
見終わったあと、夫を仕事部屋から呼び出して、言いました。
 
「子どもって、こちらの都合に関係なく泣くし、ころぶし、叫ぶし、
熱を出すし、怪我をする。子どもに罪は無く、一生懸命育ってるだけ。
だから当たっちゃいけない。こちらの忍耐を試されるんだよね」

語っているうちにどんどん饒舌になります。

「まずは夜泣きの洗礼で、ツキモノが落ちるんだよ。
こちらの計画とか、心構えとか、つもり、みたいなものは
さーっと捨てて、ポジティブにあきらめるというか、
小さな命の尊さを優先し、寄り添えるようになるんだ」
 
すると夫が言いました。「知ってます」
 
わたしは言い返します。
「結婚したとき娘は小5だったんだから、
 子育てを経験したうちに入らないよ。
 赤ちゃんってほんと、傍若無人なんだから」
 
夫は「今、経験していますよ」と言い、仕事部屋へ消えました。
そういえば仕事中だっけ。
 
……。
夫の短冊に「妻がおとなになりますように」と書いてあったら怖い。
 
今日で十歳のいなもと
 
Ina0707b  Ina0707a
 
何かひとつ、夢がかなったかな?
(わからない方は『雪猫』をお読みください)

« わたしのフェロモン | トップページ | すってみる »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

あははは(^◇^)
旦那様に一本取られましたね~。

…ウチのダ~そう思っているだろうなぁ。。。
私はよく新聞を読んでいるダ~に話しかけることがあるのですが、
ダ~は黙って今読んでいる部分に指を置いて顔を上げ、
とりあえず私の話を聞いてくれます。
一通り私が話し終えると、また黙って指を置いていた部分から読み始めます。
大人です。

いなもと、もう10歳なのですね。
どんな願い事にしたんでしょうね。
夜中に飛んだりしてるのかなぁ(*^_^*)

こんにちは。
旦那さま、私の中では百瀬さんとイメージが重なってしまっています。
ということはJUNKOさんは杏さんでしょうか(^-^)

こんな事書くと,怒られるかも知れないが,子供は小さく可愛いので,保護する気持ちが出る!
子犬だって子猫だって,あの可愛い目がこちらを見つめて訴えるから,必死に育てようと思う!
自然の摂理です〜でもね〜大の大人が意味も分からず?仕事の手を止めたり,好きな事を言い出すのは!
旦那さん〜偉い!私は陰ながら応援していますよ!旦那ファンより

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/57741363

この記事へのトラックバック一覧です: たなばた:

« わたしのフェロモン | トップページ | すってみる »