« 変なおばさん | トップページ | 白い少年 »

2014年8月19日 (火)

なんのために

昨日の夕方、突然の停電です。

玄関を出てエレベーターホールへ行くと、
エレベーターは機能していますし、ホールの照明もついてます。
この停電、うちだけ?
我が家には妊婦がいるのでこのままでは不安です。
管理人さんに事情を聞かねばなりません。
 
エレベーターを使って管理室へ行きたいのですが、
途中で止まり、閉じ込められる可能性があるので、
そういう危険なことは夫にやってもらいます。

娘とふたり暗い自宅で連絡を待っていると、ウーウーウー。

サイレンが二重三重に鳴り響きます。

ベランダから下を見ると、消防車が次々登場、
市内の消防車全員集合!くらいに集まって、マンションを取り囲みます。
はしご車も。
ナニゴト?
 
夫の携帯からわたしの携帯へ連絡があります。
「大勢の人が管理室へ押し掛け、とても管理人さんと話せない。
なにかあったのは確か。もううちへ戻っていいかな?」
「戻らずにそこらへんの人と世間話をして情報収集してください」
妻は夫に過酷な命令を下します。
無口な夫に世間話の強要は、パワハラだったかも。
 
とうとうエレベーターもストップ。
夫は帰ろうにも帰れない状況に。
 
原因はわかりませんが、一部地域に停電があり、
マンションの自家発電でエレベーターを動かしたところ
発電機の煙で、通報があり、消防車が出動したらしい。
 
停電だとパソコンは使えてもネットがつながらず、
携帯は使えても充電はできず、
部屋は暗く、暑く、冷蔵庫は開けると温度が上がるので締めたまま。
しずけさが怖いので、オルゴールを鳴らしてみましたが、
返ってさみしさは増すばかり。
光をもとめてエレベーターホールへ行き、
近所の人とおしゃべりできたことが、唯一のなぐさめでした。
 
一時間半で電気は復旧。
夫が買ってきてくれたお弁当を食べながら、
TBSドラマ『ペテロの葬列』を見ました。
 
たった一時間半なのに、わたしは妙に不安でした。
子どもの頃は、台風での停電も、ろうそくを使うのが楽しくて、
避難して体育館で過ごした一夜も、非日常にわくわくしてました。
おとなになって、いろんなことを考えられるようになって
むしろ臆病になってしまった。
なんのために歳とってんだ!と情けない気持ちです。

« 変なおばさん | トップページ | 白い少年 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

ご家族ご近所皆さまご無事で何より!

地面から遠い処に居るのは危険だと、暗くなって目覚めた本能が囁くのでは。
ご無事がなによりでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/60174965

この記事へのトラックバック一覧です: なんのために:

« 変なおばさん | トップページ | 白い少年 »