« こんなもん | トップページ | 淳子は気にします »

2014年5月11日 (日)

寝言じゃなかった

去年の秋のことです。

池袋の喫茶店で猫弁の編集担当Kさんが言いました。
「大山さん、猫弁の完結編が書けたら、がっぽんを同時出版しませんか?」
「がっぽん?」←意味わからず、漢字変換できない。
 
「1から5まで全部収録して二段組みで厚い本でナンタラカンタラ
Kさんはノートにイラストを描きながら説明します。
このあたりで、がっぽん=合本と判明。
 
Kさんもわたしも煙草を吸いませんが、そこはなぜか喫煙席で
とっても煙たい中、そのお話を聞きました。
視界は煙草の煙でもやもやしてるし、話はウマすぎる。
Kさんは起きてる風に見えるけど、寝言を言ってるのかもしれない……。
 
あとから「え? そんなこと言った?」となると悲しいので
Kさんのメモ描きイラストを「証拠として撮らせてください」と、
写真撮って保存しました。←嫌な作家
 

「二段組みで厚い本」という企画が持ち上がった、

それだけでも感謝しましょうと、深く考えないようにしてきましたが
ほんとに実現するらしい。
 
6月の出版スケジュールは以下の通りです。
14日 猫弁と指輪物語(シリーズ3) 文庫化
24日 猫弁と魔女裁判(シリーズ5) 単行本
同 日 猫弁全集   (全シリーズ) 厚い本らしい 
 
シリーズ3の指輪物語の文庫には、少し手を入れています。
猫弁1と2は文庫化が早かったためほとんど直さなかったのですが、
指輪物語は構成を少し変え、文章にも手を入れています。
単行本を持っているかた、新たに文庫を買って確かめるほどの変化はありません。
物語はそのままです。
全集には直した最新の形で収録される予定です。

« こんなもん | トップページ | 淳子は気にします »

ホン de ぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

かっこいい!!
『ザ・漱石』スタイル『猫弁』ですね。
あれこれ迷うけれど、結局全種類の本をそろえてしまいそうです。

あすからは、1万冊の本と格闘です。
無論、整理するだけです。読むのではなくてよかった・・・
一仕事終えたら『猫弁と魔女裁判』チビチビ読みと、
『猫弁全集』一気読みで、打ち上げします。

全集!素敵ですね。
日本の住宅事情も鑑みると
どう買おうか、迷ってしまいますね。

ネット書店にアップされているのを発見、
思わずポチッと予約してしまいました『猫弁全集』

本というもの、保管場所が必要で、重くて、
ホコリも集まったりして、なかなかの曲者ですが、
まだまだ電子書籍には乗り換えられません。
どの場所に落ち着かせようかと、書架の前で、頭を抱えるのも一興です。

初めて投稿します。

いつも猫弁楽しく読んでいます。
やっと新刊が出るんですね!待ち遠しいです!!

文章が変わったにも関わらず文庫本を買わなくてもいいとは、、
百瀬さんと同じように優しい先生、
ますます好きになりました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/59616897

この記事へのトラックバック一覧です: 寝言じゃなかった:

« こんなもん | トップページ | 淳子は気にします »