« 虹の力 | トップページ | 明日発売のあれやこれや »

2015年9月11日 (金)

田中次郎

台風の被害、胸が痛みます。

ヘリが北東へ飛んでゆくのが仕事部屋の窓から見えました。

夜遅くまで眠れなかったんです。
布団で上半身を起こし「眠れない」とつぶやくと
隣で寝ていた母が言いました。
「仕事、無理しないでね。あなたは田中次郎じゃないんだから」
 
わたしは「田中次郎って誰だろう?」と思いました。
「おそらく浅田次郎の間違いだな」と思いました。
そこで目が覚めました。
夢だったんです!
 
眠れない、眠れないと思っていると、
途中から夢だったってことよくあるのですが
これって手の込んだ夢だなと思いました。
母の「言い間違い癖」をエピソードにもってくるなんて。
 
この夏は創作上の迷い、苦しみが多くて
気持ちが疲れていたのですが、先日『漫勉』を見ていて
浦沢直樹さんの言葉にハッとしました。

「漫画家ひとりひとりが、ジャンルなんです。ひとりひとり全く違うんです」

これだ!と叫びました(ほんとに叫んだ)。
わたしは大山ジャンルだ、
自分らしく書こう、と思いました。

« 虹の力 | トップページ | 明日発売のあれやこれや »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

次々と起こる余りにも厳しい現実のなかで、
フィクションの持つ意味って何だろうと考えます。
思い出すのは、レオ=レオニの絵本『フレデリック』です。
受け取り手が物語にふれたとき、内側からわき上がってくる力について、
そして、創作者の存在意義について、
自分の心にいちばん響いてくるような気がします。

…先週末、もう40年近く大好きでいる漫画家の
原画展&講演会&サイン会に行ってきました。(40年にして初の生ご本人!)
子どもから、大人になる間にはずいぶんいろいろなことがあったけれど、
いつも、作品がそばにあり、おりおりに心が回帰する場所になっていることに、
いまさらながら、気づいたのでした。
 今の年齢で、この後、何回訪れることができるのかはわかりませんが、
黄色いドアの弁護士事務所も、回帰する場所の一つになっています。
田中次郎のことは、田中次郎に任せておきましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/62252011

この記事へのトラックバック一覧です: 田中次郎:

« 虹の力 | トップページ | 明日発売のあれやこれや »