« 猫小説 | トップページ | 許します »

2014年11月 7日 (金)

否猫日記

見本誌届きました。

昨日お知らせしたダ・ヴィンチ12月号。
わたしの小説は206ページ〜。
タイトルは『否猫日記』←いなねこにっきと読みます。
猫好き特集なのに否定的なタイトルですみません!
 
Davinci
 
小説はもちろん、短いエッセイでもコラムでも
校閲の際、どこか一カ所くらい指摘されるものですが
これはたまたまパーフェクトで、直しゼロ。
な〜んてことを自慢に思ってるようではプロではありませんが
アマちゃんなので、ヤッター!って思いました。
 
もちろん、読んで楽しい否猫日記!
よろしくお願いします!

« 猫小説 | トップページ | 許します »

ホン de ぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

こんばんみ(´ω`)ノ〃♪


おぉッッ!!
表紙はしかも……源くんでは有〜馬温泉♪
まだ本屋行ってないので明日は必ず(>_<)!!!
しかも……ホロリ系ではないんですね?よかった(笑)楽しみだなー☆明日は…明日こそは必ず(笑)

今日のご飯は何ですかぁ?なんて普通の事聞いてみたり(笑)ブハッ☆

ではでは(´ω`)

表紙は星野源さんですね。
「11人もいる!」から注目している方です。

物書きというと、生活のリズムがメチャクチャなイメージがありますが、大山先生はご家族もおられて、どのようにオンオフを切り替えて1日を過ごされてますか?

私はもうすぐ無職になります(--;)
どこにも所属していないのは幼稚園入園前以来でしょうか(--;)

時間をどう過ごせばよいのか、トンと見当がつきません。
本屋さんや図書館には入り浸ると思いますが。

ノーミス、おめでとうございます!!
わたしは最近、一部の印刷物を手書きで作ることにしたら、
誤植が激減しました。
マスメディアでは難しいのですが、手書きって人間の考える速度に 
合っているんだなあと改めて思いました。

うちの猫は、隈取りのある男前
(に、育つと、うちに来たときは思われていました。まさかの永遠の子猫ちゃん顔、やることはおっさん猫に・・・)
ということで、助六と名付けましたが、
最後の一文字を略されて「スケロ」と呼ばれています。
友人チのミケのフルネームは、ミケランジェラ(メスなので、「ラ」だそうです。)
猫って、なぜか妙に凝った名前をもらって、省略されて呼ばれがち・・・

こんばんみ☆
やっとこさ、買いました(苦笑)
そしてさっき読みまちた。
飼いニャンコが主役でしたね♪♪(笑)ひひっ(≧ω≦)
名前を不思議に思ってたので、まさしく…
「謎は解けた!!」状態でした(笑)
サッカー選手からね……ふんふん。私もぬいぐるみに"佑都"とつけたり、もうキャラクターとして名前ある熊に"メンマ"と"おこわ"と名付けたりしていまふ♪♪♪(笑)
楽しいですな。
色々なニャンコが載っててニタニタするぅ〜♪(笑)

ではまた(o^o^o)うほっ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/60613001

この記事へのトラックバック一覧です: 否猫日記:

« 猫小説 | トップページ | 許します »