« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

かぼちゃび

『猫弁と魔女裁判』の重版が決まりました。

『猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち』、
『猫弁と指輪物語』、『猫弁と少女探偵』も
重ねて刷られることになりました。
 
細々とでいい。長く愛されたい。
そう願って日々コツコツ文章を紡いでいますが、
重版が決まると、夢に一歩近づいたように思え
心強く思います。いつも応援ありがとうございます。
 
創作に疲れた時、わたしは『猫弁』を読み返します。
心の中にある願いをまっすぐに描いたので、
等身大の自分に会えて、ほっとします。

続きを読む "かぼちゃび" »

2015年10月25日 (日)

思い知った

先日、録画予約をしようとしてテレビを点けたら、
三人の体育会系美女が水着のような衣装で
いきなり的に体操を始めました。
ひとりは座っています。
そして懐かしいラジオ体操の音楽が流れてきました。
 
わたしはふとやる気になって立ち上がり、
ラジオ体操第一を美女と共にやってみたのですが
これがたいへん。ぜえぜえします。
 
子どもの頃、朝礼や体育の時間にやらされたラジオ体操。
幼いわたしは「ケッ」と、思っていました。
正直、真面目にやったことは一度もありません。
昔の子ども(わたし)は、朝起きた時から飛んだり跳ねたり走ったり、
学校へ来る頃には体はポカポカ、運動は済んでいます。
こんなゆったりした体操なんて、アホちゃう?と
テキトーにやっていました。
アホはわたしでした。
ラジオ体操は体操だ。ということを
今やっと思い知った次第です。
 

続きを読む "思い知った" »

2015年10月20日 (火)

いたいひと

Quilala2015_11 きらら11月号です。

 
『福女』8話「にんじん畑でつかまえて」が掲載されています。
 

続きを読む "いたいひと" »

2015年10月15日 (木)

おおやまさんはにんきがない

動画に出演しています。

リブラリアンの書架10月号で、『猫弁と魔女裁判』について
語っています。
出演者の、三番目。アンカーです。数分です。口数少ないです。
幸さんのネックレスをしています。
 
わたしは自分の顔を直視するのに耐えられないため
画面をミンティア大にして、見ました。
この大きさはお薦めです。
Mintia
 
今日は調べ物があって図書館に行きました。
つい本に目がくらんでしまい、あちこち手を出してしまい、
「借りても返しに来られないから読んじゃえ」と、
児童書コーナーで腰をすえて読んでしまいました。
誰もいなかったんです、児童書コーナー。
風邪でも流行ってるんでしょうか。
 

続きを読む "おおやまさんはにんきがない" »

2015年10月 9日 (金)

本を借りた件

わたしが生まれて初めて図書館で本を借りたのは小学校に入るずっと前です。

東京の北区に住んでいて、地元の図書館でした。
ウッスラとした記憶なのですが
「本をタダで貸してくれるとこがあるんだよ」という
口コミ情報を頼りに、友だちとてくてく歩いてゆきました。
 
身分証明書は要らなくて、名前を書いたら貸してくれた記憶なんです。
建物は全く記憶にありません。
道中のワクワク感と、手にした本は覚えています。
『あおい目のこねこ』でした。
絵も覚えています。こんな絵でした。
 
Neko 記憶の絵
 
実際、検索してみると、絵はかなり違っていました。コチラ
当時と絵が変わったのかな?
初版の年を見ると、わたしは新作絵本を借りたようです。
本の内容は覚えてないのですが、
真新しく、綺麗だったのは覚えています。
本を借りた行為そのものに達成感を覚えましたし、
「世の中って優しい」と感じたものです。
 
 

続きを読む "本を借りた件" »

2015年10月 6日 (火)

天井

リビングの床に仰向けに寝て、天井を見ました。

ベッドから見るより、天井が遠くに見えました。
 
前頭葉に隙間ができたのでしょう、気付いたことがありました。
わたしは幼い頃から一度として
暇つぶしに本を読んだことはなかったと。
 
本を読む時は、本を読みたい時でした。
読みたくなると、いつでも読みました。
授業中も読みました。ごめんなさい先生。
布団の中で寝た振りしながら懐中電灯で読みました。ごめんねおかあさん。
歩きながら読んで電信柱に激突したこともあります。
ごめんね電信柱。
 
天井を見ながら考えました。
じゃあわたしは本に何を求めていたのかしらと。
 
たぶん探していたんです。
自由な考え方や生き方、言葉や人。
頭の中を風が吹き抜けるような爽やかなショックを受けると、
心がいくぶん強くなった気がしました。
 
一冊の本にひとつ発見があれば、世界がひとまわり広がります。
当たり前の風景がそれまでと違った風に見えるんです。
わたしの読書体験は「トリックに驚嘆」する系ではなかったけど、
心躍る楽しい時間でした。
 

続きを読む "天井" »

2015年10月 4日 (日)

トニー滝谷

映画『トニー滝谷』(2005年公開)を久しぶりに観ました。

公開時に1度見て、いいなあと思ってDVD発売後再び見て、
原作(村上春樹)も読みました。
それから十年近く経って、昨日、ふと見直してみました。
 
やはり良くて、観賞後すぐに原作を読み直して愕然としました。
原作に忠実、ということはわかってたんですけど
一言一句、そのままなんです。
1ページにつき、1行か2行、欠落部分はあるのですが
ほぼ原文通り、映像化しています。
 
でも、映像はしっかりと映像的なんです。
文章が映像を邪魔せず、引き立てているんです。
こういうことができるんだ…と
わたしは深くショックを受けました。良い意味です。

続きを読む "トニー滝谷" »

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »