« 証拠写真 | トップページ | クッキーと乱歩さん »

2015年9月19日 (土)

単純作家

迷いながら書いてます。

小説の登場人物が携帯電話を使うかスマホを使うか。
猫弁の百瀬は携帯電話を使っています。
携帯電話が主流な時期にシリーズがスタートしたので。
 
『きらら』に連載中の『福女』で、桐谷くんはスマホ派です。
桐谷くんの上司の戸部さんは携帯電話です。
世代的なものもあるけど、性格や生活習慣で決めています。
菊子は携帯派ですが、持ってるだけで、
積極的に利用するシーンはありません。
いきなり個人名を3人分書いてしまいましたが、
この3人が主要な登場人物です。主役は誰かな、
よくわかりません。
 
数年でスマホもなくなるかもしれません。
百年先の読者を意識するなら、そういうものは
いっさい登場させずに書くべきかもしれません。
 
ラインとツイッターは、小説で触れたことがありません。
理由は単純。
やったことがないんです。
その理由も単純。
スマホを持っていません。
その理由もあまりに単純。
携帯電話が壊れないので、漫然と使っています。
今はガラケーと呼ばれるそうですね。
 
Ina_a
パソコン左横にガラケー
 
たぶんスマホのほうが便利。
携帯電話が壊れたら、スマホを買うでしょう。

きらら10月号です。

Quilala10_2
 
福女7回が載っています。現在10回まで書きました。
13回で終わりそうな気がします。

« 証拠写真 | トップページ | クッキーと乱歩さん »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

…後、6回なのですか、もっと、長く読み続けていたいです~

わたしは、携帯派です。というか、携帯電話すらやめようか
と、思っているところです。

移動しながら、急いで情報処理しなければならないことも、まずないのでPCで十分、
スマホいらず。
とりあえず防災用品として携帯電話は持っています。

 図書室にタブレット端末を持ち込み、本とネットを併用して
なかなか上手に調べものをしている最近の小学生の手際の良さを見ると
スマホが日常だから、タブレットなんてこわくないんだなあ・・・
と感心してしまいます。

いろいろ便利そうではありますが、本は、スマホやタブレットではなく
紙で読みたいです。

…そういえば、江戸川乱歩の少年探偵団の小道具に
「伝書鳩」があったような。
まだ百年たってはいないけれど、
今の子どもたち(わりと人気)にとっては
超昔の謎物件だと思いますが、
訳が分からないというより、
ロマンチックに感じられているのでは…と思います。

漱石の『吾輩は猫である』にも金田富子嬢が
「電話室」で…みたいなくだりがあったような。
携帯、スマホも百年後、大丈夫じゃないでしょうか?

ケータイが壊れる度に修理に出して使っています。
だってまだ部品があるって言うし。
スマホよりやっぱり断然使用料金が安いんですもの。
後はノートPCで事足りるんですもの。

そう言えば我が家(実家)は最後の最後まで黒電話使ってました。
そう言えば自分自身かなり最後までPHSを使っていました。
だから私がスマホにするころには、次の新しい何かが出ているに違いない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/62305087

この記事へのトラックバック一覧です: 単純作家:

« 証拠写真 | トップページ | クッキーと乱歩さん »