« サスガワタシ健康法 | トップページ | もう11月? »

2014年10月28日 (火)

時空を超えて

部屋を整理していたら、娘の高校時代の国語の教科書が出て来ました。

つい読みふけり、三浦哲郎氏の短編『とんかつ』に涙し、
筒井康隆氏の文化論になるほどと感心したりして、
整理はどこへやら、時間が過ぎて、最後に教科書を閉じようとしたら、
わら半紙のプリントが一枚挟まっていました。
 
国語の先生が生徒に配った自己紹介文でした。
その最後に、生徒たちへのメッセージか書かれていました。
 
「高校時代とは、人生の中で非効率的に生きることを許された
 貴重な時期だと思います。効率的に生きることばかりを考え、
 人が出した答えを無理やり飲み込もうとするのではなく、
 時間がかかっても自分で考え、自分で出した答えを信じて進んでいく
 勇気を持ってください」
 
(個人を特定しないように、名前を省かせていただきましたが、引用です)
 

この文章にわたしは胸がいっぱいになりました。

わたしの人生、非効率のカタマリみたいなものです。
高校生じゃないから、それが許される立場ではないにもかかわらず、
今もまだ、非効率街道を歩いています。
不安です。
でも、時間をかけて自分で出した答えならば、信じていい。
みっともなくても、成果が見えなくても、
信じて進む勇気をもとうと思います。
 
ふいに整理を始めて出会った十年以上も昔のプリント。
国語の先生が高校生に向けて書いた文章が、
時空を超えて保護者のわたしを励ましてくれたという…。
文章の力って、すごいですね。

« サスガワタシ健康法 | トップページ | もう11月? »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

何をおっしゃるうさぎさん!じゅんこさん!「猫弁全集」は「効率的本」です何時も枕元に置いて読んでいます。シリーズは全部持ってるけど、迷った末全集を買いました。重たくなく、字が小さ過ぎず、どのページから読んでも猫弁。最高です!!金太郎飴な猫弁は私の誘眠剤です。

とある高校の文化祭にお邪魔して、高校生たちが踊っているのを校舎の窓から眺めました。

アイドルの曲を、なんのオチもなく踊っていました。
私には二度とできないこっ恥ずかしいことを、少しはにかみながらも一生懸命やっている、彼、彼女らがすごく羨ましかったです。

これからの人生の方がずっと長く、我慢しなければならないことが多い。だから、今はそうやってキラキラ仲間との無駄な時間を楽しみや、と心の中で語りかけていました。

素敵な先生に出会えたお嬢さんは素敵な高校生活だったでしょうね。

効率的を良しとする人は多いだろうけど、
効率的に生きている人は多くないような気がします。。。

効率的かよりも効果的かを考えよう。
お仕事上の上司にあたる方からそう教わり、なるほどと思いました。

確かに「猫弁全集」は効率的かつ効果的な本です!!!

おおーっ!高校国語。
高2の時、教科書掲載の漱石の『こころ』(抄録)を読みレポートを提出する
課題がありまして、
美術部仲間の友人と四人がかりで、レポート用に渡された紙を貼りあわせ
『こころすごろく』っていうのを作成しました。(イラスト入り)
「お嬢さんに告白する」とか
「ジャムをなめすぎ胃が重くて一回休み」(それ『こころ』じゃないですね)
今考えると、なめているのはジャムじゃなくて
文豪とか、文学とか、学問じゃないかと思います。
大笑いだけで、許してくれた国語の先生の懐の深さに感謝です。
代わりのレポート用紙もわたされましたが。
JUNKOさんのいいお話に
自身の超絶非効率な高校時代を思い出してしまいました・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/60552459

この記事へのトラックバック一覧です: 時空を超えて:

« サスガワタシ健康法 | トップページ | もう11月? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ