« 国境を超えました | トップページ | 仕事部屋から »

2015年3月14日 (土)

ニャンダフルな本

かわいらしい本をいただきました。

Neko100
 
タイトル通り、猫に関する本を紹介する本です。
神保町にゃんこ堂 アネカワユウコさん著(宝島社)
なぜわたしがいただけたかというと、
栄誉有る100の中に、わたしの作品が紛れ込んでいるのです!
しかも二作も!
すごい紛れ込み方ではありませんかっ!
あにゃがとうごにゃいます! 光栄ですにゃ。
 

この本には小説だけでなく、エッセイや写真集、コミック、実用書まで、

ありとあらゆる猫に関する本が紹介されています。

知ってる本から知らない本までありました〜。
知ってる本があると「そうそうこれ持ってる!」とうれしいし
知らない本は新情報としてうれしいし。
フルカラーで楽しいイラスト付きで、
しかもあとがきは町田康さん。あとがき面白い。
猫好きには悶絶しそうな贅沢な内容です。
 
本そのものもかわいいし、猫の写真やイラストもたっぷり、
中身も充実で1400円(税抜)って
ちょっとこれなんでこの値段で作れるんだろー……
なんだかあせった…

« 国境を超えました | トップページ | 仕事部屋から »

ホン de ぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

うわぁ、読みます、これ、読みますっ!
でも、これ読むときっと次に
またいろいろな猫本読みたくなるんですよねえ…困った!

この本と関連はないのですが、
先日、TVで『かぐや姫の物語』を見た後、
続けて、DVDで同じ高畑勲監督の『セロ弾きのゴーシュ』も見て、
両作品に出てくる猫のシーンがとても印象的な「猫!!」で
そのシーンだけでも、見た甲斐がある…でした。


なんてニャンダフルな本!!ネコってホントに素敵。
先日、映画「レンタネコ」をBSでやっていて、録画して、やっと観ました。
ネコに囲まれ、しがらみのない自由人(色々才能あるけど)が主人公で
いいなー、ほのぼの観ました。
「かもめ食堂」などの作品がらみなので、その世界観は変わらなく安心して観られる
ことは分かっていたのですが、なんせネコなので、うっとりでした。
最近、TV「ワンスアポンアタイム」もシーズン終わりで、ワクワクが減りました。
ネコ本いいですね(^0^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/61280766

この記事へのトラックバック一覧です: ニャンダフルな本:

« 国境を超えました | トップページ | 仕事部屋から »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ