« 底的日々。 | トップページ | 弱さの底力 »

2015年6月29日 (月)

肩のチカラ

土日は好きなCDを聴きながら資料の整理をしてました。

音楽をじっくり聴くのは久しぶりです。
小説を書いている時は、詩のある歌は聴けないんです。
 
わたしはスピッツの曲が好きで、
アルバムはminiを含めると16枚持っています。
初めて『ロビンソン』を聴いた時は衝撃的でした。
新しいものと出会った!しかも普遍的な 新しいもの!
すがすがしく、あたたかい気持ちになりました。
それから……なんと20年も経ってしまった。
 
当時、家庭が崩壊に向かっていたため、
わたしは手に職をつけようと、編集の学校へ通っていました。
 
ライターコースで、インタビュー実習があります。
講師が著名人に質問をし、生徒であるわたしたちはそれを録音し、
後でテープ起こしをして原稿をまとめる、という課題です。
講師の大学時代の学友ということで、
スピッツのヴォーカル草野正宗さんがゲストとして登場。
『ロビンソン』で大ブレイクしたばかりの頃でした。
 
草野さんはシンプルな赤いセーターに濃い藍色のジーンズ。
上から目線の女性講師にツケツケ質問されていました。
同級生ってなぜか女性が「上から」になりますよね。
 
草野さんは物静かなかたでした。
口数は少ないのですが、選ぶ言葉にユーモアがあふれていました。
ブレイクしたことには冷静で、音楽と静かに向き合っていて、
心が清潔そう。歌のイメージと同じです。
 
その後、病める時も健やかなる時もスピッツのアルバムを聴きました。
人生の最も辛い時期に聴き始めたので、当時を思い出したくなくて
しばらく聴けなかった時期もあります。
でもひさしぶりに聴いたら、やっぱりいい。
うれしくなり、元気になり、肩のチカラが抜けます。
 
 

これからの日本に必要なのは肩のチカラを抜くことではないかなぁ。

憲法が議論されていますね。
わたしは猫弁シリーズを書く時に憲法全文を読みました。
少し日本語が変な、わかりにくいところがあるのですが
志はすがすがしく、まっとうさを感じました。
特に前文が素敵。
「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」だって。
胸きゅんだぁ。
世界遺産に推薦するなら日本国憲法がいいんじゃない?って思う。
世界のみなさん真似していいですよと自慢したい。

« 底的日々。 | トップページ | 弱さの底力 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

わたしは、
国立国会図書館法の前文に、ときめきます。
雲の向こうは、青空だぞ、って気持ちになります。

スピッツはワタシ最初は心に響かなかったんです。甘い歌詞をちょっと斜めに見ていたの
だと思う、偏屈な人間なので。でも、数年後、友達が貸してくれるというCDを断ることが
出来ず、聴いてみたところ『楓』のメロディーが響きました。すると不思議なもので、他の作品を素直に心に受けることができ、とっても新鮮に感じることができました、好きです。
自分の趣味を超えたところに広がる幅ってあるんですね。
ちなみに、ワタシは、スティングの『イングリッシュマン イン ニューヨーク』や『シェイプ オブ マイハート』が好きです。脳が震える感じがします。
憲法問題は詳しくは分からないですが、君が代の歌は好きです。学校で歌わない先生がいるという報道を見たことありますが、歌の背景を色々考えるより、単純にとっても素敵な曲と感じます。他の国の国歌は行進曲のような曲が多く、日本のように品のある崇高な心持になる曲は少ないように思います、オリンピックなどで流れる機会があると試合の結果とともに、誇らしく感じます。

友人がスピッツの追っかけをしていました。
スピッツ? 白い犬?
華奢なお兄さんが友人と2ショットで写っている写真、そのお兄さんがライブハウスで歌っている写真などを見せられました。
アルバムも借りましたが、毎回3曲目くらいで寝てしまいました。

「ロビンソン」が出てきたとき、ビックリしました。友人見る目ある。

ちなみにその友人、私の夫を「マサムネさんに似てる!」って言いマス。

似て、、、マセン…

>初めて『ロビンソン』を聴いた時は衝撃的でした。
>新しいものと出会った!しかも普遍的な 新しいもの!

うん、私も同じでした。
新しさと普遍性に衝撃!

猫弁を読んだ時も同じでしたよ(*^-^*)

スピッツ好きの方がやってる小さな小さなカフェを見つけました。
お店の名前はスピッツの曲です。
お店にはずっとスピッツの曲が流れています。
先日、娘とランチに行きました。
メインもデザートもカフェラテ(アート付き)も絶品♪
とても素敵な時間を過ごせました。
また行きたいです。

猫弁」を読むと涙腺が緩みます、
きのうも、きょうも涙が少しでてから、洗濯したあとのような気持ちになりました。
そして、きょう始めてぶんぶんブログにおじゃましたのですが「ロビンソン」の話題になっていてオドロキました。
なぜなら、ごくごく最近「ロビンソン」を聞いてごくごく最近ファンになり、今日も通勤車のなかで「ロビンソン」を聞いてきました。リピート機能でなんども、なんども聞いています。「ロビンソン」がそんな前の曲だって知らなかったから、ぜんぜん。。。
なのに、今ここで話題になっているなんで。。不思議です。。。
猫弁もロビンソンもとても似ていて、読んだり聞いたりしたあと背筋が伸びるかんじです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/61807730

この記事へのトラックバック一覧です: 肩のチカラ:

« 底的日々。 | トップページ | 弱さの底力 »