« 哀しむ才能 | トップページ | 季節外れのモスキート »

2013年11月 1日 (金)

猫とわたしの七日間

Nekonana

 
いよいよ本日発売です。
アンソロジーで、猫的ミステリがずらり。
わたしの『ひだりてさん』はトリです。
どうぞよろしくお願いします。
 
あいかわらず創作の日々です。複数平行してますが、
どうにも歩みが遅い作品があるんです。
ほかが卒業してゆくのに、その子だけ留年してますよ。
書きかけてやめる…って経験ないし、
その子のこと好きだし、書けないはずがないという思いがあります。
でも遅過ぎ。
 
その子についてマジ考えてみました。
3分くらい(カップラーメンか?)。
思いつきました。
 
そうだうしろから書こう。
 
やってみると新鮮です。
ときどき、まんなかも書いて、前もテコ入れ。
名付けてまだら書き?
小説パッチワーク?
 
ゲラチェックのときは、うしろから直すってわたしはよくやります。
思わぬミスに気付きますし、構成を見直すにも便利です。
なんせ、落ちを見てから伏線に入るんですからね。
 
創作の段階でやるのは初めてです。
さあて、卒業できるかな?
 

« 哀しむ才能 | トップページ | 季節外れのモスキート »

ホン de ぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/58486908

この記事へのトラックバック一覧です: 猫とわたしの七日間:

« 哀しむ才能 | トップページ | 季節外れのモスキート »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ