« 玉男 | トップページ | なにゆえ赤い »

2014年1月22日 (水)

万能と閉塞

今年はお年玉年賀はがき、一枚も当たりませんでした。

人生初0。
子どもの頃から1〜2枚は当たっていて、
ここ数年は3枚当たりが続きました。
3等の切手シートですけど、当たるとうれしいです。
今年は0。
なんと夫も0だったそうで。
我が家、運を持ち越したということで、なにかいいことあるでしょうか。
 
創作は苦しい段階に入りました。
この状況はおそらく一ヵ月以上続くでしょう。
ラストにたどりつけるかな。進んでない気がする。怖い。
思えば去年もこの繰り返しで、一作一作、恐怖と戦いました。
やってもやっても自信はできず、
「難しい」と感じる気持ちが膨らんでゆきます。
 
さいきん、NHKのドラマ『紙の月』を見ています。
主婦が銀行でパートを始め、少しずつ社会とのつながりを持ち始め、
小さな幸福感からふと横領に手を染めます。
やがて億の金をだまし取る。
「万能感」という言葉が出て来ます。
彼女はある瞬間に「万能感」を感じるのです。

新鮮な言葉で、心に残ります。

なんでもできる。どこだって行ける。わたしは自由だ。
このドラマを見て初めて
「ああ、そういう感じってあるんだろうな」と想像することができました。
 
わたしは万能感を持ったことがありません。
閉塞感ならありますよ。
そこからちょっとはみ出せた時に、喜びを感じます。
 
閉塞閉塞、ちょっと足出る、閉塞閉塞、ちょっと手が出る。
その繰り返しです。
万能感ではなく「はみ出し感」です。
 
でんでん虫の歌に似ています。
「つの出せ やり出せ めだま出せ」
でんでん虫は走れないし、空も飛べない。
でも、つのは出すことができて、「やったぜ!」と思ってる。
わたしの場合はそれで充分幸せです。
 
万能感は想像するに、無重力空間を浮遊するような感じがして、
その不安に耐えられそうにありません。
 
このクールは『福家警部補の挨拶』と『紙の月』と『僕のいた時間』を
観ています。どれもよくできていて、脚本も演出もいいなあと思いますが
あとのふたつは胸がしめつけられる内容なので、
神経が疲れている現在、どこまで見続けられるかしら。
元気をもらえるのは朝の『ごちそうさん』ですね。
すばらしい脚本です。

« 玉男 | トップページ | なにゆえ赤い »

ドラマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

『ごちそうさん』私も観ています!
ほのぼのした中にも様々な出来事が展開されて面白いです。
あと、欠かさないのは『相棒』、もう世間の定番的ともいえますが
土曜サスペンスかな?2時間ドラマの初回から観ています。
長~く続いているので面白い時、私にはイマイチかなって時、色々ですが
今日は「右京さんの友達」がタイトルなので興味津々。
右京さんに友達いるのか?ここ一点が気になります。
”万能感”はゼラニウム(アロマ)を香ったとき。
脳にスゥーと染み渡って何だか落着くのと、ハイになるのと入り混じった気分になる。
ネットで調べるとうつ、ストレス、更年期に効くらしい・・・
今、私のブームです。
眠る時、精油を小さいタオルに数滴しみこませ、眼と鼻のあたりにのせています。
長くなりました、すいません、このあたりで失礼します。

一時期、お隣の国のドラマにはまっていました。
はまるきっかけになった、最初に見たドラマに、「かたつむりは、結局行きたいところに行く」という台詞があります。
マイペースでもやり遂げる、という意味でしょうか。
悩まないで出来た仕事は記憶に残りません。
私は今、胃腸の不調に悩んでいます。自分ではストレスのせいだと思っています。
私の名前も、胃腸不調時にお世話になっているものです。
これを乗り越えたら、また懐かしく思うことができるのかな?
あの日々があったから今があると思えるかな?
もう少しがんばります。

義母を送ったので、今年の年賀状は1通でした。
この枚数で当たっていたら、どうしよう、と本気で心配でしたが、
当たっていませんでした。
…万能といえば、万能ネギ。
食べても、特に万能感はわきませんが、酢味噌和えがおいしいです。
…ドラマも小説も、荒唐無稽でもいい、フィクションだからこその方法で、
現実社会でふんばっているひとたちに、
よりそってほしいです。

自分は創作系の人間ではないのですが、一緒に仕事をしていたデザイナーの先輩も言ってました。 怖いって。

表現する仕事って、ほんと大変ですね。

猫弁のドラマから小説に入って、他の作品も読ませて頂いていますが、次回作楽しみに待っています。
先生の作品は、どこか救いがあるというか、温かい気持ちにさせてくれます。

早く閉そく感からはみ出せますように!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/58973335

この記事へのトラックバック一覧です: 万能と閉塞:

« 玉男 | トップページ | なにゆえ赤い »