« 平和のむこうがわ | トップページ | ゲーテさんの応用 »

2014年12月 1日 (月)

あやしい職業

先日、『クレアモントホテル』という映画を観ました。

BSで放送されたのを、たまたま、何気なく観たのです。
品の良い老婦人がホテルに長期滞在する話で、
見ず知らずの青年と出会い、親しくなります。
 
その青年が「ぼく、小説書いてるんです」と言ったとき、
わたしは「うわー、あやしい奴!」と思いました。
1秒後、
そう思った自分に驚きました。
 
なんとわたしは「小説書き=あやしい」と思ってるんです!
しかも「小説書き=他人ごと」と思ってるんです!
信じられない、バカバカ!
 
自分にがっかりしましたが、映画はとても良かったです。
あとで調べると、日本では岩波ホールで上映されたらしい。
どういう物語か知らずに、先入観無しで味わえたのが、良かった。
 
 

そう言えば最近、映画を事前情報無しに見ることは、めったにありません。

昔は、まっさらな気持ちでスクリーンに向き合いました。
今はあらすじを確かめ、口コミ情報までチェックして
やっと劇場へ足を運びます。
 
先入観付きで、どこまで純粋に味わえているのか、
自分でもよくわかりません。
本を買うときも、つい調べてしまいます。
昔は「背表紙が自分を呼んでいる…」という、勘みたいなもので
選んでいました。
 
ハズレたくない、損したくない。
そんなわたしのみみっちい精神が、
楽しさを半減させちゃってるかもしれない。
 
あれまあ、もう12月。
やだどうしましょう。

« 平和のむこうがわ | トップページ | ゲーテさんの応用 »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

限られた時間の中で読了してハズレだったときの徒労感と言ったら・・・
なんてことを思うと、本選びは、慎重になってしまいます。
また、自分の気に入った本を、気軽に「この本面白いよ」と、だれかに教えて、
そのひとにとってハズレだったらどうしよう・・・と心配になったりもします。
・・・小心者のわたしにはこっちのほうが、コワいです。
(の、わりにはすぐにおすすめしてしまいますが)

わたしの職業は、小説やドラマだと、
大体、地味~で、ちょい暗めな、まじめな人代表みたいな扱いです。
でも、たまにライトノベルなんかではマジカルな能力をもったり、
戦う系の人になっていたりします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/60740081

この記事へのトラックバック一覧です: あやしい職業:

« 平和のむこうがわ | トップページ | ゲーテさんの応用 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ