« 猫弁と少女探偵 2月13日発売 | トップページ | 記念日 »

2015年2月13日 (金)

少女とゲシュタルトとデート

本日、『猫弁と少女探偵』文庫発売です。

よろしくお願いします。

さて、ゲシュタルト崩壊という言葉があります。
心理学系の概念で、たとえば
「よく使っている文字なのに、こんな形だっけ?」と
突然、疑問に思うようなこと、だそうです。
 
そういうこと、わりとよくあります。
先日は「冬」という字が「うそ! これがふゆ?」と
突然よそよそしく、初めて見た文字のように感じられました。
 
文字だけでなく、日常の様々な側面で
これに似たようなことが起こります。
今まで普通に信じていたことが、突然異質に感じられる。
概念の崩壊。
とまどいますが、必要で起こっているのかもしれないと
思うようになりました。
 
知識はある意味先入観なので、
いったん崩壊させて見直すって、大事かも。
脳が自動的に思考の整理整頓をしてるのではないかと思います。
 
考えてみれば、物語作りも、既成概念を崩壊させて
世界を再構築する作業のくり返しですね。
 

ドラマは月9の『デート』がますます面白くなってきました。

視聴率も上がってきた!キタキタ!
脚本がすごくいいので、見ていて楽しい反面、
今の自分、ここまで優れた脚本書けない…と
若干傷ついてもいます。
でも、良い作品は目標になるし、勉強になる。
学びます!
『デート』の公式動画を見て、仕事の疲れを癒しています。
 

« 猫弁と少女探偵 2月13日発売 | トップページ | 記念日 »

ホン de ぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

新世代が新しいものを生み出したとき、
前の世代は、今までの概念にとらわれ、
理解できないがゆえに、全力で、非難しがちだけど、
そんなことしている暇があったら、わかってもわからなくても虚心坦懐に向き合うべし!
と、先輩に言われ、ボカロ小説(もう、かなりおくればせながらなんですが)というのを
汗をかきかき読んでいます。

・・・職場からの帰路、
ついつい『猫弁と少女探偵』と『杏のふむふむ』を買ってしまいました。

ゲシュタルト崩壊、漢字のこんな形だっけというのは私もよくあります。
”携帯病”!?のようなことで文字離れの象徴のように感じていましたが
そんなカッコイイ名前の現象なのですね。
先日、思わぬイタリアンの良い店を発見しました。
本日のパスタ(exベーコンと青菜)・パン(オリーブオイルで食す)・ドルチェ(exグレープフルーツのムース)・コーヒーで1000円(税込)!都外を忘れる雰囲気の良さ、ああ感激(笑)

「デート」ますますますますおもしろくなってきましたね!

登場人物が全員、極端な人ばかりですが、
主人公の二人には何故だかとっても共感できる。。。

鷲尾くんが人間的に出来過ぎていて眩し過ぎる!
やっぱりこの人が一番ヘンだ!でも好きだ!

すっぽん屋さんの前での二人のペコーリ…に大爆笑でした( *´艸`)

ゲシュタルトの崩壊は、私は言葉(音声)でよく起こります。
ズボン…ズボン…ズ ボ ン?なんだ?ズボンって?とか(笑)。

さて、JUNKOさんのページの次は♪
私もデート公式ページに遊びに行って来ようっと♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/61105270

この記事へのトラックバック一覧です: 少女とゲシュタルトとデート:

« 猫弁と少女探偵 2月13日発売 | トップページ | 記念日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ