« 閉じることができたなら | トップページ | おそと珈琲 »

2013年9月26日 (木)

『猫弁と透明人間』再放送のお知らせ

9月27日(金)よる9:20からTBSチャンネルです。

よろしくお願いします。

百瀬太郎役の吉岡秀隆さんを初めてなまで見た(なまって言い方も変ですが)のは
映画『海は見ていた』(2002年公開)の完成披露試写会の舞台挨拶でした。
わたしは当時フリーライターで、映画の紹介記事を書いていて、
試写会や製作発表の会場に、記者として参加していたんです。
わたしの席は舞台から遠くて、よく見えませんでしたが、
白っぽいような、明るめのスーツ姿だったような記憶です。
 
次に拝見したのは、映画『四日間の奇跡』(2005年公開)の完成記者会見で、
大きな会場で、黒っぽいスーツ姿でした。
吉岡さんは静かなたたずまいでした。
主役なのですから何かお話なさったはずですが、
控えめすぎて、覚えていません。
東映のプロデューサーがこの映画について、
「欲はかかんの奇跡」と親父ギャクを言ったのが印象的でした。
 
吉岡さんは来年公開の映画『小さいおうち』にご出演されますね。
原作の小説は刊行されてすぐ、かわいい装幀に惹かれて、読みました。
大筋は覚えてるのですが、ところどころ忘れています。
このうろおぼえ状態で、映画を見たいです。
映画の公式サイトを見たら、
吉岡さんは明治のイケメン文豪・芥川龍之介みたいなヘアスタイル。
素敵ですね。

もちろん、猫弁の髪くるくる丸めがねスタイルもお似合いです。

ドラマ『猫弁』は終わることなくどんどん続く。
それがわたしの願いですし、実現させたいと思っています。
 
わたしは映像界でも書籍の世界でも、あまちゃん(新人)です。
「良いものを書けば通用する」と子どものように信じています。
未熟な腕を一生懸命磨いて、良いものを目指します。
できることからひとつひとつ、がんばります。
努力はその1割が叶えば大成功だと思っています。

« 閉じることができたなら | トップページ | おそと珈琲 »

ドラマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント


いつもお伺いしながら、~  ご無沙汰しています。
 お元気になられて、うれしいです、
 猫弁は、 こんどの、1冊で、終わりと、聞きましたが、  猫弁を、書いた作家、と、思いながら、今後の、作品を、
 楽しみに、読んで、いきたいと、おもいます。

 私は、吉岡秀隆さんの、古いフアンです。
 舞台挨拶の、模様を、書いてくださり、嬉しかったです。   私もよく舞台挨拶は、出かけますが、 いつも
 控えめな、方でした。   今度の 山田監督作品 小さいお家  を、楽しみにしています。
 芥川竜之介 に、似た髪型  そうかもしれませんね、確かに~~

 再放送のお知らせ有難うございました。   猫弁 3 の、映像が、決まりますよう、  祈っています。
 ネットでは、 猫弁フアンが、多いですよ.   楽しみにしているフアンを、喜ばせて、下さい。

今、何度めかの透明人間、見終わりました。再放送の TBSチャンネル、我が家のテレビでは 残念ながら視聴できないんです。HDDとDVDに保存していても、やっぱり リアルタイムでも、見たいというのが、ファン心理なんです。
吉岡さんの舞台挨拶の様子、嬉しく読ませて頂きました。ありがとうございます。
あまりにも控えめすぎて、舞台挨拶で、スタッフと間違われたことも、あったとか…
ファンとしては、ちょっと歯痒くもあ
りますが、そんな謙虚さが 吉岡さんの魅力でもあり、大好きなんです。
来春は 小さいおうち、ブッダの舞台挨拶でなま吉岡さんに 会いに出かけるつもりです。
猫弁と指輪物語、少女探偵のドラマ化、絶対ありですよね。
祈っております。

お久しぶりです。
あと一作で猫弁が終了するというので、
美味しい物は最後の方に食べる私は、
やっと、少女探偵を今日買いました。
東野圭吾さんの夢幻花も読みかけのまま
これから少女探偵を読みます。

5作目はなるべく遅く出版して欲しいです

プロデューサーとスタッフの件ではバランスが大事ですよね。

スタッフの自己満足なだけの作品も駄目ですが、プロデューサーのゴリ押しな映画も駄目ですね。

企画だかプロデューサーのゴリ押しといえば映画「おまえうまそうだな」がそうだと思います。

あの映画はプロデューサーの「とにかく女の人が泣ける映画を作って欲しい」という要望を出してました。

もっともスタッフ側は「泣ける題目だけで1本の映画作るのに抵抗がある」「アクション物も作りたい」「世界観云々」と考えていたらしいのですが。(そもそも「自然と泣けてくる物」と「いかにもな泣かせ物」は別物なんです。絵本だって泣けると言われてますが、自然と結果的に泣けるという印象です。)

絵柄にしても、推測ですが「本当はもっと違うデザインでやろうと思ってたけどポケモンみたいにしろと頼まれて仕方なくやった」という可能性だってあります。「こんなキャラだけどアクションをやってやる」という意地とかで

http://bunbunbin.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-fa13.html?cid=81988158#comment-81988158にもコメントしました。
答えにくかったらすみません。

たまたま通り抜けた商店街のとある店先で、
金魚が店番をしていました。
紅白も麗しく和の風情全開で、
「ジョニー」という名札を付けていました。(金魚鉢に)
これ、大山さんの世界のヒトかも・・・と思ってしまいました。
杉山とか、帆巣とか、ミスター・クリスティとか、
そんな中にまぎれていそうな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/58166778

この記事へのトラックバック一覧です: 『猫弁と透明人間』再放送のお知らせ:

« 閉じることができたなら | トップページ | おそと珈琲 »