« こんなに大きくはない | トップページ | へいじょうしんのすけ »

2015年12月 4日 (金)

にっこりぽん

12月に入ったなと思ったら、すでに4日経過。

まだ今年を振り返る余裕は全然ありませんが、
相変わらず創作中心の日々です。
 
「作家は途中を見せていくしかない」という言葉を
ある編集者から伺いました。
 
わたしはこのブログのサブタイトルにもある通り
「途中のひと」を自称しています。
人としても作家としても一生途中のままですので、
この言葉はとてもしっくりときました。
 
朝ドラ『あさがきた』を楽しく見ています。
あさのお姉さんのはつの息子が
コマを回すのが見事で思わず拍手しちゃいました。
 
あさの口癖「びっくりぽん」がかわいいので、
真似して日常会話に使っています。
「がっかりぽん」「うっかりぽん」「ぴったりぽん」
わたしは乙女志向ですから、百歳までかわいさを追求します。
 

一億総活躍社会というのが、政府の目標のようですね。

女性が活躍するドラマも、そういった空気に合わせたものでしょう。

活躍というのは経済活動という狭義ではないと思いますが

語感が堅く、息苦しく感じるのはわたしだけ?

ただのんびりと日々を過ごしたい人、わたしは好きです。

そういう人がいるほうが、やわらかな社会になるような気がするのですが。

人生長いので、「くたびれてやる気がしない」という

時期があってもいいと思う。十年ぐだぐだしててもいいと思う。

そもそも「一億」ってのが、「日本だけ」でチマチマしてる。

70億総にこにこ社会。てのはどうかしら。

« こんなに大きくはない | トップページ | へいじょうしんのすけ »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

先日、食材の買い物をしてレジで、つり銭を待っていると、おや、レジ故障・・・、待たされた後に
店員さんに自信をもって、「13円頂けますか?」と言われ、「えっ、私おつり待つほうです。」と答える。結末はこちらに正義があり、無事会計を終えたのですが、大変イラっとしました。でも、昔の私ってたぶん、言われるままに13円払っていたのです、私バカだから。で、自分の正義を通せるようになったのは成長?なのですが、イラつくことで悪意を店員さんに抱きました。自分の心のナニカを失くした、という気分。そう、人ってちゃんとすると、心が汚くなるんだなぁと思いました。そこで、一億総活躍社会、そんなに皆が立派になったらナニカをたくさん失う気がする。

いやー、「すすめ一億」じゃないんだから~、もう。
胡散臭っ!!

朝ドラマといえば『ゲゲゲの女房』を久しぶりに総集編で見て、
支えるひとの話もいいもんだなあと思いました。

最近たてつづけに、
小学生のころから大好きで、これからもずっといてくれると勝手に思っていた
舟崎克彦先生と、水木しげる先生というお二方が、違う世界に宿替えされて、
体のしょうが抜けました。

JUNKOさま、絶対100歳以上よろしくお願いいたします!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/62806559

この記事へのトラックバック一覧です: にっこりぽん:

« こんなに大きくはない | トップページ | へいじょうしんのすけ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ