« 脳本 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2015年12月30日 (水)

電話をかけたいホニャララ

ああもう、ほんとうに、残りわずかです。2015年。

夫が窓ふきをしていたので、トコトン年末なんだと気付いた次第。
一年間、文章を書き続けることができました。
2015年よありがとう。
 
今年はいろいろな意味で自分を知った(気がした)年でした。
壁にもぶつかりましたが、それもまた良きこと。
壁の硬さや高さがわかれば次の手が打てますし
自分の(現在の)限界を知れば、どこを伸ばせばよいかわかります。
光が見えるのは、成功した時ではなくて、努力を始める時です。
今はだから光の中にいます。
 
2015年は書き下ろし単行本二作を刊行、文庫化は二作、
そして連載一作を書き続けました。
どの作品もわたしらしい。つたないながらも自分にしか書けない世界だと
思っています。
 
サリンジャーの名作『ライ麦畑でつかまえて』の中で、主人公のホールデンは
「本当に感動する本は、それを書いた作者が親友で、電話をかけたいときには
いつでもかけられたらいいな、とそんな気持ちを起こさせる本」と言ってます。
わたしは『赤毛のアン』が好きですが、モンゴメリに電話をかけたいと
思ったことはありません。とっくに亡くなっていますから。でも
ホールデンの言わんとする事はわかります。
わたしの本をお読みになった方が、わたしに、あるいは登場人物に
電話をかけたいとほんの一瞬でも思ってくださったらうれしいです。
 
来年もひたすら書き続けたいです。ただもう、書きたい。
それと、願うのは世界平和。
世界のすべての子どもたちとついでに大人たちが
笑顔で暮らせますように。
生きとし生けるものに人間がかける迷惑を
最小限にできますように。
 
明日は紅白歌合戦。たぶん見るけど、全然情報を知りません。
ユーミンすごい!って思ってるんですが
ユーミンは出ないでしょうねえ。
ユーミン見たいなぁ。
ホールデン式に言えば「電話をかけたい歌手」ですけど
番号知らないし畏れ多くてかけられない。

« 脳本 | トップページ | あけましておめでとうございます »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

お煮しめ作りながら、書き込みしています。

電話といえば、昨日、半年ぶりくらいに高校時代の友人からかかってきました。
いつも、お互い気まぐれに連絡をするのですが、
毎日会っているひとでも、ここまでつうじる人もいないなぁ、と毎回思います。
けっして、何もかも同じではなく、むしろ、真っ向勝負みたいなことも多いのに、
でも、時間も、距離も超えている感じ・・・

…大山淳子さんにお電話すると、あの優しいお声で、出られるのでしょうね。(*゚ー゚*)
あぁ、ゴッホの声、ききたいです。

「ぶんぶん便」も届きました~!!
わたし、猫って、おなかの皮あたりで本が読めるんじゃないかと思うんです。
本棚と本のすきまに、こもって出てきた猫の訳知り顔を見ると、疑う余地がない!!
きっと、いなもとさんも読みますよ。
…「捧ぐ」で思い出したのですが
『僕の知っていたサン=テグジュペリ』レオン ウェルト著 大月書店 は、
とてもいい本でした。 今年の収穫のひとつです。

紅白、もうすぐですね~歌はもちろんですが、こまごまとしたアトラクションが好きです。
大学の野鳥研究会が点を数えるのとか(今年もあるのかな?)…
 来年も、いろいろな大山作品を心待ちにしております。。
では、二度目ですが、よいお年を。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/62967997

この記事へのトラックバック一覧です: 電話をかけたいホニャララ:

« 脳本 | トップページ | あけましておめでとうございます »