« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

試行錯誤してます

東京は急に涼しくなりました。8月も終わる。あせります。

今月は書くのに忙しく、あまり本を読めてないのですが
大切な本は折りに触れ読み返します。
わたしにとって大切な本は、
文章のうまさとかどんでんがえしの妙とかではなくて、
シーンの美しさだったり、
考え方の新鮮さだったり、
それに触れて心がふるえた時、一生ものの本となります。
 
ドラマや映画も同じです。 
作り手が重要だと思い、大切にしている部分が
自分の心とかけ離れている場合は、感動できません。
「だいじでしょ!ここ、泣けるでしょ!」とアピールされても
自分にとって、そーでもないコトだと、心に響きません。
映像がきれいで、音楽が素敵で、構成がスマートで、トリックが見事でも、
だめなんです。
 

続きを読む "試行錯誤してます" »

2014年8月22日 (金)

猫弁とわたし

猫弁完結編が発売されてもうすぐ2ヵ月です。

猫弁シリーズはわたしを作家デビューさせてくれた大切な作品です。
終わるために完結編を書いたのではなくて、
ラストシーンが書きたくて、終えるしかなかった。 
後悔はありません。
 
わたしは作家としては2年と少しの新人ですが
半世紀生きてきました。
そのほとんどがクリエイターとしてではなく、
生活する人としての人生です。
猫弁はデビュー作ではありますが、
「ここまでのわたし」の集大成的作品です。
 
わたしは今後も学んでゆきますが、ねっこは変わらないでしょう。
猫弁で掲げた理想も一生ものです。
百瀬のように生きていきたいと思っています。
そして、どんな形になるか、まだわからないけど、
一生、なんらかの形で、猫弁の世界を続けていくつもりです。
映像化も必ず実現させるつもりです。
寅さんみたいに、長く愛される世界であってほしいと願っています。
応援、よろしくお願いします。

2014年8月21日 (木)

白い少年

夜中にみぞおちを踏まれたような痛みがありました。

目を覚ますと闇の中、少年がわたしの体を踏み越えてゆきます。
「誰?」と思ったら消えました。
J_sama
 
なんだったんだろ…としばらく闇を見つめていると、
いなもと(猫)の目が光っています。
 
寝ているわたしを踏み越えていったのは、猫だったんです。
脳が夢と現実のはざまで、少年を見せたのでしょう。
 
3歳くらいの少年でした。
全体に白っぽかったです。

続きを読む "白い少年" »

2014年8月19日 (火)

なんのために

昨日の夕方、突然の停電です。

玄関を出てエレベーターホールへ行くと、
エレベーターは機能していますし、ホールの照明もついてます。
この停電、うちだけ?
我が家には妊婦がいるのでこのままでは不安です。
管理人さんに事情を聞かねばなりません。
 
エレベーターを使って管理室へ行きたいのですが、
途中で止まり、閉じ込められる可能性があるので、
そういう危険なことは夫にやってもらいます。

続きを読む "なんのために" »

2014年8月16日 (土)

変なおばさん

今、ふたつの作品を書き進めているのですが、

片方がどうにも煮詰まってしまい、
臨時に家族会議を開きました。
 
夫と里帰り中の娘に声をかけ、仕事部屋(リビング)に
集まってもらい、「これから創作会議です」
 
ふたりとも「えー?」って顔です。
こんなことは初めて。
ラストまで書いて、それから人の意見を聞くのが
今までのやり方でした。
でも今回は「最後まで書く」がなかなかできない。
迷いが多くて、筆が止まるんです。
 
「えー?」の二人に、今何を書いているのかを説明します。
「これこれこういう企画なので、この切り口でああしたいと思い、
タイトルはこうして、冒頭はこんな風に始まる。
視点をこうするとこういうことができるんだけど
ああいうことはできなくなるんで、迷うところなんだよね」
と説明するうちに、
そうか、わたしはそういうことをやってるんだと気付きます。
人に説明すると、頭が整理できていいですね。
「へえーそれでそれで」という家族の表情にも元気をもらえます。
 
会議開始後10分くらいで、なにかをつかんだ気持ちになりました。
会議にはいつのまにかいなもと(猫)も参加。
意見は述べず、あくびしてました。
これは「猫的がんばれエール」なのです(あてずっぽう)。

続きを読む "変なおばさん" »

2014年8月11日 (月)

トトロの下あご

Ina02

 
トトロのお腹で寝ていたメイから見たら、こんなだったかな。
 
Ina01  
 
いなもと氏は夏なのに毛皮を脱ぎません。

続きを読む "トトロの下あご" »

2014年8月 9日 (土)

真逆

創作に煮詰まったので気まぐれに猫を撮ろうとして
Ina0809_2 ←しっぽ振ってます。
 
どんどん近づいて「いなちゃん」とか初のちゃんづけしたりして
  
Ina0809_1_2
 
ズーム!とアップを狙ったら、強力猫パンチでカメラがぶっ飛びました。
猫がしっぽふる意味は犬と真逆です。お気をつけください。

2014年8月 3日 (日)

8月の誓い

この夏見ているドラマは

『ペテロの葬列』『HERO』『若者たち2014』『ST』
『昼顔』『家族狩り』『アオイホノオ』『おやじの背中』です。
 
55歳からのハローライフ』(全5話)は終わっちゃったけど
ラスト2話がすごくよくて、何度も見直しています。
特に第5話。『空を飛ぶ夢をもう一度』がすごく好き!
原作も読みたい。
一時間一話完結でこんなすごいことができるなんて。
 
今見ているどのドラマも作り手の熱意と創意工夫があふれてて、
「こういうの、作るんだ!」という覚悟があって、
見る側に問うてくる。
「こんなん好きでしょ?」じゃないところが、素敵です。
 
良いドラマを見ると、うれしい反面、
劣等感とか、あせりも感じてしまう。
 
見るんじゃなくて、作りたい。
それにはもっとがんばらなくてはと思います。
 
 

続きを読む "8月の誓い" »

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »