« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

さすがにだめです!

父はまだ救命病棟にいます。

昨日は会ったとたん、
「逃げ出すつもりだ」とわたしに言いました。
「ここを出て、うちの風呂に入る」と言うのです。
膝を立て、体をよじり、掛け布団をはがします。
 
よくしてくださる病院で、体を拭いたり、着替えたり
まめにしてくださっているので、汚れてはいません。
見るからに、清潔なのですが、
父は「熱いお湯にざば〜ん」を夢見ているようです。
 
理学療法士の方が、ベッドから降りる練習をしてくださっている時、
父は力が入らず、寝返りもうてません。
「逃げ出してお風呂」というモチベーションがあると
身をよじることができるんです。
 

続きを読む "さすがにだめです!" »

2014年2月23日 (日)

こものの証明

ソチ五輪はニュースで時々見てますが、

競技はフィギュアの一部しか見ていません。

一番の衝撃はプルシェンコの棄権劇です。
演技直前に腰に手をあてて悩みながらすべりを確かめ、
ギブアップ!というように両手をあげた姿が
ふしぎと今までで一番かっこ良く見えました。
目をふせてリンクを去る姿もすてきでした。
 
光っている人は、落ち込んでいる時も光るんだなぁ。
いや、違う。
ダメな時に美しい人こそ、本物のヒーローなのかも。
なーんて思ったり。
 
浅田真央選手の言葉で印象的だったのは、
ショートで失敗して、フリーに臨む前、
「緊張するってことは、集中してないってことに気付いた」
と、のちのインタビューで話していました。
これってすごい発見ですよね。
ニーチェやゲーテみたいな、金言。
 
『すぎたる緊張は集中力の欠落より生まれる』byニーチェ(うそ)それらしくないですか?
 
失敗から逃げず、自分の負の部分をしっかり見つめることが
問題解決につながるのでしょう。
優れた人はきっとそうやって一段一段上がっているんです。
 
わたしだって負の部分を見つめることは日々やっています。
結果「げんなりして萎える」という流れが小物の証明。
 
プルシェンコに話は戻ります。
過去の演技をすべて見たわけではないけど
一番印象的だったのは、まだ少年だった頃、
民族衣装を着て踊りまくっていた姿。
 
赤い派手な衣装で、たしか帽子もかぶっていたから、
エキシビションだったのかな、
あまりに自由自在に滑るので、小さな体の大人に見えました。
うますぎてだまされている気がした。
プルちゃんトリック。
 

2014年2月20日 (木)

イーヨくんの似顔絵

『イーヨくんの結婚生活』表紙絵の原画をいただきました。

Iiyo_1
 
描いてくださったのは笑達さん。
京都在住の似顔絵作家さんで、現在はヨーローッパを旅して似顔絵を描いている模様。
お会いしたとき、太陽みたいな印象のかたでした。
 
これからイーヨくんを壁にかけます。
かけました。
部屋が明るくなりました!
Iiyo_2
 

続きを読む "イーヨくんの似顔絵" »

2014年2月16日 (日)

落としもの

現在、猫弁完結編を執筆中です。

小説家になって昨日で2年経ちました。
自由にのびのびと書かせていただいてます。
ありがたいことです。
 
『あずかりやさん』のときは「商店街に一軒お店を持ってください」という
オーダーがありました。条件はそれくらいです。
 
新作『イーヨくんの結婚生活』を書き終えたときは、
自分の中の階段をひとつ登れた気がして、ささやかですが
達成感がありました。でもジャンルとかよくわからなくて、
「これって何だろ? ニンゲンばなし?」と不安でしたが、
編集者さんが「ミステリーになってますよ」とおっしゃったので
きっとそうなってます。
ただもう、書きたい世界を一生懸命書きました。
 
さて、次。
書けるのかな? 猫弁完結編。
まいど「書けるのか」との戦いです。
怖い。
6月刊行がユルく決まっています。
 
最近のわが家はお布団敷きっ放し、
床に原稿やら服やらばらばらと落ちていて、拾って着てます。
書き終えたらわたしのヌケガラが落ちてるかも。
そしたら拾って着ます。

2014年2月14日 (金)

じゃないよ

父がわたしに「水が飲みたい」と言いました。

こんなにはっきり意志を伝えてくれたのは入院以来初めてです。
父は今も危険な状態が続いており、「禁食」です。
 
わたしは無理を承知でお医者様にお願いしました。
「ひとくちでいいので、水を飲ませていただけませんか」
お医者様は言いました。
「家族の手から水を飲むことが活力になるでしょう」
 
看護師さんは吸い飲みに水を入れ、氷をひとつ浮かべてくれました。
それを受け取り、わたしの手で父に水を飲ませました。
おそるおそるでしたので、タイミングが合わず、
時々空気を飲ませてしまいました。
 
父に「だいじょうぶ?」と聞いたら、
「だいじょうぶじゃないよ」と言いました。
 
そうですよね。
救命病棟にいるんです。
だいじょうぶじゃないです。
 
水を飲んだら満足したのか寝てしまいました。
すうすう、寝ています。
ここ何日かの状態を思えば、
すうすう寝られるだけで幸福だと思えました。
 

続きを読む "じゃないよ" »

2014年2月12日 (水)

『イーヨくんの結婚生活』モニター募集

3月刊行予定の『イーヨくんの結婚生活』、

読者モニター募集が始まりました。
 
講談社メルマガ号外にてご確認ください。
応募フォームにはプルーフの画像が載っています。
 
応募締め切りは14日です。
 
あらもうすぐ!バレンタイン締め切り!
 
みなさまの大切な時間を少し割いて、
イーヨくんの世界を覗いてみてくださいませんか?
 
感想をいただける方という条件があります。
 
誤字ゼロ目指していますが、残っていたとしたら
ご指摘いただけるとたいへんありがたく思います。
 
モニターのみなさまのご意見を元にブラッシュアップして
3月18日刊行となります。
どうぞよろしくお願いします。

2014年2月11日 (火)

チョットデキル!

せっかくのソチですが、忙しくてほとんど見られません。

向田邦子氏はテレビを見ながら脚本を書いたそうですが
わたしはナガラで書けません。
エアコンの音だけが響く部屋でシーンと創作しています。
 
見舞いと創作。これで手一杯。
今回のソチは、プルシェンコだけ、見ています。
 
このひとの演技を見ていると、生きる喜びを感じます。
エッジがどうとか、回転がどうとか、軸がどうとか
どーでもよくなって、遠い世界へ連れて行ってくれる。
映画『ピンポン』で、ペコとドラゴンが戦った時みたいな、
すがすがしい異空間を味わえます。
 
審査員、プルシェンコに「点」を付けるなんて、よくできるなぁ。
恐れ多くないんでしょうか。
ファンとして高得点はうれしいけど、でも、
あの演技に点なんて意味ない、って思っちゃう。
 
白鳥のように華麗だし、ヒバリのように陽気だけど、
実はあちこち故障して、手術もいっぱいして、
満身創痍のプルシェンコ。
 
何年か前、彼は日本語を覚えて
「ワタシハ、スケート、チョットデキル」と言いました。
 
彼のどこか脱力したキュートな笑顔を見ていると、
わたしも疲れてちゃいけない、
まだできる、もっとできる、がんばろうって思います。
 
ワタシハ、ショーセツ、チョットデキル!
 
それにしてもプルシェンコを見るのは至難の技で、
日本のテレビって日本の選手ばかり放送します。
LIVEですべてを見ることができない人のため、
せめて上位3位まではきっちり見せて欲しい。
 

続きを読む "チョットデキル!" »

2014年2月 8日 (土)

おーゆき

本日東京は雪景色です。

いやもう、おーゆきですっ!
受験生のみなさん、だいじょうぶかな?
誰も怪我しませんように。
雪にインフルエンザにノロ。
なんで受験って冬なんでしょうね。
でもそれだけに春の桜はいっそううれしいものです。
 
そういえば今年の麻布中学の受験問題に
『ミスター・クリスティ』が使われたとか?
これは『あずかりやさん』に収録されている短編です。
うそみたい。ほんとかな?
過去問題集を見るのが楽しみ。
わたし、解けるかな?
 
あら? いつのまにソチ?
 
あ!この日記をUPしてしまって郵便受けを見たら
麻布中学からご丁寧なお手紙届いていました!
ほんとうに出題されたんですね。
なんだかじんわり…うれしいです!

2014年2月 5日 (水)

雪と音楽とラベンダー

昨日、父の見舞いのあと、タクシーに乗りました。

ふっと、良い香りがします。ラベンダーの香りです。
そしてオルゴールでしょうか、『いつも何でも』の曲が流れています。
『千と千尋の神隠し』の主題歌です。
 
香りは脳に、曲は胸に、すーっと染み込みます。
外を見ると、雪景色がきれいです。
 
「おかあさん、木が白いよ」
「まあ、ほんと。きれいねえ」
 
父が入院しなかったら、母と雪景色を見ることも
なかったでしょう。
 
いつもは自分で運転しますが、雪なのでタクシーにして、ラッキーでした。
その運転手さんはヘルパーの資格を持った方なので、
病院帰りのひとの気持ちを考えた、おもてなしの心で
香りと曲を用意してくださっているのでしょう。
 
家族が入院するのは初めてではありません。
そのつど、いつも見過ごしていたささやかなことが目にとまります。
たいてい美しくて、たいてい良いものです。
 
 

続きを読む "雪と音楽とラベンダー" »

2014年2月 2日 (日)

一時間のチカラ

朝起きたとき、「あ、やばい!」と思いました。

疲れが半端ではない。
これはあれだ、大リーグボール養成ギプスをはめた感じだ!
再度寝ました。
一時間後に、ギプスははずれていました。
(※『巨人の星』に出て来ます)
 
教訓。睡眠一時間をあなどるな。
 
3月発売の『イーヨくんの結婚生活』のゲラです。
タイトルは
『イーヨくんの奇妙な結婚生活』に始まって
『イーヨくん』を経て
『イーヨくんの結婚生活』に落ち着きました。
 
Gera_iyo

続きを読む "一時間のチカラ" »

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »