« なにゆえ赤い | トップページ | 一時間のチカラ »

2014年1月30日 (木)

ごー、える!

電子レンジの扉を開けたら、マグカップがあって、中にヨーグルトが浮かんでいました。

ミルクをあたためようとして、忘れていたようです。
いったい何日経ってるんだろ?
ちゃんとおいしかったです。←うそです。捨てました。
 
父は…と書くべきですが、
今日はおとうさんと書きたい気分です。
 
おとうさんはとても深く眠ってしまい、声かけしても起きないので、
救急車に来てもらいました。
ICUに入り、いろいろしていただきましたが、
その日は目を覚ましませんでした。
 
翌日、おとうさんは深く眠り過ぎたことに気付いたようです。
手をにぎると、強くにぎり返してきました。
「おとうさん、じゅんこだよ」と声をかけると、
酸素マスクの向こうで、「ごー、える!」と言いました。
 
「じゅんこ、うちに帰る!」
わたしにはそう聞こえました。
 
お医者さまがもっといろいろ良くしてくださるとおっしゃるので
うちに帰るのはまだ先になりそうです。
 
帰り道、夕陽がみかん色をしていました。
今年は楽天家を目指そうと思います。
 
 

3月出版予定の新作ですが、読者モニター募集があるそうです。

まだ先です。2月の中旬くらいでしょうか(あてずっぽう)、
募集が始まったらこのブログでもお知らせしますが、
講談社のメルマガに登録していただくと、お知らせが届きます。
みなさん日々お忙しいことと思いますが、
ご協力いただけると助かります。よろしくお願いします。

« なにゆえ赤い | トップページ | 一時間のチカラ »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

にぎり返してくれたなら、大丈夫です。

あまりにもいろいろありすぎるときは、
普通にきちんと、着替えて、ご飯を食べて、顔洗って、歯磨きすると
道が開けるような気がします。

やっぱりウチがいちばん良い。
お母さんが急性腎不全でHCUに入ったころ、仕事後に毎日付き添い
心もヘトヘト、猫が癒しでした。
今は慢性化して透析通いですがまぁまぁ元気・・・
『猫侍』ご存知ですか?
BS8チャンでやっていたTVドラマですが、なかなか萌えます。
映画化されるようなので観に行こうかどうか思案中です。
やっている映画館がそんなにないので(笑)

私はもうここ何年も「おとうさん」「おかあさん」と呼んでいません。
名前で、さん付けで、呼んでいます。
…ということに今気づきました。

にぎり返してくれた手の感触を想像しています。
楽天家のJUNKOさんも想像しています。
私も楽天家めざしてみようかな。

いろいろあって朝からため息ばかりでしたが、
とりあえず、お風呂に入って来ようっと!
確かに、日常生活をきちんと普通におくるって、大切だと私も思います。

いろいろあり過ぎて身体も頭も心もグルグルヘトヘトになると、
いつもふと思い出すのが、
猫弁先生がカーテンを繕って使っているということです。
そのことを思い出すと、ちょっと落ち着く。変なの。

家族が入院していると通って付き添うのは大変ですが、病室の狭いスペースでまったり過ごすのも、後々考えるとそう悪くないと思えます。
やはり病状が思わしくないときは、医師や看護師がいるほうが安心できます。
私の家族も3月に入院、手術します。
簡単なものですが、全身麻酔でもあり心配です。
仕事もありますが、できるだけ付き添って、ともにのんびりとした時間を過ごしたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/59033312

この記事へのトラックバック一覧です: ごー、える!:

« なにゆえ赤い | トップページ | 一時間のチカラ »