« サヨナラ保育園 | トップページ | 一行を書いて、留守電を聞く »

2014年10月15日 (水)

贅沢な場所

紅茶(孫)がわがやを卒園したので、久しぶりに美容院に行きました。

27年前を思い出します。
 
子どもを生んで、2ヵ月が経とうとしていました。
おっぱい、おむつ、泣き声、だっこ、おっぱい、おむつ、泣き声、だっこ…
えんどれす!
睡眠は一時間ずつの毎日を「かわいい」という気持ちひとつで
乗り切っていました。
文字通り髪を振り乱しておりました。
お宮参りの前日、突然姑が来訪し、わたしを見て言いました。
「明日は晴れの日やのに、その髪はアカン!」
赤ちゃんを「あんた見とって」と息子(わたしの夫)に押し付け、
姑はわたしを美容院にひっぱってゆきました。
(前の夫と前の姑です)
 
開店したばかりの荻窪の美容院。
平日の閉店間際で、お客はわたしひとりでした。
姑は店長と知り合いで、顔がきくらしく
「この子、なんとかしてやって」と言いました。
店長はもの静かな人でした。
希望を聞かれましたが、わたしは何も言えませんでした。
人前に出られるようにしてくれたら…という気持ちでした。

カットが始まりました。

シャカシャカシャカ…静かな音と共にハサミが軽快に動きます。
音に合わせて散る髪が、きらきら、輝いています。
なにこれなにこれなにこれ!
わたしは目を奪われ、心がふわあ〜っとしました。
 
このようなハサミさばきを見たことはなかったし、
散る髪を綺麗と思ったのも初めてでした。
美しい光景でした。
非日常です。
おっぱい、おむつ、泣き声が、頭からすうっと消えました。
この日の衝撃を思い出すたびに、涙が出そうになります。
 
すばらしいカットさばきと思ったわたしの目は正しくて、
店長はみるみる有名になり、カリスマ美容師と呼ばれ、
お店を青山に移し、店舗数を増やし、日本を代表する
美容院になってゆきました。
 
わたしは場違いなおばさんなのだけど、申し訳ないことに
今も通い続けています。
お金に困ったときは「通わない」という裏技で、
27年間、同じかたにカットしてもらっています。
ビッグになっても変わらずもの静かでやわらかいものごし。
そしていつも、ハサミひとつで夢の国に連れて行ってくれます。
 
ZACC代表の高橋さん。
ただ髪をきれいにするだけではなくて、
行くことに価値のある場所にしたいとおっしゃっていた記憶。
わたしにとっては、間違いなく価値のある場所です。
癒され、元気になれる特別な時間です。
 
じゅうぶん贅沢しました。創作がんばります。

« サヨナラ保育園 | トップページ | 一行を書いて、留守電を聞く »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

羨ましいです(^^)

私はまだ、お気に入りの美容室に出会えていません。どこか良いところはないかとさまよい続けています。

前のお姑さんは関西人ですか?
良い場所(人)に巡り合わせてくださったのですね。

この美容師さんとの出会いは大山さんのメルマガの中でも特に印象深いお話でした。
あらためて読むことができて嬉しいです。

こんばんみ☆

今日発売の…見ました、いや読みました☆立ち読みで(笑)
賞金でテレビ、デジタル化出来ておめでとうございます(笑)


美容院かぁ……んん( -_-)
約20年位行ってないです(苦笑)自分で適当に切ってます(;^_^A
よく銀座とかで美容院の人に声掛けられますが…そのせい??(苦笑)
前なんて、いけすかないタイプの男の美容師が…
「僕に切らせてくれない?」
とぬかしたので、わしゃ凄腕の侍か!!と言わんばかりにバッサリと…
「やです!!!!」
と言ってやった(笑)ウヒャヒャヒャ…。呆然としてたぜ(笑)安心せぇ〜峰打ちじゃ〜☆

安くて感じのいい美容院あればいいな(笑)

おやすみなさいm(_☆_)m

沢村透明くんの散髪シーンを思い出しました。


やはり、zaccの高橋さんでしたか。
荻窪でもしや、と思ったので。
私は吉祥寺の別の美容室にいる時からお願いして、荻窪で独立した時までは行ってました。(*^^*)
同じ方に髪を切ってもらっていたとは…
当時の美容師さんのイメージからは遠い、穏やかな口数の少ない方ですよね。
髪を綺麗にすると気持ちもキレイになる感じがしますね。わたしも行かなきゃ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/60484664

この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢な場所:

« サヨナラ保育園 | トップページ | 一行を書いて、留守電を聞く »