« ドラマ再放送のお知らせ | トップページ | 哀しむ才能 »

2013年10月27日 (日)

『ひだりてさん』は本格ミステリかどうかの問題

もう気付いてくださった方もいて、ありがとうございます。

新刊のお知らせ(11月1日発売)

猫とわたしの七日間』ポプラ文庫ピュアフル。

6人の作家のアンソロジー短編集です。
わたしはトリをつとめます。年齢順ですって(うそです!)
 
猫、一週間、ミステリー。
この3つが作品の共通性です。
 
依頼されたとき、
「わたしにミステリーなんて書けるかな」と不安になりましたが、
考えてみたら、猫弁ってミステリーでした…っけ?
 
デビュー以来ジャンルを意識せずに書いてきましたが、
今回はアンソロジーなので、勝手をしちゃいかんと思い、
ミステリーをばりばり意識しました。
 
タイトルは『ひだりてさん』。
 
タイトル、ゆる〜。
 
舞台はあずかりやさん。
5月に刊行した『あずかりやさん』のスピンオフです。
『あずかりやさん』を読んでないかたも、楽しめます。
『ひだりてさん』はいずれ雑誌asta*にも掲載される予定。
 
大山初の本格ミステリ(自称)。
ぜひ『ひだりてさん』を読んで「ほんまや」「うそつけ」など
ご判断ください。
 
ちなみにわたしの左手は現在肩より上に上がりません…。
乙女肩(うそ)。乙女しかかからない病です(うそを重ねてみた)。
 

« ドラマ再放送のお知らせ | トップページ | 哀しむ才能 »

ホン de ぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/58403474

この記事へのトラックバック一覧です: 『ひだりてさん』は本格ミステリかどうかの問題:

« ドラマ再放送のお知らせ | トップページ | 哀しむ才能 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ