« こものの証明 | トップページ | 足るものに »

2014年2月27日 (木)

さすがにだめです!

父はまだ救命病棟にいます。

昨日は会ったとたん、
「逃げ出すつもりだ」とわたしに言いました。
「ここを出て、うちの風呂に入る」と言うのです。
膝を立て、体をよじり、掛け布団をはがします。
 
よくしてくださる病院で、体を拭いたり、着替えたり
まめにしてくださっているので、汚れてはいません。
見るからに、清潔なのですが、
父は「熱いお湯にざば〜ん」を夢見ているようです。
 
理学療法士の方が、ベッドから降りる練習をしてくださっている時、
父は力が入らず、寝返りもうてません。
「逃げ出してお風呂」というモチベーションがあると
身をよじることができるんです。
 

もし今、こっそり父を連れ帰り、お風呂に入れたら。

父の命はないでしょう。

そしてわたしは過失致死罪? 保護責任者義務違反?
それでも、「やってみたい」と思ってしまう自分がいます。
 
「おとうさん、立てないじゃん。逃げられないよ」
「ふーん、そうか」と父は意外と素直に納得します。
「水が飲みたい」と言うので、持って来たお茶を
吸い飲みに入れて飲ませました。
 
すると父は「うまい!」と目を輝かせました。
「これは魔法の味がする!」
「ウイスキーに似ている!」と大絶賛。
 
たしかに色は似ています。
『爽健美茶』です。
ちなみに「ノンアルコールビール飲ませていいですか」と聞いたら
さすがにだめです!」と看護師さんに叱咤されました。
ごめんなさい。
 
現在『イーヨくんの結婚生活』の仕上げと
『猫弁と◯◯◯』(完結編)の創作を平行してやっています。
わたしは専業作家ですが、今年に入って家族に割く時間が増大。
それでも創作のペースは意外と落ちません。
今までさぼってたのかな?
へんだな〜。

« こものの証明 | トップページ | 足るものに »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

相乗効果なのでしょう。
ある意味互いに気分転換になっているのかもしれません。
当初は意志疎通もままならなかったお父様が、話題のタネをふりまいておられるのですね。

私は今、忙しすぎて出費も重なって神経が尖ってマス。家族は私の状況は無視で、好き勝手言ってやってマス。

3月末に家族が手術、入院しますが、その頃、泊まりで遊びに行こうと別の家族が言います… イヤイヤイヤ、、、

爽健美茶は確かに美味しいですね。
十六茶もうなっちゃいます。

湯船につかりたいですよね。
毎日入っていても、入ると、っうー…、ってうなっちゃいますもん、私。
極楽ここに有り、と。

随分前に高尾山に登ったとき(険しめのコースを選択)頂上で飲んだ水が何故か、とっても甘く美味しく感じたことがあります・・お父様も爽健美茶、本当に魔法の味したのだなぁと思いました。
会社で隣の席の男の子がチョコボールを一つくれました(笑)、で、キョロちゃんにマネージャーがいたのご存知です?エンゼルマークが気になるとこですが、逆の底のふたを開けると何やらキョロちゃんズというグループが結成されていてキョロマネと紹介がありました。まぁ、それだけのことですが、ちょっと面白かったのでご報告・・。
ちなみに、また随分前に他界した祖母が入院中にウチに帰りたいとベットが窓側だったので、カーテンを登ったことがあります、うーんスゴイ腕力底力!おウチの魅力バンザイ!(ホントお手あげでした・・)

病院のベッドの上では、
外の世界のなにもかもが、光輝いて見えます。
カラ元気でお医者様をだましてでも脱出を図りたくなります。
一刻も早く出て、コンビニ一軒買い占めてやる!などと野望に燃えてしまいます。
しゃばけ is power!!で、ございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/59203860

この記事へのトラックバック一覧です: さすがにだめです!:

« こものの証明 | トップページ | 足るものに »