« 猫の遠慮 | トップページ | 人参リスト »

2015年1月14日 (水)

さがしもの

さがしものがあったので、押し入れをあちこち覗いたら

大学の卒業論文が出て来ました。
当時は、大学指定の原稿用紙にインクで書き、
それを製本して提出するのが決まりでした。
大学周辺には製本屋さんがいくつかありました。
 
Sotsu1s_6
 
国語学のゼミにいたわたしは、方言研究をテーマに選びました。
参考文献を教授に聞き、神保町の古本屋さんで
江戸時代の方言辞書を購入。その時の会話です。
 
店主「これ何に使うんですか」
わたし「卒論の資料です」
店主「書き終えて要らなくなったらうちに売りに来てください」
 
Sotsu3s_2
 
貴重な本なのだと気付きました。
でも、値段は高くはありませんでした。
貴重=高い という考えもおかしくて
ものには適正価格があってしかるべき。
良い古本屋さんでした。
結局返しに行かずに、持ち続けてしまってます。ごめんなさい。
 

卒論は一字一字、神妙に書いています。

標準語から方言になったもの、方言から標準語になったものを発見し
その理由を推測しています。
最後の3ページは論文のいたらない点をあげ、ひたすら反省しています。
 
Sotsu2s_3
 
現在わたしはパソコンで小説を書いてます。
書いたり消したり修正もパパッと簡単。
手書きの頃の気構え、息をとめるようにして文字を選ぶ、
勝負!みたいな緊張感を失っていたかも。
反省。昔も今もずっと反省体質。
今度手書きに挑戦してみたい。
 
結局さがしものは見つかりませんでした。

« 猫の遠慮 | トップページ | 人参リスト »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

私は今でも手書き派です。手書きじゃないと頭の整理ができないんです。

と言っても大して整理された頭じゃありませんが(--;)

大山先生にはご兄弟はいらっしゃいますか?

私には兄と妹がいます。

ド田舎で長男至上主義の家でしたから、兄と私ははっきりくっきり差をつけられて育ちました。

両親が年老いてから生まれた9歳年下の妹とも、はっきりくっきり差をつけられました。

今は両親も反省し、私の子どもたちは平等に可愛がってくれていますが、どうしても、ことあるごとに私を苦しめます。

昔のことに縛られず、将来を悲観したりせず、今を楽しく感謝して生きていきたいです。

なるほど・・・それで、百瀬さんも方言に詳しいのですね。

卒論、自分はもう「やらかしちゃった」という思いしかなく、封印物件です。
研究者もファンも多い、詩人と詩集の研究を選んでしまい、
天地神明、森羅万象、全国津々浦々、本当に、ごめんなさい!です。
でも、その詩集は今も手放せません。

卒論…懐かしい響きですね。
ウチの大学は指定の表紙を付けて自分で紐で綴じる体裁でした。
宮沢賢治研究でした(ざっくり…)。
超越的存在が突然出て来る作品が多いので、それを集めて比較検討的な。
まだどこかにあるかなぁ。
今読んだら絶対にこっぱずかしいだろうなぁ(;^ω^)

古本屋さん…も懐かしい響きです。
バイト先が神田神保町だったこともあり、馴染み深かったのですが。
今はブックオフしか行きません。

JUNKOさんの文字、素敵です。
読みやすくて暖かくて可愛い。

探し物、見つかると良いですね。

こんばんみ☆m(_夜分に_)m

探しものは何ですか?
見つけにくいものですか?
カバンの中も 机の中も……

はい、すいません(笑)歌いたい衝動がつい(*/ω\*)♪
探し物をさがすとき、ニンニクと言いながら探すと見つかると聞いた事ありますが…。
某アイドルのリーダーは、いいとも!で言ってたんですが、ハサミを耳横で刃先を上の状態でチョキチョキしながら…ハサミさんハサミさん〇〇はどこですか?と言いながら探すと見つかると言っていた…。


お試しあれ???(笑)ウヒャヒャヒャ
おやすみなさい☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/60973741

この記事へのトラックバック一覧です: さがしもの:

« 猫の遠慮 | トップページ | 人参リスト »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ