« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

6月は猫弁祭

明日から6月ですね。

子どもの頃は、6月と言えば衣替えで、
まだ肌寒いのに半袖を着せられてふるえていた記憶があるのですが
今の日本は真夏の気温ですね。あちーです。
 
6月は猫弁関係の出版が3つあります。
まずはじめは『猫弁と指輪物語』文庫版!
14日発売です。
 
書店プロモーション用展示台とPOPができあがりました!
じゃじゃん!
Nekoben3pop
 
文庫1〜3を並べて平積みしてください的な作り!お願いします、書店様!
 
Nekoben3pop_up
 
『惚れた!惚れたぞ!みんなを幸せにする百瀬太郎』と書いてありますぞ。
こうしてみると、傑作を書いたような気になっちゃいます。
 

続きを読む "6月は猫弁祭" »

2014年5月28日 (水)

謎の猫

夫の希少なおともだちから「今イタリア」的な連絡があって

なぜ行ったのかは「秋にゆっくり話す」的な話で、
なんでなんでイタリアに?早く教えてもらって!と
催促してるうちに帰国してしまったらしく、
おみやげを送ってくれました。
 
Tetuneko1  やったあ! 猫フック!
 
なにか、金属っぽいものでできているのだけど、
真ちゅうかしら? 鉄? ずっしり重たい。
説明書も手紙もないのでわからず、
イタリア語がわからないから、説明書があってもどうせ読めない。
きっと秋になったら「◯◯で入手した◯◯」と教えてくださるでしょう。
 

続きを読む "謎の猫" »

2014年5月26日 (月)

シャーロック!

SHERLOCK3』始まりましたね。

一話目、おもしろかったです!
次も楽しみです。
 
猫弁全集のゲラチェック、
やっと四話目の『猫弁と少女探偵』まで終了。ふぃ〜
自作を、しかも猫弁ばかり、立て続けに読むなんて、初めて。
 
ゲラチェックは得意ではありません。
きっとコツがあるんでしょうけど、まだ力配分がわからず、
やたらめったら疲れます。
 
眼鏡をかけて自分の顔を鏡で見るとギョッとするように、
ゲラチェックをしていると、文章の毛穴(=アラ)が見えるようで
ドキッとします。

続きを読む "シャーロック!" »

2014年5月23日 (金)

忠猫いな公

三日間、家を空けました。

次の作品のための取材旅行です。
市街地だけでなく、山にも登ったりもするので、
ひとりでは不安で、夫に同行してもらいました。
 
夫と旅に出るのは6年ぶりです。
2008年に函館の映画祭の授賞式に出席することになり、
当時体調不良だったため、お医者様の勧めで
夫に同行してもらいました。
 
うちにはいなもと(猫)がいるため、
夫婦そろって外泊するのは、避けています。
今回は書きたいテーマに見学が必要だったため
娘に留守を頼んで、でかけました。
 
旅先に娘から送られてきた写メ。
Rusu_ina  「いな、夜9時から待ってる」
 
玄関でじっと待つ猫。ごめん、いなもと。スグカエル。

続きを読む "忠猫いな公" »

2014年5月18日 (日)

イーヨくんが笑ってる!

本日、朝日新聞日曜版の読書欄で『イーヨくんの結婚生活』が紹介されました。

16面です。

書店員さんから「掲載予定になってますよ」と教えていただくまで
知りませんでした。
朝5時、夫がコンビニに買いに行き、「ほんとだ!」と確認しました。
同紙面に藤田嗣治画伯の自画像がドシ!っとあり、
斜め下のイーヨくんの底抜けの笑顔が余計に愉快です。
 
この小説にはわたしのもてる技術と願いがぎゅっとこめられています。
イーヨくんの気持ちは最後までムキダシにはなりません。
周囲の人間の目を通して、イーヨくんを書きました。
読むかたそれぞれの経験や思いによって、
イーヨくんはさまざまな像を結ぶことでしょう。
 
わたしにとってのイーヨくんは「なりたかったひと」です。
目指して挫折。
その繰り返しですが、まだ完全にはあきらめていません。
 
イーヨくんを取り上げていただき、ほんとにうれしいです。
ありがたい気持ちでいっぱいです。

2014年5月15日 (木)

淳子は気にします

『猫弁全集』、ネット予約が始まりましたね。

えたいの知れない段階でご予約いただいたかた(感涙)、かたじけのうございます!
 
ゲラチェック作業はこれからなんです。
1〜5までを通して、細かい矛盾を消さねばなりません。
 
『シャーロック・ホームズ』シリーズは矛盾だらけで
ハドソン夫人の設定も、ころころ変わったらしい。
「ドイルは細かいことは気にしないらしく、作品ごとに人物の経歴が変わっている」
という書評を読んだことがあります。
ドイルはナイトに叙されて名前の前に「サー」が付いちゃったお偉い作家ですから、
「ドイルは気にしない」で済むわけです。
 
ところがわたしの場合、サーがない。
「淳子は気にしない」では許されないでしょう。
 
でも、です。
作品ごとに「ひまわりを使いたい」とか「桜を活かしたい」
という作家としての思いもあるので、そこはそれ、
作品間の矛盾を徹底的になくすよりは、
作品の色をだいじにしたいです。
 
全集についてわたしが知ってることは…。

続きを読む "淳子は気にします" »

2014年5月11日 (日)

寝言じゃなかった

去年の秋のことです。

池袋の喫茶店で猫弁の編集担当Kさんが言いました。
「大山さん、猫弁の完結編が書けたら、がっぽんを同時出版しませんか?」
「がっぽん?」←意味わからず、漢字変換できない。
 
「1から5まで全部収録して二段組みで厚い本でナンタラカンタラ
Kさんはノートにイラストを描きながら説明します。
このあたりで、がっぽん=合本と判明。
 
Kさんもわたしも煙草を吸いませんが、そこはなぜか喫煙席で
とっても煙たい中、そのお話を聞きました。
視界は煙草の煙でもやもやしてるし、話はウマすぎる。
Kさんは起きてる風に見えるけど、寝言を言ってるのかもしれない……。
 
あとから「え? そんなこと言った?」となると悲しいので
Kさんのメモ描きイラストを「証拠として撮らせてください」と、
写真撮って保存しました。←嫌な作家
 

続きを読む "寝言じゃなかった" »

2014年5月 9日 (金)

こんなもん

このところボーッとしています。

先日は出かけようとして、ふと靴下が気になって、
履き替えて履き替えて履き替えているうちに
「決められない。行けない」と、
出かけられませんでした。
 
別の日は朝から部屋を片付けていて、
「捨てるべきか残すべきかそれが問題だ」と悩んだ挙げ句、
「決められない、片付けられない」と
放り出しました。
 
今年、わたしはずっと気を張ってきました。
公私ともにテキパキテキパキ、元気元気大元気、
「わたしってこんなにこなせるの?」って鼻高々だったのに
5月に入った途端、ガタッとペースダウン。
 
というか、
ひょっとして、
マイペースに戻った?
 
そういえば、わたしってこんなもんだった!
な〜んだ。
 

続きを読む "こんなもん" »

2014年5月 2日 (金)

自分時間

Mihashi クリームあんみつ。

 
今日は久しぶりに美容院に行きました。
美容院は表参道にあります。
27年間、同じ美容師さんに担当していただいてます。
カットだけなので、1時間もかからないのですが、
受付のひと、案内のひと、シャンプーのひと、
タオルドライのひと、ドライヤーのひとなどなど、
担当美容師さん以外にも多くのかたにお世話になります。

続きを読む "自分時間" »

2014年5月 1日 (木)

あつくるしい女

ゲラを直すうち、急にナニガナンダカワカラナイ谷に落ちます。

さっき直した部分が「元のでよかった」と思え、
書いては消し、書いては消し、原稿がどんどん汚くなってゆく。
 
子どもの頃、テストの時間、
「終了!」と声がかかってもまだがんばっている人がいました。
わたしはクールに鉛筆を置きながら
10点や20点、どうだっていいじゃんと思ってました。
宿題やらない、忘れ物多し、ラジオ体操やらない、いいかげんな子どもでした。
 
ところがこんなにおばさんになって、
ぎりぎりまで書いたり消したりしている。
10点どころか1字、2字にこだわるようになってしまった。
人間誰しも一度くらい一生懸命にならざるをえない時がくる。
のかな?
 

続きを読む "あつくるしい女" »

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »