« JAKB1(ジェイエーケービーワン) | トップページ | 時空を超えて »

2014年10月25日 (土)

サスガワタシ健康法

父が昨日87歳の誕生日を迎えました。

お鮨とショートケーキを買って、ささやかにお祝い。
ひさしぶりの実家です。
 
母は耳が遠いので一方的に話します。
「NHKで『ぼんくら』という時代劇やってるよ」と鼻高々です。
なぜ鼻高々かというと、こういう理屈です。
 
私(母)が日頃「ぼんくら」という言葉をよく使っていた。
ゆえに
娘の淳子が小説の中に「ぼんくら」という言葉を使った。
ゆえに
NHKが時代劇に『ぼんくら』というタイトルを付けた。
 
え?
 

そういえば『猫弁と指輪物語』が出版された頃、母から電話があったんです。

「あんた吉岡さんのことぼんくらと書いたりして失礼じゃないの?」
 
わたしは俳優の吉岡秀隆さんを尊敬しています。
けしてぼんくらなどと書いたりしません。
猫弁の人物紹介で、主人公百瀬のことを
「天才とぼんくらの二面性をもつ」と書いたのです。
それを母は、「百瀬=吉岡さん」と思っているものだから
余計な心配をしたようです。
 
そしてNHKですが、あれは宮部みゆきさんの人気小説『ぼんくら』を
原作とした時代劇です。猫弁とは関係ありません。
 
でも母の中では、「自分の言動がドラマのタイトルになった」という話になってます。
 
さらに母は「伊藤園が私にヒントを得て新商品を開発した」と鼻高々です。
それはこういう理屈です。
 
私(母)は以前から緑茶に抹茶を混ぜる方法でお茶をいれていた。
ゆえに
娘の淳子が猫弁の中で同じ方法でお茶をいれるシーンを書いた。
ゆえに
伊藤園が「この方法はいい」と参考にして商品を開発した。
 
え? 伊藤園さんは猫弁を読んでないと思います…。
 
母は自分の社会への影響力におおいに気をよくしています。
「さすが私だわ!」
 
母は83歳にして超健康。
元気の秘訣は「さすが私!」のようです。
この自己肯定力、見習いたいです。
 

« JAKB1(ジェイエーケービーワン) | トップページ | 時空を超えて »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

おちゃめなお母様ですね。
日頃、どうしても「ワタシナンテ」不健康法に陥りがちなので、とても参考になりました。
「サスガワタシ」健康法、(周囲に迷惑をかけない程度に・笑)見習っていきたいと思います!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/60542311

この記事へのトラックバック一覧です: サスガワタシ健康法:

« JAKB1(ジェイエーケービーワン) | トップページ | 時空を超えて »