« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

こんなに大きくはない

NHKのニュースウオッチ9は大越キャスター降板後、あまり見なくなりました。

現在のキャスターは男性も女性も清潔そうで見目麗しく、
ひじょうに感じが良いおふたりなのですが、
わたしは「マスコミは毅然とした態度で政府を監視する役割がある」と
頭デッカチに考えているため、こんなにソフトでいいのかしらと
思ったりもしていました。
 
先日のことです。久々に見たニュースウオッチ9。
マイナンバーの通知カードについての説明で、
図のように大きなカード見本が示されました。
女性キャスターが「うちにはまだ届きません」と言ったら、
男性キャスターが言いました。
「うちには届きました。もちろんこんなに大きくはありませんが」
Newscas
 
わたし、笑い転げました。
ツボにはまった。
キャスターのおふたりは冷静に話を進めています。
あれ?
わたし、こんなにウケちゃって、変?
ソフトなニュースもいいものですねぇ。
 

続きを読む "こんなに大きくはない" »

2015年11月28日 (土)

猫にコウモリ

昨日、携帯電話の裏がバッチイことに気付きました。

ガラケーです。昔貼ったシールが無惨にはがれて、
はがれたアトが白くケバケバ残っています。
※潔癖性のかたはイラつくのでここから先は読まないでください。
 
綺麗に拭き取るのがめんどくさいので、
上からさらにシールを貼って、ごまかそうと思いました。
適当にそこらへんにあったシールを貼りましたが、
新しいシールの下から、ケバケバが覗いています。
はみ出た部分をごしごし、濡れティッシュでこすって
落としました。
 
まあ、こんなもんじゃない?
携帯を置くと、電話が鳴り出しました。娘からです。
 
「なに? なになに? どうかした?」と娘はあせっています。
「着信2件、留守電に無言で3分! 全部JUNKOさんからだよ」と。
 
わたしは小さい子がいるうちに電話はしない主義です。
ふだんはメールで済ませます。
それが「無言で3分」なんて、危機感アリですね。
 
「かけてない。シール貼ってた」と言ったら、
娘は呆れて電話を切りました。
ごしごしやった時に、ボタンを押しちゃってたみたい。
失敗失敗。
 

続きを読む "猫にコウモリ" »

2015年11月26日 (木)

おかしの家とか

昨夜の『おかしの家』がサイコーにおかしかった。

「わたしのために作ってくれたのか!」と思っちゃうくらい
どまんなか、ツボでした。
 
夢、脚本、優しい大人、信じる、童心…
各モチーフ、エピソードの流れ、解釈の余白とか
これしかない、という仕上がり。
 
自分(あるいは身近な人)にしか
見えないもの、聞こえないものがあって、
それが「夢」なのかもしれない。
 
夢をもつと、孤独になる。
同じ夢が見える人がいるとうれしいし、
たとえ見えなくても、理解してくれる人がいるだけで、
心強いですね。
 
八千草薫さん演じる駄菓子屋のおばちゃん。
こういう優しい大人に出会えると、人生は良いように進むと思う。
わたしにとっては夫の母が「優しい大人」で、
許してくれる、信じてくれる、その確信が
わたしに勇気をくれました。
そろそろ自分が「優しい大人」になって、
勇気を渡す番なのだけど、いつまでも子どものままで恥ずかしい。
 
 

続きを読む "おかしの家とか" »

2015年11月23日 (月)

イミテーション・ゲーム

最初にコンピュータを思いついた人って誰だろ?

って、昔から気になっていたんです。
手軽に個人で使えるようにしたとか、そういうレベルではなく
「機械に考えてもらう」という発想を最初にした人。
初期レベルでの生みの親のことです。
 
たぶん、地球上にひとりってわけではなくて
それぞれの時代に、それぞれの国で、何人かいたでしょう。
発想しても、実行には時間やお金など条件が必要です。
イミテーション・ゲーム』という映画は、
確実にそのひとりと思える人の半生を描いています。
 
実在した人物(亡くなってますが)を描いているので
ストーリーも演出も抑制がきいています。
台詞やエピソードは脚色の力ですが、すばらしかった。
構成もすばらしかった。
2度見してますます楽しめる、重厚な作りでした。

続きを読む "イミテーション・ゲーム" »

2015年11月17日 (火)

グラスホッパー

グラスホッパーを観て来ました!

Grshpr
    
吉岡秀隆さんがご出演ということで楽しみにしていました。
鼎談でお会いした頃にはもう撮影は終わっていたとお聞きしています。
 
怖いシーンがあるという情報があったので、
いつでも逃げられるよう、出入り口に近い席に座ったけど、
全く目が離せない流れで、最後まで堪能。
公開中ですから、あまり内容は書けませんが、
音がぴたっと消えたシーンの台詞が印象的でした。
伊坂幸太郎さん原作なので、根底にあたたかさがある作品。
 
やはり映画は映画館で観るのがいいですね。
贅沢した気分。
もっと映画館へ足を運びたい。
 
ひさしぶりに大泉学園駅を利用したのですが、
こんなのができてました。
映画とアニメの町っぽい!
 
Atm
アトムの背後霊になってみた

続きを読む "グラスホッパー" »

2015年11月14日 (土)

伸び系のお話

「最近爪が伸びるの早いような気がするんだけど」

「実はわたしもです」
 
一行目がわたし、二行目が夫の弁です。
さあたいへん。
夫婦揃って爪がどんどん伸びる病にかかったのでしょうか。
いやそれはない、と考えたわたしは、
「時の流れを短く感じるようになっているのではないか」
と仮定し、時間の流れと感じ方について意見交換しました。
そうなると当然、相対性理論に話は発展します。
 
わたし、アインシュタインの顔は滅茶好きなんですが
相対性理論についてはちょっと…。
何度もトライしましたがいまだに「だまくらかされてる」感がいなめません。
「その話はしたくないなあ」と会話をやめました。
 
数日後、知りました。
指先に刺激を与えると、爪が伸びやすくなるんですって!
そう言えばわたしたち夫婦は、キーボードを一日中叩く仕事です。
 

続きを読む "伸び系のお話" »

2015年11月 9日 (月)

無問題

2日にいっぺん5分の体操で健康維持を図ろうと思っていました。

が、心を改め、7日に6日はやることにしました。
毎日と決めなかったのは
「一回くらい忘れてもモーマンタイ」にしておきたかったから。
もうまんたいっていうのは無問題と書きます。広東語です。
好きな言葉。
 
NHKの『みんなの体操』を録画しておいて
見忘れても体操できるようにしてあります。
で、リズムに乗れるよう、必死にやっておりました。
ら、いなもと(猫)に噛まれました。
Gabu
 
振り回した手がジャラシに見えたようで、
食ってかかってきました。
びっくりしたーーーー!

続きを読む "無問題" »

2015年11月 6日 (金)

お尻を頼みます

午後2時55分は集中力が切れる時間なんです。

ちょうどそこでNHKの『みんなの体操』が始まるんです。
この番組を発見してから2日に1回はやってます(2日に1回は忘れます)。
 
曜日で体操の内容が変わるらしい。
今日は『リズム体操』なるものでした。
あわてた! まず、リズムに乗れません。
ジャニーズやAKBの人たちってすごいんだなって
あらためて思いました。
 
それからわたし、目に見えている体操を正しく体で再現できません。
画面の人たち(3人の美女)はこちらを向いてます。
わたしと左右が逆になります。
逆のまま真似すればいいのですが、頭が切り替えられない。
 
Zitabata
 
3美女、むこうを向いててくれないか!
顔は要らない。お尻を向けてくれないか!
そしたら真似するのが楽になるのですが。
 

続きを読む "お尻を頼みます" »

2015年11月 3日 (火)

絶望のハードル

孫の紅茶(一歳)はめそめそ泣きません。

うおー!!!と野獣のように泣きます。
顔じゅうに涙のつぶが跳ね、体はそっくり返り、
「この世の終わりだ!」とばかりに泣き叫びます。
Koucha
 
危ないことをしようとして「ダメ」と言われた、とか。
ドアを閉めたら、おかあさんが見えなくなった、とか。
絶望のハードルは……あまりにも低い。
 
1歳児としては泣かないほうですが、泣く時はすごい。
昔のCMで「わたし脱いだらすごいんです」てのがあったけど
「泣いたらすごいんです」てなもんです。
 
絶望は一瞬で終わり、すぐにぴたっと泣き止みます。
頬に涙のつぶがあるのに、もうニヤけています。
 

続きを読む "絶望のハードル" »

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »