« 重版&重版 | トップページ | 百里を行くもの »

2013年9月13日 (金)

目から食べる

遅い夏休みをとり、一泊ですが、涼しいところに行ってました。

Karu_j
 
なにもせずに休むのが目的です。
宿にはテレビもありませんし、静かです。
木に囲まれていると、脳にすーっと酸素が行き渡る感じ。
滝やら池やらわき水が多い土地で、水と木をいっぱい見ました。
自然を目から食べた。
 
Karu_ogawa
 
Karu_kinoko
 
たまごからかえったきのこ?
毒きのこかもしれないけど、目から食べたから平気。

Karu_neko

猫も目から食べた。
不機嫌な猫で、このあと自動販売機の下へ消えて行きました。
『避暑地の猫』という小説を思い出します。宮本輝さんの。
怖くて凄いお話でした。
 
この旅で自信がつきました。
たくさん食べられたし(口からも)、思ったよりも歩けました。
娘とのふたり旅で、夫は猫とお留守番。
家族の助けがあって、実現できました。
 
さあ、今年後半、がんばろっと!

« 重版&重版 | トップページ | 百里を行くもの »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/58184729

この記事へのトラックバック一覧です: 目から食べる:

« 重版&重版 | トップページ | 百里を行くもの »